次の海外旅行は台湾へ行こう

ある台湾人がいいました。「かつての日本はなにごとも緻密で常に私たちの手本であり目標であり続けました。でももう日本から学ぶべきことが少なくなったことを感じました」

台湾には何度か行ったことがあります。イメージとしては小さな中国。東京ほど近代的にビルが立ち並んでいるわけではなく大阪や福岡のイメージ。千と千尋の神隠しのモデルとなったと言われる九分には行ったことないし、映画も観てないので解らないがレトロな観光地もあり料理も美味しいイメージがある。夜の屋台も魅力的である。そして最新スポットは近代的だ。

一度道に迷って現地の日本人とおぼしき女性に道を尋ねたことがあります。なんとなく似ていても中国人や韓国人など分かるじゃないですか雰囲気というか。普通の日本語で詳しく教えてくれたのでやっぱり日本人だったと思いきや台湾の方でした。びっくりしてなぜそんなに日本語が上手いのだと聞くとおばあちゃんから教わったと聞きました。かつて統治した時代に生きてこられた高齢者のほとんどの方が日本語が話せるのだそう。積極的に日本語を使い、子供や孫たちにも伝えているという事は日本に対し友好的である証であると思う。それだけのことを統治時代に日本は台湾にしてきた歴史があり恩を感じているのかも知れない。それを証明するのが東日本大震災の時の台湾のとった行動だ。詳しくは述べないがこれほどの親日国家はそうはない。一方、恩を仇と恨みで表現する国もあるがこういう国は関わらないのが数学的正解だ。

そして台湾の新型コロナ対策は凄すぎると以前ここでも書いたがこの度、オードリー・タン氏のインタビュー記事が出た。ハフポストLIVEを記事化したものである。これは凄かった。内容はここでは触れないがこのままでは日本は相当悲惨なことになりそうだなと思わざるを得ない内容でした。とくに台湾における高度な統治(政治)が教育まで改革しようとしそれが実現されようとしているというのは世界的な驚異です。ちなみに日本はここ数十年なにも変わっていません。まだ文科省と日教組の権力闘争をしています(これは言い過ぎかw)。教師の劣化と過酷な教育の現場・環境を止めようともしていません(これは言い返せないだろう)。実は蔡英文の功績はこのような分野でも凄いものがあるが、それを成し遂げているのが若い優秀な人達なのだ。この人材を登用したというのが世界を驚愕させる蔡英文の快挙なのである。日本の政治家では絶対に無理だ。目的の意識が違う。ポスト安倍。次の総裁は詐欺師になるんじゃないかと恐れています。酷い差だ。

この動画の中でもオードリー・タン氏はかつて来日した時、日本は未来の国に来たようだと言っていたが、台湾はある意味数十年後の日本ではないかというくらい先行してしまっている。台湾より規模も大きい先進国である日本はそのような進化をしないのだ、そう言ってしまえばそれまでだが、それはそれで情けない言い訳に過ぎない。問題は国民の知性が低い比率が高いのよ。

アジアをリードしたかつての日本はどこへ行ったのか?

 

 

 

おしまい

私が早いのか、ニュースが遅いのか!?

 世界保健機構(WHO)が5歳以下はマスクをしない方がいいという見解を示しました。3歳か4歳の女の子が近所のスーパーでマスクをさせられておばあちゃんと一緒に買い物に来ているのを見かけるにつけ、ほのぼのとかわいらしいのだが不憫だなと思うのは僕だけだろうか?呼吸がしにくい、熱がこもりやすい、僕たちはそうでもないけど小さな子はその辺の調節が難しいというのは以前から指摘されてきたことだ。なのでマスクしてないじゃないかと小さい子に対して家族以外の人が言うのは止めておいた方がいい。というのは考えれば解ることだがそれでも言う人が絶えないのは情けない。

 最近、ようやくワイドショーなどでも感染者のことを陽性者と呼ぶようになった。これは僕は8月9日付のこの場で言及しています。昨日YAHOOニュースでサイトカインストームの記事がやっと載りましたが、なんと私はこの場で7月20日に触れています。血栓症対策についても同様ですね。何が言いたいかというとみなさん、このブログを読んでいると世間に対してまあ2週間から1か月くらい情報が早く仕入れられるという事が実証されています(笑)。

