ゲームチェンジャーが現われる余地なし!?

官僚主導の政治の限界と前回書きましたが、謹んで間違いと訂正させて頂きます。我ながら視野が狭いなと痛恨の極みでございます。

これをみて感じるのは高橋先生はそろそろスキャンダルで失脚させられるなという事です(笑)。さらに。

岸田政権がよろしくないというのは予想通りですが、予想以上に恐ろしい政権と認識を改めなければならないようです。もう悪夢の民主党政権並みに酷いなと。とはいえこれも間接民主主義で僕らが選んでしまってますからね。責任は僕らにあるといっていい問題です。

ちなみに話は変わってオミクロン株。今までワクチンが効いたウイルスというのは例えばポリオや天然痘がそうですがごく限られています。ウイルスも死にたくない訳だから(生物かどうかも実はまだ解っていませんが)生存本能として変異して他生物たちと共存していこうとしている訳です。マイナーチェンジを重ね弱毒化していくのが普通の流れです。弱毒化がゴールでイコール共存という訳です。これはどんな生物学者、ウイルスの専門家、製薬会社の方々も異論はないでしょう。100年前のスペイン風邪も3回の大きな波を経て終息しました(約2年で)。オミクロン株は終わりの始まりなんじゃないのと。

しかしね、この点について思ったわけです。ワクチンって不活化ワクチンとか生ワクチンとかメッセンジャーRNAワクチンとかウイルスへの対抗策として人類はいろいろ作って来たわけですよ。その中でも生ワクチン。ウイルスを弱毒化して体内に入れて抗体を作るって手法ってこれね、もう製薬会社じゃなくてオミクロン株が達成してしまったんじゃないかと言えるのではないかと。もちろん製薬会社の人も解ってて今まで開発に関わって来たんだけど時間切れでウイルスに先越されちゃったなと。製薬会社の人たちは内心「どないしてくれんねん!新型コロナのアホ!今までやって来たことが無駄になってしもたやないか!金と時間返さんかいアホ!」って思っているのではないかと。えー、あくまで個人的感想でございますので皆様真に受けないで下さいね。信じるか信じないかは個人で調べて判断して頂きたいと思います(笑)。

というのも実は政府も解っているようです。先週京都大学のウイルス研究所某M准教授が政府の中枢の政治家さんとの会談の中で確認したとご本人が言ってました(数多くの後輩たちに言われて嫌々行ってきたとの事です笑)。しかしね、新型コロナに対して厳しい政策をとればとるほど支持率が上がってしまうというのを政治家が学んでしまった為にですね、もうまともな議論が起こる土壌ではありません。政治家、医師会、分科会、新たには製薬会社も含め、もう新型コロナというのは利権と政治パフォーマンスの場でしかないというのは木村もりよさんの受け売りですが僕もほんとにそう思います。キッシーがいったん5類に下げると戻すのも大変だからと言ってますが戻したらええやん、戻すのがあんたの仕事だろって思いますけどね。毎度毎度、何言ってんだと泣けてきます。飲食業界はワイドショーと分科会に対し裁判を起こしていいレベルです。今までの波のデータ見ても人流と感染ピークはまったく同調してませんからね。

とはいえ、ごくごく稀に強毒化することも確率上はありますから警戒は必要です。これは宝くじで10億当たるより1万倍低い確率だと思いますがね。ですから僕らはうがい手洗いを怠らずやっていくってのは続けなければなりません。普通の風邪の予防ですが。だって風邪だから。ちなみに風邪でも十分に人は死にますから警戒は絶対に必要です。

最後に日本における諸外国との感染率、重症者率、死者数の大きな差、ファクターXと言われていますが個人的に大胆な断言をさせていただきますとですね、1に日本人はマスクを欠かさない、2に日本人は毎日お風呂に入る。これじゃないかと思います。この件につきましては未来永劫、絶対に結論は出ないと思われますが(笑)。

ちなみに人流抑制に否定的な前出の京大M准教授。今週からTV出演依頼が増えているそうです。TV局もそっちに舵をきって来た?ゲームチェンジャーとなり得るのか?ならないだろうな(笑)。

 

おしまい