超簡単・円安解説。

悪い円安。

鈴木財務大臣は4月18日の委員会で「どちらかというと悪い円安」と述べまして、日銀の黒田総裁は「悪い円安ではない」と意見が割れています。

円安になれば輸入するものが高くなるから原油や小麦の値段が上がり、僕らは高いガソリンやパンを買わされる羽目になります。確かに辛いです。海外旅行で買い物するのもハワイでラーメンが1杯4000円なんて話もあり、まあハワイは世界で一番物価が高いんですがまあ行きにくいですよね。

一方で輸出品は儲かります。この間トヨタの決算発表で過去最高を記録しましたが1円円安になれば80億とか100億とか何にもしてなくても儲かります(ホンダの場合は35億くらい)。私は日本の自動車の納期が半導体不足が理由で遅れているといいますが実は輸出枠を増やしてんじゃねーかと考えていて各部署に探りを入れてみたんですが「そんなことは断じてありません」と否定されました。ま、はいそうですとは言わんわな。しかし来年3月の決算発表と輸出車統計で嘘か真かほぼ明らかになるでしょう。あなたが社長ならどうします?国内向けか海外向けかの生産比率変えるだけで2000億円くらい利益出るんだったら(笑)。

円高はその逆。海外旅行で得した気分になり、輸入品が安くなります。輸出産業は火の車で日銀は何とかせんかい!となります。

実は為替レートの超基本は日本のお金の総量とアメリカのドルの総量で殆ど説明できます。簡単にいいますと・・・

日本の円の総量(660兆円)/ アメリカのドルの総量(6兆ドル)

割算すると110円になり過去30年間だいたいこんな感じでこの数式が7割くらいの相関関係で当たっています。まあ今130円じゃないかというのは日本の総量が増えてアメリカの総量が減るんじゃないか、日本はお金を増やすとは思えないけどアメリカは確実に金利を上げるから減らします。そうマーケットは予想して130円と反応しているのじゃないか、というのがまともな説明かなと思う訳ですね。ちなみに金融政策の差を予測する、と言い換えられます。金利を上げるとお金の量を減らさないと大変な不況になるからアメリカは減らすんです。

確かに僕らの生活は苦しくなりそうですが実は全体でみると輸出産業の方が有利になった方がGDPは上がるのは事実です。このままの推移が続くとGDPは年換算で0.8%~1.3%くらい上がるでしょうね。うーん、輸出産業に関わっておられる大企業の方は相当給料が増えて平均を押し上げる、それでいいのかどうかはみなさん!いいんでしょうか?

で、最初に述べた政府と日銀の良し悪しの違いがここにある訳ですね。数学的には日銀は間違ってないと思います。GDP増えるから。ちなみに私が総理(政府)なら増えたGDP分の消費税減税をすれば庶民も助かってうまくバランス取れるでしょで終わりですけどね。それは逆算すると消費税5%が適当かと。Zの影響をもろに受けてる現政権がする訳が無いですが。

そうそう。ついに当店でもやむなくエンジンオイルの値上げを決定致しました。原価は5月1日よりすでに上がっていますがそれまでに仕入れたストックがあるので実質値上げは7月1日からになるようです。なるようですというのはスタッフが決めたことで僕は関与していません。私とは対照的に良心的ですね、うちのスタッフは(笑)。冗談ですよ。ジャパネットのエアコン祭りみたいですがみなさん、オイル交換はこの際お早めに!!

 

 

おしまい

 

 

命の価値。

前回の内容は我ながら良く出来た文章だなと思っていますが、いかがでしたでしょうか?

 

思った通り国土交通省は批判の矛先が自分たちに向かないようにメディアを使って情報操作やっとんなと感じてまして、長くなるので例は出しませんがチェック機関を自称しているならコロッと騙されてるんじゃねーよ、この馬鹿マスコミ!って話かと思います。新聞、ニュース番組、ワイドショーに接しているとまともな判断が出来なくなるリスクがあることを踏まえた上で接して下さい。特に日経新聞の経済記事は間違いが多いのでお気をつけあそばせ(笑)。

 

それにしても渡辺裕之に上島竜兵。僕も親友をこれで亡くしていますが全くの無力であり痛恨でした。まず心疾患は自殺と結びつきがかなり強いのが基本で大前提です。論理的な思考が出来れば思い留まることも出来ると思いますが、そもそもそんな思考が出来なくなっているのが特徴かと思います。昔このような本はずいぶん読みましたが解ったことは素人は関わってはいけないってこと。しかしですね、実は結構相談受けたりしてるんですよね。専門家じゃないから万が一、僕の発言の影響で自殺ってことになると最悪なんで本当は喋りたくない、専門医にかかってくれと思っていて、それは当人にも伝えていますし納得もして頂いています。しかし僕が話を聞くことに意味あるのだろうかとは思います。

