よう言うた!

吉田麻也のインタビューはギリギリの攻防だった。意見は多様であっていい。そして吉田選手は覚悟をもって応えていた。素晴らしい。これも動画本来よりもコメント欄の反応を見て欲しい。世の中の人がどう考えているのかを知ることは新聞を読むより大事である。

メディアは自分たちがやっている行為がどういうものなのかについて、それで生じる不利益について考えて欲しい。

非科学的に世間を煽る記者も政治家も学者も自らの保身しか考えていない人達は退場して欲しい。でなければ論理的に説明すべきである。特に分科会は非科学的でただちに解散した方がいいくらいの害だ(メディアは誰も言わないけど)。

この試合は観客入れてるのに。

有観客が駄目だというなら満員電車を全部止めればいい、尾身茂。過去は素晴らしい人だったかもしれないが今は認知症かと思えるほど内容が非論理的だ。近隣にいる人は止めてあげるべきだ。もう判断出来ないんじゃないか。というのはどこも報じない。何が権力の監視か解らない。

それともう一つ。的を全く外している批判は時間の無駄で議論すら必要ない。何故なら数字が示しているからだ。こっちのがいいでしょで終わりだ。例えば僕は批判していますが(笑)、データを元におかしいだろと言ってるだけ。今回尾身さんについては省略していますがコロナ関係のデータはここで何回も提示してます。報道を鵜呑みにして感情論でしか会話できない人ははっきり言います。

頭悪いです。

なぜならこれ以上世の中をよくしようとするアイデアや改善策が他人任せになっている事、無関心であることの先に発展が無いからです。

テレ朝は五輪有観客を言った宮城県知事に対し「命か観客か」と批難しておきながら、15000人を入れたプロ野球オールスターをお祭りのように中継しています。商売の為なら国民の命などどうでもいいといっているのと同じでこのようなダブルスタンダードにこそ疑問を持って欲しいものです。

これ書いてる今もNHKでオリンピックの特集番組やってます。花巻東対決を中継しないNHKに批判続出しているみたいですが五輪が近づいているから仕方ない(笑)。そしてその番組に出演している全選手、元選手は全員最後の頑張りどころで無観客であることで力が出ない気がすると言ってます。状況考えれば仕方がありませんが、こんなの何にも打ち勝ってない。とにかく非科学的な感情論はもうやめて欲しい。

もう一度言う。感染者が増えようが高齢の重症者が増えなければ良し。そして昔から風邪は若年層でも重症化するものである。

 

おしまい

 

 

放送法の改正案が審議されない裏側

またしても百田尚樹のツイッターを引用する。言葉は汚くて引用したくはないがあえてそのまま掲載する。

「『オッパイさわらせて』という軽口を言った財務省官僚に対しては、メディアは、総力を挙げて叩いたのに『50歳でも14歳の女の子とセックスしてもええやんけ』と言った国会議員には、ダンマリかよ!日本の言論空間は狂ってる。このツイートを読んだ地上波テレビや大手新聞の記者、何か言ってみろ!」

とブチギレ。これに対し2000弱のコメントはほぼ100%「全くその通りだ!」との反応である。最近の百田氏ツイートは同意コメが多い。異常事態である(笑)。

その百田氏は数年前にNHKの経営委員をやっていた。それで思い出したのだが前回、次はNHKについて書くと言った。そういえばここでまた書くと言っておきながら放置しているテーマは多い。特に投資関係と教育問題である。取り合えず今日はNHKについて書きたい。

今国会での放送法の改正案がほぼ止まりました。主旨はNHKはもうけ過ぎてて金が余ってるから料金引き下げろって話だったんですが残念です。

止め方がえぐい。フジホールディングスの外資法違反がけしからんといって審議せず時間切れになりました。はっきり言って公認会計士とか信託銀行とかみんなが計算ミスに気がつかなかったんだが、こんなもん今後気をつけますって終わりの話です。その間違い分は2012年から2014年の間でわずか0.00042%から0.00083%超えたってだけ。60Km/hの法定速度のところを60.1Km/hで走ったというレベルで一応オーバーしたのは事実なので法律違反なのだが、それに気付かなかった総務省がけしからんけしからんというんで審議拒否したんですね、野党が。これを止めると菅政権の成果みたいになっちゃうとまずいって事で、いやね、もう最悪に不毛ですよ。間違いは確かに間違いだがそれは置いといて他に問題があれば審議すればいいだけの話だろうが。

こんな事やってる野党にも今度の選挙で少しは票が入るんだろうから日本てほんと不思議な国ですね。本来ならこんな野党政党解党せよって気運が高まってもいいものをマスコミが報じないからみんな知らない。報道しない自由ってのがあるからなんだけど自らの首を絞めてるだけだと思いますけどね。そんなメディア誰が信用するんだっての。国民を馬鹿にし過ぎだろうと思うと同時に10年後にはいくつもの新聞社が紙ベースの新聞事業から撤退していくのだろうなと思いました。

特に朝日新聞が廃刊になればその日は国民の休日に指定していいレベルであるし、立憲民主党もたいがいにせえよというお話。ああ不毛。

 

おしまい

 

 

出たっ!ノーガードで打ち合うのか!?