 あ、最近赤ちゃんはどうも感染する仕組みが無い、つまり感染しようがないという事が解ってきましたよ。1か月後とかに大々的に報じられるかも知れませんから覚えておいて下さい。なので新米のお母さんは過度な心配は殆ど不要です。楽観せよとは言ってませんので誤解のないようにお願いします。あくまで赤ちゃんにはデリケートに接していただきたい。

 変ですよね。毎年のインフルエンザでは小さい子にしても若年層にしてもバンバンに感染し症状出るのに新型コロナはそうでもない。そういう病気なんですね。新型コロナという病気は。もう終息宣言出していい頃かと思います。経済を回すなどとはもはや過去の議論ではないでしょうか。ていうかある新聞のコラムでいつまで感染症第2類にしておくのだ、と政府を批判していましたがあんたたちが危険危険と煽っておいてどの口が言ってんだという記事が出た(素粒子というw)。火のないところに薪とガソリンで燃え上がらせ視聴率を稼ぐ、これを「でっち上げ詐欺」と呼ぶことにする。みなさん、TVを信じるとバカになるので見ないようにしましょう。昨日の報道ステーションも酷かったもんなあ。テレ朝系はまだ陽性者を感染者と言ってるもんな。

 話は変わって安倍総理の体調問題が各ワイドショー、ニュース番組で取りざたされています。僕は休みなしで109日間働いたことがありますが最後は病院送りになりました。若かったから病院送りで済みましたけど今なら死にますよ。それで僕の場合と比較にならないくらい労力と重責を負っている身で150日くらい休みなしでしょ。そりゃ身体くらい壊しますて。ストレスで癌になっててもおかしくありません。これね、もし北朝鮮なら死刑ですよ。そのくらいトップの健康状態は他国に対してトップシークレットです。これをバンバンに報道しているのは国際関係論上、安全保障上、非常識極まりなく、まさに有り得なく、つまり他国を利する行為なのだ。って田崎史郎や泉宏は知ってるくせに言えよ。メディアは総理のことは辛らつに突っ込むのに、山P、ジャニーズ、バーニングプロダクション会長、エイベックス会長のスキャンダルには目をつむるとは(笑)。本当に情けなく狂っています(笑)。あ、8/28に総理の記者会見あるらしいですね。感染症のレベル引き下げを発表するんじゃないでしょうか?体調は嘘でも極めて元気ですと言うと思われます。

 この「知覚の扉」。様々なシンクタンクその他様々なところから生データ取って計算したり、または論文比較しているのでワイドショーなどより少し信ぴょう性は高いと思います(笑)。それにしても最近のグッとラックはちょっとマシです(となりのモーニングショーは相変わらず最悪だが)。今日は同調圧力をテーマにしていたのとスウェーデンの集団免疫を取り上げていたのは視聴者に考えさせる内容となっていて良かったと思う。コメンテーターの質は改善した方がいいと思うけど視聴率上げる為ならなんでもやるような番組を淘汰できるよう頑張って欲しいものです。というか様々な番組録画して内容チェックしているような変人はそうそういないと思いますが私は暇なのでしょうか?

 

おしまい

出たっ!ノーガードで打ち合うのか!?

以下、野村慶太郎さんのFacebookより引用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本が完全にオカシイ。もうヤバイぐらいに変だ。

小池百合子女王の街・東京では連日数百人の「PCR陽性者」が発見されて、感染者が全国に広がっているような報道だが、チョイ待てや。

ウチは菌の専門企業なので昔から菌の種類を判別するのにしょっちゅうPCR検査を使ってきたし、PCRを普段から使う医療関係者なら知っている常識だが、あれは「感染者数」じゃなくて「陽性者数」だ。

いいか、ど素人のテレビコメンテーターども。
決して「感染者」ではない。あくまでも「陽性者」である。
その中には「感染」に至っていない「曝露者」が大勢いる。

コロナウィルスが細胞に侵入したら「感染」なのだが、その前に、ほとんどが自然免疫で処理されてしまう。更に「感染」しても普通はT細胞が細胞ごと破壊する。だから、ここまで「曝露者」と「感染者」の98%が「自然免疫」で片付いてしまう。

