眼科に行った方がいい!?

 ストーンズのTime is on mysideと歌った直後にTime waits for nooneと歌ういい加減さが好きだ。これは僕が高校生くらいに直面した発見でその後の立ち振る舞いに良きにしろ悪しきにしろ大きな影響を与えることになる。

 唐突ですがPDCAサイクルはプラン(計画をたてる)→ドゥ(やる)→チェック(検証して)→アクション(またやる)という流れの改善対策手法です。元来、製造部門の生産工程で利用される手法ですが日本では経営手法としても浸透しています。僕はこの手法を経営に取り入れているのは少し頭が固いというか、視野が狭いというか、はっきり言って救いようがない盲信者という(いきなり言葉が汚くなったな笑)イメージがある。これを登用したおかげで日本企業は駄目になっているという側面もあると言える。なぜなら物事は思い通りにならないからだ。それだからこそ臨機応変な自在性が最強でPDCAをいまだ重宝している企業はもう止めた方がいい。

 臨機応変な態度で自在に振る舞う万能性。言い方は良いが僕は朝言ってる事と夕方言ってる事が違う時があるがそれは潮目が変わっているからだ。そこを説明しないで言うのでこいつは無茶苦茶だと従業員は少なからず思っているだろう。まあ、根幹の考え方や理念、哲学が変わっている訳ではないので実はたいしたことは無いのだが発言に一貫性がないと思われても事実だから仕方ない。この状況ではこのやり方はまずい、こっちが今は正解と言っているだけである。状況は刻一刻と変わるから当然なのだ。製造業ではそこまで変わらないが、それ以外では(サービス業の現場では)偶発的な事が実に多い。ゆえに僕はチェーン店のマニュアル経営も利点があるのも認めるが大嫌いである。だからこそPDCAでは対応できないのは解っているのに経営法として取り入れようとする経営者が多いのは実に不思議である。

 みなさんに言いたいのは(特に中高校生の子供たち)、真実を見抜く眼を持て!である。僕的にはいい大学に入るより、良い会社に入るより、こっちの方が大事って感じ。

 話はがらっと変わるが丸山穂高議員は僕がいつも言ってる東大卒のアホ(高学歴ポンコツ)だが、世界で過去、戦争以外で領土を取り戻した例はないのは事実であり、話し合いでの解決は世界史上初の試みということになる。だから交渉成功の可能性はゼロだというのは違う。可能性は凄く低いがものごとの史上初というのは何事にもあるのでね。丸山穂高はリアリストだが説明をしないのでアホだ。これもいつも言っているが議員の質はこの国の病巣のひとつであってただちにオペで切除手術が必要です。

 

 

おしまい。

 

 

 

俺の残りの人生はどうすんだ!?

 憲法記念日に都内で開かれた護憲派の集会で音楽評論家の湯川れい子さんが「憲法9条は世界の宝だ」と訴えた記事があった。湯川れい子さんといえば往年の洋楽ファンの方なら知らない人はいないと思う。当時ぼくが購読していたロッキング・オンではなくミュージックライフという雰囲気だったような気がする。はっきり覚えていないがもっと世代が上なのだ。調べていないがビートルズが現役の頃もう活躍されていたと思われるので大御所で間違いないだろう。それで詳しくはなんて言ったかを産経新聞より抜粋する。

「私は憲法9条を守るために残りの時間をかけたいと思っています。1966年、ビートルズが武道館を使う時に、今日のように右翼の街宣車が走り回りました。【薄汚い西洋こじきは出ていけ】【神聖な武道館を使うな】。しかし当時若かった私は、そんなバカな話はない。彼らの音楽は【言葉は違っても、肌の色の違いはあっても、みんな楽しく生きようよ】と言っている。そのことが私には理屈を超えて分かりました。」

「考えてみて下さい。戦争をしているところに音楽はありません。右翼の街宣車もマーチを流しているし、ヒトラーも演説の前にはワーグナーを流した。でもそういう意図的に使われる音楽ではなく、私たちがこうして楽しく集まってみんなで歌い踊るところに殺し合いなどありません。対立があるところに平和は無いのです。」

「私が【憲法9条】というと【そんなもので平和は守れない自分の国や女や子供をどうやって武器がなくて守れるんだ】と言われます。違います。人間が人間を殺すことを恥じないといけないのです。本当に心から恥じないといけないのです。他の動物がそんな事をしますか?恥ずかしい事に知性のある人間だけがそのような事をします。」

「憲法9条はあらゆる意味で、あらゆる理屈を超えて日本の宝です。世界の宝です。9条は変えないけれど、そこに自衛隊を書きこむなどというインチキは絶対に許してはいけません。どうぞ皆さん誇りを持って恥ずかしいなどと思わないで人を愛して下さい。語り合う事を信じて下さい。そして未来の自分が作る平和な世界を信じて下さい。心から信じましょう。」

ぜひ湯川さんには答えて頂きたい。幸福の追求の為にあるはずの宗教でなぜ宗教戦争が絶えないのか?スターリンが自分の為に何百万人殺害したか知らないが中国の文化大革命ではさらにその何倍も人間が殺されている。天安門事件もしかりだ。さらにチベットをはじめウイグルに対する中国は武器を持っていない国だからこそ徹底的に蹂躙するという歴史をもう3000年も続けてきた。あなたは彼らを説得できるのか?人間が人間を殺すという事でいえば第一次、第二次大戦で人類は大いに学びました。それがハーグ陸戦条約であり国際法である。尊い犠牲の命の上にです。それでもなお争いが絶えないのはなぜか?憲法9条のプラカードを持ってシリアの交戦地、アフリカの内戦地に立ってみて下さい。すぐに殺害されることでしょう。信じるだけでは宗教なのです(おまけで生物学の話をしますと殺しあう動物は知性のある人間以外にもいます)。