以下、野村慶太郎さんのFacebookより引用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本が完全にオカシイ。もうヤバイぐらいに変だ。

小池百合子女王の街・東京では連日数百人の「PCR陽性者」が発見されて、感染者が全国に広がっているような報道だが、チョイ待てや。

ウチは菌の専門企業なので昔から菌の種類を判別するのにしょっちゅうPCR検査を使ってきたし、PCRを普段から使う医療関係者なら知っている常識だが、あれは「感染者数」じゃなくて「陽性者数」だ。

いいか、ど素人のテレビコメンテーターども。
決して「感染者」ではない。あくまでも「陽性者」である。
その中には「感染」に至っていない「曝露者」が大勢いる。

コロナウィルスが細胞に侵入したら「感染」なのだが、その前に、ほとんどが自然免疫で処理されてしまう。更に「感染」しても普通はT細胞が細胞ごと破壊する。だから、ここまで「曝露者」と「感染者」の98%が「自然免疫」で片付いてしまう。

今の統計を正確に読み込むと分かるけど、「PCR陽性者」(曝露者+感染者)のうち約98%が、無症状か風邪程度で治っている。
国による違いがあるがコロナは「日本人の場合」、曝露力は強いが、感染力が弱いから、重症者も死亡者も大変少ない。

1、陽性反応者

単にウイルスが「曝露」(ばくろ・体の中に入る)しただけで、「感染」(細胞の中に入って増殖する)には至っていない人。

免疫にやっつけられて破壊されたウイルスの残骸が出てきただけの人

2、感染者

ウイルスが細胞内に侵入した人。無自覚、無症状多数。

3、患者

発症してる人。

そして死亡者は全然増えていない。
なのになんでこんなの国を挙げて第二波だの緊急事態宣言だのと騒いどるんだ?
なんでNHKも保健所までただの陽性者を「感染者」と呼んだり「患者」と呼んだりするんだ?

一体どうしてしまったのだ?日本は。
ノーベル賞の山中伸弥先生まで出てきて「厳重警戒」だの「元の生活にはもう戻れない」だのwithコロナだのアフターコロナの「時代」だの、なんかもう人生がめっちゃ変わるかのような報道合戦だが…山中先生…どうしちゃったの?
ワシ大ファンだったのに…。

コロナ、日本は絶対もうすぐ終わるぞ?

まるでマスコミが大騒ぎして煽って第二次世界大戦に突入していった頃の日本に戻ってないか?
日本人、テレビの見過ぎでバカになったのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常々、メディアリテラシーについて言及してきた私ですが、少なくとも私の1000倍の信頼性があるバイオガイヤジャパン社長の野村慶太郎さんの発信です。

言ってることは正しい気がする・・・

半年後に結果が解るだろうがこういう意見もあるという事は知っておいた方がいい。しかしあくまでご参考に。さらに付け加えるとこのような意見を言いづらくしている空気、ど素人(テレビコメンテーターを含むそれを信じ込んだネット住民)の誹謗中傷、的外れな批難、集団ヒステリックが蔓延している世の中は僕はコロナウイルスの蔓延する世の中より死ぬほど嫌いです。

高齢者、持病をお持ちの方々に移さないということに細心の注意を払う、TVを観すぎているとバカになるという最後の文章は完全に同意します。今日のサンモニも酷かったなあ。いつにもまして酷かった。

ということで結論はやはりこの本が売れると世の中が変わる!?変えてくれ。

統計調査の隙間。

 統計問題の賃金調査でややこしくしているのは「実質賃金」と「名目賃金」というものです。僕は政治や社会に関する問題は小学生でも解るように解説すべきだと思うんですがこいつはちょっと厄介です。ただこの問題に直接関係ないようで大いに重要なこと2つを知っておいてほしいと思います。少し長くなりますが基本なので読んで頂きたい。