今の統計を正確に読み込むと分かるけど、「PCR陽性者」(曝露者+感染者)のうち約98%が、無症状か風邪程度で治っている。
国による違いがあるがコロナは「日本人の場合」、曝露力は強いが、感染力が弱いから、重症者も死亡者も大変少ない。

1、陽性反応者

単にウイルスが「曝露」(ばくろ・体の中に入る)しただけで、「感染」(細胞の中に入って増殖する)には至っていない人。

免疫にやっつけられて破壊されたウイルスの残骸が出てきただけの人

2、感染者

ウイルスが細胞内に侵入した人。無自覚、無症状多数。

3、患者

発症してる人。

そして死亡者は全然増えていない。
なのになんでこんなの国を挙げて第二波だの緊急事態宣言だのと騒いどるんだ?
なんでNHKも保健所までただの陽性者を「感染者」と呼んだり「患者」と呼んだりするんだ?

一体どうしてしまったのだ?日本は。
ノーベル賞の山中伸弥先生まで出てきて「厳重警戒」だの「元の生活にはもう戻れない」だのwithコロナだのアフターコロナの「時代」だの、なんかもう人生がめっちゃ変わるかのような報道合戦だが…山中先生…どうしちゃったの?
ワシ大ファンだったのに…。

コロナ、日本は絶対もうすぐ終わるぞ?

まるでマスコミが大騒ぎして煽って第二次世界大戦に突入していった頃の日本に戻ってないか?
日本人、テレビの見過ぎでバカになったのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常々、メディアリテラシーについて言及してきた私ですが、少なくとも私の1000倍の信頼性があるバイオガイヤジャパン社長の野村慶太郎さんの発信です。

言ってることは正しい気がする・・・

半年後に結果が解るだろうがこういう意見もあるという事は知っておいた方がいい。しかしあくまでご参考に。さらに付け加えるとこのような意見を言いづらくしている空気、ど素人(テレビコメンテーターを含むそれを信じ込んだネット住民)の誹謗中傷、的外れな批難、集団ヒステリックが蔓延している世の中は僕はコロナウイルスの蔓延する世の中より死ぬほど嫌いです。

高齢者、持病をお持ちの方々に移さないということに細心の注意を払う、TVを観すぎているとバカになるという最後の文章は完全に同意します。今日のサンモニも酷かったなあ。いつにもまして酷かった。

ということで結論はやはりこの本が売れると世の中が変わる!?変えてくれ。

サイトカインストームってなんだ?

 僕は喘息なのに自分に対する危機管理が甘く肺炎での入院が2回か3回ある。ある人からすればとても残念なことかも知れないが命に別状はなかった(笑)。最も危険だったのは肺炎ではなく風邪が元で低酸素血症になった時(某解熱剤の副作用と思われるーそれ以来怖くて飲んでない)。これは肺炎入院時の十倍は辛かった。なんてったって息が出来ないんだから。かろうじて自力で運転して夜の病院に到着したのだが自力で歩けないレベル。まあ歩いて受付まで行ったので実際歩けたのだが通常1分で着くところを30分以上かかった気がする。秒速3センチの前進とか国会でバカ(山本太郎などー名前出すなよ)がやってた牛歩作戦を病院でやる羽目になるとは。夜の病院の駐車場は誰もいない。誰も何も言わない。助けがない。熱は40度。受付で倒れこむ。そして即入院。入院して3日ほどは四六時中鼻と口から酸素供給。肺炎の時は点滴だけだったような気もするがよく覚えていない。担当の先生がとても優秀で美人の女医さんだったのも治療効果が高かったと思われる。そこから肺疾患は死ぬほど危険だと思うようになり風邪もひかなくなった。年間10回も風邪をひいていた僕がひかなくなるとはつまり対策でなんとかなるという証だと言えるだろう。対策といっても風邪をひきそうと感じたら体を休めるだけであるが。