 

しかし日本の自殺率は高すぎる。先進国7か国で悪い方から2番目か3番目。子供の自殺率の高さは世界一です。どうなってんだこの国は!?といいたいところですが実は大体の想像はついています。草食系も出生率低下もかなりの相関関係になるのではないかと思っています。そして個人的にはですよ。実は日本社会というのは自殺率が高くなる構造をしているのではないかという疑念さえ出る訳ですよ。学者の皆さんも解がそうなっているから否定しづらいのではと思いますけどね(ちなみに男性が7割を占め、55歳~65歳がもっとも比率が高いようです。オッサンは要注意って事だな。)。

 

特に子供の自殺に関しては許されない制度の不備があると思います。旭川の事件なんてのは不備の総決算ってもんです。警察、学校、教育委員会、法整備、親の対応、地域とのかかわり方など直ちに改めなくてはいけない点がたくさんあるじゃないですか。各省庁の怠慢としか言いようが無いというのが私の意見ですがや。これもなかなか動かないという事こそ日本の抱える病巣そのものではないでしょうか?

 

しかしね、ウェルテル効果。と呼ばれるものがあります。

1.自殺率は報道の後に上がり、その前には上がっていない。

2.自殺が大きく報道されればされるほど自殺率は上がる。

3.自殺の記事が手に入りやすい地域ほど自殺率が上がる。

いのちの電話とか添えてるけどいっそ簡易報道しかしない、または報道しないというのもメディアの皆様におかれましては考えてみてはいかがでしょう?その上で構造的問題にメディアが切り込んでいかないと状況は変わらないと思いますけどね。

 

自殺するのは悪か?善悪の問題ではないと思います。が、しかしこの50億年の地球の歴史の中で(宇宙を考えればもっと凄い時間です)、自分という個体は一回しか生まれてこないのが事実としてあります。そんな奇跡的数字の中で生まれてきているのだからたとえどうあれ全うするのが筋ではないかと考えています。いろんな議論はありますし人間は自由で判断は人それぞれです。それでもなお、筋が勝ると考えています。

 

でも自分自身でも認知症になったら嫌だなとは思いますね。なった後にはその判断も出来ないですが。赤木しげるの最後は否定しにくいです。ひょっとして2人もそうだったのか?

 

命の価値。その値打ちについては改めて必ずしたいと思います。

 

 

おしまい

沖縄なら死んでない!?

知床半島での海難事故で運航会社の社長が会見やって土下座して記者から袋叩きにされてました。そりゃ一番悪いのはこの会社であり、その責任は社長にあるのは判りきってます。むちゃくちゃだという点はいくつもあります。ここは新聞報道通りなので省略します。通りですけれどや。

天候が悪化しているのにどうして出たんですかと、新聞記者や報道の焦点はそこに集中していますがそこじゃないんです。新聞記者は元々バカばっかりだからほっといて、北海道のこの季節の海は天候が穏やかで快晴でも船が沈没したら低体温症で全員死ぬんです。もし沖縄でこの事件が起きていれば高確率で全員助かっていたでしょう。救命具で浮かんでさえいれば3日くらい死にませんから。

問題は沖縄でも北海道でも個人のあそびの船でも旅客船でも運航法が同じって、運航会社に責任押し付けて今回終わりにすればこれまた同じ事故が起きますよ。これを悪しき経験として直ちに運航法の改正を検討しないと、だよ。

斎藤国土交通大臣は「当事者意識が欠如していると感じた。責任者としての誠意を持って欲しい」と指導していくだと。地元の組長さんとか国の関係者が出てきて喋ってるのを聞いてても同じ論調で、「あんたたちの当事者意識の無さがびっくりだ」と呆れるというか情けないというか、何なんですかね政治家の無知っていうのは。あんたら何の為に頭くっついてんの。選挙前は一生懸命にみなさんの安全と命を守りますとかなんとか言っててさ。当選したら責任転嫁の他人事ってなんだそれ!

だからね、若い子たちよ(否、高齢者の方もみなさんも)。政治に無関心でしょうがそれはそれで実際は自分たちの生死に直結してるでしょ。政治のせいで観光船乗ってて死ぬんだからさ。だからこんなこともっと他にもいっぱいあるから、気が付いたら言わないと。なので選挙に行ってアホな政治家に票入れたら駄目なんだよ。だからアホに政治家させちゃ駄目なのよ。

え~、炎上しそうなので今日はここまで。GWなのに失礼致しました。

 

 

おしまい