1. 景気が良くなると失業者が減ります。これは世界共通の特徴で世界のマクロ経済学では当たり前だし、失業者を減らすために各国の政府は景気を良くするというのが幸福の追求に最も近いと考えられています。なぜか?失業率と自殺率は統計的にほぼ同調するとされているからです。「仕事もないし将来に希望も夢もない、金も尽きたしもう死ぬしかない?」と、こうなる確率が高いのですね。つまり国民の生命の安心と安全を守るのは一つに景気を良くすることというのが政治の基本姿勢なのです。なぜなら、いろんな施策も元手(税収です)がないと出来ないからなんですね。これを無視して批判や文句ばっかり言ってる人はマクロ経済学を理解していません。僕は何年も何年も高校で教えるべきだと主張していますがいつになるやらです。ここ数年で一時より仕事している人(就業者数という)は150万人増えました。これにより失業率は4%半ばから2.5%前後まで下がりました。そうすると就業者数があがると、いいですか、ここがポイントなんですが賃金の平均は下がるのです。国民の総所得を+150万人で割り算するからなんですね。

2. 労働人口が増えるのは最初から正社員が増えていくのではなく、まずはパートや派遣や非正規労働者から増加していきます。だから景気が良くなるといったん正社員率も先の計算方法で減少します(分母が150万人増える為)。そこから景気がいいのが継続して暫くし人材不足になり、会社が社員数の囲い込みの為に正社員化や賃上げになる、そして正社員が増えていくというのが普通の流れです。これは景気回復してからタイムラグが生じ諸説ありますが僕は3年から5年かかると思っています。ちなみに日本の場合まだ2年くらいじゃないでしょうか。

1については景気の悪かった民主党政権時代よりも低くなっています。つまり景気が良くなると実質賃金の平均はまずは下がるのです(好景気が維持できれば先ほどのタイムラグを経て普通はゆっくり上がっていくものです)注1。2についても前民主党政権時代よりも安倍政権では非正規率が多くなっているのは景気が良くなっているからという一見すると矛盾するような事態になっているのはマクロ経済的には当たり前。なにも安倍政権を応援している訳じゃなく、マクロ経済学を知っている久しぶりの内閣ではないかと言っているだけです。前民主党を批判している訳でもありません。基本的に政治家は経済学を解っていないと言ってるだけです。だから国会でも滅茶苦茶な議論の応酬になっていて世界のマクロ経済学者は国会質疑の内容を観て苦笑しているのが現状です。政治家でこれを把握、知ってる人は全体の5%くらいじゃないでしょうか?そういう人達を選んでしまっている僕たちの存在が問題だと言っているのです注2

これを各報道機関がまったく報じないんですね。それは新聞記者がマクロ経済学を知らないからというのが大きな理由だと思っています。だからTVや新聞ばかり見ているとかなりとんちんかんに間違うので注意した方がいいですよ。僕たちの責任(有権者の責任とも言ってもいい)はこういうところに出現するのです。

それにしても新井浩文注3を応援したムロツヨシさんのツイートが批判の為に謝罪に至りました。これ、絶対おかしい。同調圧力に屈したとはまさにこの事。

 

おしまい

注1  ゆっくりと賃金上昇を待てばいい所に冷や水をかけるような消費増税は必ず財政を逼迫します。アベノミクスはここで終焉を迎えます。オリンピック特需でもマイナスというのが私の予想。ちなみにオリンピック後は悲惨な事になりますというのも私の予想。予想といえば田舎を旅する外国人は増えるでしょうね。おい誰か忍者エンターテイメント早く作れよな。

注2  特に民主党政権時代ははすべての領域でど素人の集まりでした。特に立憲の枝野代表は増税すれば景気が良くなるという論文を本にまでしていました。増税すれば世界各国でほぼ100%不景気になっている現実を無視し、あまりにもマクロ経済学から遠い理論でノーベル賞でも狙っているのかという程とんでもない先鋭的な論文でした。まあノーベル賞といってもイグ・ノーベル賞の方でしょうけどね。で、彼は今は自民党が増税するので増税に反対しています。みなさん、こんな人を選挙で選択してはいけません。弱者救済という仕事(姿勢)で収入を得ている職業政治家の典型。本当は弱者などどうでもよく思っているかどうかは不明だが、職業政治家は僕の価値観では人間のクズか詐欺師の類である。その代表格、総本山が小沢一郎であり、近隣の諸外国である。まあ目的は別だが。実は凄い世界なのだ。

注3  新井浩文事件をNHKを含め主要5紙で朝日新聞を除く報道機関は実名報道しました。朝日新聞は何故実名報道しないのでしょうか?こういうことをするから余計に誤解を招くのだ。僕は友人や親しい人に在日や韓国籍の方もたくさんいますがみんないい方たちです。差別やいじめの温床はここにもあることを断固としてみんなで考えていくべきです。