 そんな中で現在、新型コロナといえば感染者数の拡大、GOTOキャンペーン、ばかりがクローズアップされているが実際に重要なのは重篤患者の数と死者数である。同列併記で報道しないと余計な誤解や不安を煽るだけ煽って混乱するだけなんだがあらゆるニュース番組、ワイドショーを観ていても同列報道している例は皆無である。混乱させることを目的としているんじゃないかといえるほど偏向報道は問題である。TVや新聞、マスコミの害はとどまるところを知らないが情報弱者といわれるご高齢の方なんかは本当に気の毒な時代となってしまっている。ではネットの中に真実があるのかと言えばあるのだが、嘘もたくさん混じっているので精査が必要である。その上で4月、5月ごろと違って徐々に世界的に明らかになりつつある確実な現実を2例紹介しよう。 

 今回の新型コロナウイルスによる肺炎で最近解ってきたのは大きく2つ。一つはサイトカインストーム(免疫暴走)を引き起こすという事。これは免疫が体内の全ての細胞を攻撃破壊するという症状である。よって多臓器不全となる。なので免疫抑制剤を使用することで対処する。イタリアの致死率が下がったのはこの対処法の影響が大きいのではないだろうか。もう一つは血管に悪さをして血管がボロボロになり血栓ができる事。これが脳や心臓の動脈に詰まって脳梗塞や心筋梗塞を起こして死に至らせるので血液をサラサラにする薬や、血栓を溶かす薬を使うことで対処する。初期は何をしていいのかすら解らなかったのだがデータが揃ってきたという事。多くの方々の犠牲の上に私たちは存在しているのだ。

 なので重篤な症状に対して適切な人工呼吸、それで駄目ならECMO、そしてサイトカインストーム対策、加えて血栓症対策がちゃんと出来る医療体制が整っていれば高齢者でもそんなに致死率が高くならないという事が解ってきて国内の死亡者数は激減している(実は例年のインフルエンザの死者数より少ないのだ)。無責任な発言を承知でいうと個人的には今の発症だったなら志村けんさんも無事だったのではないかとすら思えます。加えてCTの設置台数も日本はとても優れているので初期処置を誤りにくいとも言われている。マスコミの報道を見ていると全く感じられないが、日本の医療体制ははっきり言って世界トップです(皆保険制度も含め)。つまりその医療体制が破綻しないことを第一に緩めたり絞ったりコントロールすることこそ大切なのである。つまり指標は病床数の管理だ。現在、最も懸念するのは手術の必要な癌などの患者さんが後回しにされている事です。ここは修正措置が必要です。それと例外はあるにしても45歳以下はかかっても重篤化しにくいという事が解って来ています(30歳以下の死者数は実は1名ですーサイトカインストームを起こした力士ーなので学校閉鎖は意味ないんじゃないの?って実は)。ですから若年層や孫に対する高齢者の接触が根本問題なのである。特に高齢者は歌舞伎町などで羽目を外さないようにした方がいいですね(笑)。冒頭で私事で述べたように日々の心がけと対策の影響はとても大きいのです。新型コロナでさえそれは変わらない。また感染者が感染者がと言いますが若い人たちが無症状で自宅待機で免疫を獲得できるのは悪い話ではありません。ついでに言うと病床数確保と病院経営の為に特定感染症の指定から外すべきです、本当は(現在コレラよりレベルが高いーおかしいだろどう考えても)。そのおかげで隔離しなければ違法になり病床数が削られる(無症状な人は自宅隔離で充分だと思うが)。ある患者は病室で上半身裸で筋トレしていて看護士が仰天したらしい。ここは病院ですよと。

 私は楽観主義者ではありません。現実主義です。若くとも自宅待機で低酸素血症で重症化する危険はあります。冒頭で述べたように低酸素血症は十分に死に至ります。至りますが、しかし病院に行って酸素吸入するだけで問題ありません。必要以上に怯えるレベルに今はなく経済を回すべきです。人の命か経済かどっちが大事なのかというと同等に大事です。この経済の低迷でこのくらいの失業率になるとこのくらいの自殺者になると計算できています。それはコロナ死者数より2倍か3倍多い数字です。命も経済も同等に大事ですが時と場合により優先順位はつけなければいけません。ゼロリスクは地球上にありませんから死ぬときは風邪でも死にます。それよりも私たち労働者は「高齢者及び基礎疾患のある方を隔離するため」において仕事をし続け、経済基盤が破壊されないようにしなければいけないという社会的意義と責任を考えるべきです。会社はすべての人たちの生命維持の装置でもあるのですから潰れたら元も子もないというそんな当たり前の事が解らんのかと。廃墟にならないと学べないのかと、非常に残念だけど思います。

 治療法の確立や薬の開発など徐々に恐れる必要はなくなってくるはずですが(実はワクチンでも防げない場合もあると思われるがそれはまた別途話します)次の懸念はインフルが蔓延する冬に病院がパンクしないかですね。今東京都が出しているレベル4はそこで出すべき。まあその際はレベル5とか6とか作るんでしょうが人気取りの為にパフォーマンスをするんじゃないと、最後にケチをつけたくなるのが私の悪い癖です。

おまけ・・・情報元は辛坊治郎ZOOMというラジオ番組なので反対意見や批判は辛坊さんまでお願いします。半分冗談ですが海外のコロナサイト情報なんかも加味して総合するとこんな感じですかね。実際、スペイン、イギリス、フランスなどは海外旅行客を受け入れ開始していますよ。ただしアジア人差別はあるに決まっているしそれに動じない人、日本では帰国後2週間の隔離が義務付けられていますから1か月会社休める人に限ります。

 

 

 

Adios!!

検察庁法改正案について その最終

 少なくとも陸上競技をやっていた自分からすればウォーキングなどは受け入れ難い。やはり走らないとと思ってしまう。一般的に駄目だと言われている有酸素運動こそ必要なのだと元陸上部員はそのプライドからそう思うのだ。最近特に体力低下とこのままいけば体形がとんでもないことになると思いトレーニングウエアとランニングシューズを買った。何事も形から入るのがいつものパターンなので出来るだけ様になるという観点から選んで買ったのだ。買ったその夜に鏡の前で着替えてみるともう満足。これはどう見てもいい感じであると、もう走らなくても満足じゃと悦に入ったのだが、さすがに今後の太腿とお尻の筋肉の朽ちていく様を想像すると今回は走らざるを得ない。そして自粛中のGWに近所を10年ぶりに走ったのである。たった3キロ程度。場所はブラタモリでも取り上げられた古城山。

 意外にも走れた。子どもの頃から散々登った城山はやはり懐かしく水口を一望できる山頂は美しい。豊臣の時代からもずっと城下に栄える水口を何人もが見てきたのだなあと感慨深くもある。数か月前にタモリさんや林アナが登った櫓に今僕が立っているというのも含め体力的にはきつかったがやはり元陸上部。走るのは気分がいい。足が鍛えられてる感がまたいい。

 しかし結論をいうとそれ以来調子が悪い。走った後のケアが悪かった為に変に筋肉が収縮して骨盤がずれ、整体やストレッチで戻しても1週間程度でまたずれる。仰向けに寝ると左足の方が右足より1センチ長くなっていることが多く、まっすぐ立っているつもりでも右肩が下がっている。それを無意識に矯正しようとまた変なところの筋肉が張るという悪循環。寝られないほど背中が痛い。腰もずっと痛い。これには関係ないが五十肩で右肩が2か月も痛い。こんなの俺の身体じゃない。中学高校の時はこんな目に合わなかったぞ。

 みなさん。体力づくりはお金を払ってでもジムに行きましょう。もしくはウォーキング。

 

 さて小泉今日子がいよいよおかしいぞ。もうお腹一杯気味の検察法だけど今一度整理しておこう。

 

朝日新聞が黒川を下ろそうと1月中旬から新聞紙上で攻撃を開始(なぜなら朝日は林ルートから情報を得ていたから林になって欲しかった) → 安倍が黒川とお友達なのは内閣の介入だと非難(安倍が仲いいのはむしろ林の方である) → 購買層が高齢化と縮小化した新聞では埒があかんとみて4月、攻撃力をSNSに変更 → 同時に公務員の定年延長問題を検察人事権にすり替える(実に狡猾であり見事にみんなが騙された) → ツイッター社が大量削除したスパムリツイートが原因に関わらずネットでは炎上と報道(れっきとした虚偽報道であり、しかもお詫びも訂正もせず) → 芸能人が大量に利用されさらに炎上(指原が上から指示が下りてきたとワイドナで言及) → 内閣が法案を引っ込める(このご時世にそんなに重要ではないこの法案が通らなくてよく、さらに炎上するので黒川下ろしたいのだがと思案) → 麻雀問題で黒川が辞任(内閣はよく辞めてくれたと胸をなでおろす) → この問題の火種が辞任で消える(内閣としてはどっちがなろうが構わなかったが、林がすんなりと受けるのか事態は別の難しさに突入?) → 検察の人材不足が露呈すると同時に権威の失墜が懸念される

という内容である。

問題点を整理してみよう。

1 検察は強大な権力を持っていて暴走したら誰も止められない。なので検察トップの人事だけは内閣が持っている事で抑止効果を生ませようとしている。いわば苦肉の策でありバランスを保っているのはこの人事権があるからこそである。これをマスコミが一切報道しないのが最悪の問題である。ここが最も理解しておかないといけない点だ。

2 つまり今述べたように内閣が検察人事に介入するのは当たり前。先人たちが苦労の末にあみだした知恵であり現行法で定められている。だがこの一連の事件は「朝日新聞が世論誘導によって検察人事に介入した」という一大契機であると断定できる最悪の事件なのである。これが2番目に理解しておかないといけない点だ。

3 お友達でもない黒川の存在を最も消したかったのは内閣だ。内閣が爆弾を抱え込む事になるからだ。倒閣になればメディアも野党も次期総裁候補も利する。だとするとスキャンダルをリークしたのは普通に考えて内閣の誰かだろう。僕は総理の指示じゃないかと思っている(笑)。メディアは火が鎮圧されるとネタに困るので新聞記者のリークは有り得ない。というか朝日と産経新聞は実名報道するべきである。元記者だからとか言い訳は通用しない。しないだろうが。

4 公務員の労働組合をバックにもつ政府を批判することしか頭にない立憲民主党は検察庁法だけは反対し公務員定年延長については無視を決め込み裏でほくそ笑んでいた。結果的にはこちらも今回見送られたが、みんなの知らないところで漁夫の利を得ようとする立憲民主に対する自民の仕掛けであろう。残念だったな枝野。

5 麻雀をお金を賭けてやらない人がどれだけいるのか。そんなもん全国の雀荘全部で賭けている。しかし普通は勝者が場代を持ったり飯をおごったりお金の出入りはパチンコと違い遊びの域を出ない(まれに例外はある)。確かに健康麻雀などと称しボケ防止などを目的に行われてはいるがごく一部である。それどころか黒川がこのような事をやっているのは誰でも昔から知っていたことなのに今まで検察も警察も政治家も新聞記者も誰も何も言わなかった。検察同期の元政治家でもある若狭弁護士ですら例外ではない。

6 1円でも賭けたら犯罪とは法律には書いていない。少額なら見逃すと書いてある。蛭子能収さんが1000点200円で逮捕という過去があるので今回線引きがなされた。というより1000点100円は無罪というのは法曹界の常識だったと思われる。だから5.で述べたように言わなかったのだろう。

7 接待麻雀なんか面白くもなんともない。真の麻雀好きは最も嫌悪する。そして麻雀は深く美しいゲームであり生き様の投影だ。もしこれが接待麻雀なら情報を基に金を得ていたという公務員倫理法違反で逮捕すべき案件なのだ。誰も言わないが。

8 公務員を65歳定年にして民間企業・中小零細にもこのムーブを広めていけば年金受け取りを延長しやすいという財務省の思惑も忘れてはいけない。

9 この場合の退職金は他人にどうこう言われる筋合いのものではありません。受け取ればいいと思います。だがそもそも7000万は高いだろう(言うとるがな笑。5000万ならいいのか問題)。

10 朝日新聞はこの件で蜜の味を知ったと思われる。とはいえ昔からの常套手段であるが今回は本当に良く嵌った。ネット社会のデメリットの一つが露呈したとご認識ください。

11 なんだかんだ言って最後のオチを「安倍が悪い」と政権批判にすり替えるのはもう止めませんか。民度を上げるのが先です。

 

 結論は僕らは頭が悪すぎる。そりゃSNSで誹謗中傷もするわ。

 

 

 

この件はこれで本当におしまい。