論理的に考えればすべてを理解できる。僕の暴論を披露しよう。

憲法9条は思想であり宗教である。ただしすべての人種、宗教、国家においてすべての自治体や国が憲法9条を導入すれば法足り得る。湯川氏の言葉は実現する。しかし人間である以上それは無理なのだ。それが人間という生き物だからである。だからこそジョンレノンは殺されるべくして殺害されたのである。これを学習していないのが護憲派の大きな問題なのだ。

ただしこれには大きな弁護すべき問題がある。日本の教科書はそのように、誤解するように作られているのである。だからこそ真面目に勉強する子の方が間違います。これはウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムの弊害と呼びます。犠牲者と言ってもいいでしょう(気になる方はWar Guilt Information Programで検索してみてね)。

最後に護憲派の方に提案があります。憲法は変えてはいけないと言うならハンムラビ法典は今でも使われてなくてはいけません。何も神が作ったものでなく人が作ったものだから変えていいのは当たり前なのです。現行憲法24条では「婚姻は両性の合意によって成立・・・・・・」とある。両性とあるはおろか、婚と姻は男と女を表す。つまり同性婚は憲法違反なのである。よって時代が変わればどんどん変えていけばいいのです。理想は誰にでもあるがもう少し現実を踏まえた上での議論が必要なのではないでしょうか?理想主義者こそ現実主義者であるべきです。僕も含めて残り時間の少ない年配の人こそ自覚していただきたい。

 

 

 

おしまい。

 

 

平成も終わったことだし、そろそろ真面目にいっしょに考えませんか?

 これは確か4月18日の虎の門ニュースでの放送を切り取ったものである。ビ-トたけしさんのコメント一色だった翌日の報道でどこのメディアも取り上げなかったスピーチ。それはなぜなのか?そんなに長くない動画なので、まずは観て頂きたい。

ここでの有本香さんは控えめな発言だった。だが4月30日のニッポン放送、飯田浩司のOK!Cozy up!ではもう少し朝日や毎日新聞を批判していた(あきれていた)。

簡単にいうと、世界はひとつ人類はみな兄弟、だから韓国や中国とも仲良くしなくちゃ駄目だというのが主義の彼らだが、この宮崎真優さんのスピーチは天皇陛下のご存在こそが素晴らしい日本を成立させている、このような素晴らしい国は他にはない旨と言っているからこそ無視を決め込んだ。このようなまっとうなスピーチは左翼思想には毒である、改心の危険を伴う、思考の契機になる、自虐史観から脱却させる危険なスピーチだからだ。日本は酷い国である必要が彼らにはあるのだ。日本はずっと謝罪していなければいけない。なぜか?それが彼らの飯の種だからだ。当然、諸外国からは資金と人材が潜入させられ、巧妙に工作されている。メディアと政治家と学者であり、その最高峰が東京大学法学部というのが、あんたら頭いいくせになんで?という困った問題なのだ。いい加減にして頂きたいものである。注1こんなものを飯の種にするんじゃねえよ(恣意的にしているのは商売の一環だから仕方がない。だが、しているつもりでは毛頭ない人もいてこの方々は救いようがない注2)。

朝日新聞と毎日新聞が購買層の高齢化により部数が減少し、廃刊になれば令和の未来はより輝くだろう。注3

 

 

おしまい。

 

注1 ・・・ 最近の東大はそれだけじゃなく、良心的な生徒が多く、今までになくこの困った仕組みを替えないといけないと真剣に勉強している生徒が増えている、らしい。東大は日本一革新的ではある。だがやはり学生闘争時の共産主義の生き残りとかそのような文化が残っているのが邪魔になっていると思われる。特に経済学部はマルクスだと言うが嘘であろう。本当だとしたら狂い過ぎている。

注2 ・・・ 後者にはまず木村草太氏が思い浮かびました。東大法学部卒である。

注3 ・・・ これを読んだ朝日や毎日の社員の方へ。反論や異論があれば裁判所に訴えて下さい。ぜひお願い致します。

これは一体なんだ?

 久々の機内はこの時期修学旅行と重なっていて活気があった。僕の真後ろからはほとんど中学生の大群で占められていた。みんな楽しそうで僕はこういう光景は好きだ。空港内でも様々な中学校(高校にしては幼すぎる)が縦列で停滞していてたまに通路が塞がれることもあるがそれも仕方なく微笑ましいと思っている。僕の座席の前には30代であろうお母さんと4歳の男の子、3歳の男の子の3人が座っている。4歳の男の子といっても5歳にしては少し幼いかなという程度で5歳かも知れない。3歳の子はまだ2歳になったばかりのように幼く見えた。僕はこの辺りの年齢はさっぱり解らない。でもこの子たちは気圧が変わるのが大丈夫かな、こんなに小さいのに飛行機乗せてもらっていいなとも思った。僕が初めて飛行機に乗ったのは22歳の時だった。座席と座席の間から見えるお兄ちゃんの顔は無垢だ。かわいい子だ。窓の外、離陸して晴れた青い空と雲の上を飛んでいる頃、お兄ちゃんは窓の外を興味深く覗いている。空を飛んでいることは理解しているのだろう。弟の方は解っていないように思う。それほどに幼い。でも兄弟喧嘩を始めるでなく、母親に叱られることなくおとなしく座っている。二人ともとても行儀がいい。気圧変化で僕が唾を飲み込んだ時も泣き出すことなく普通にしていたので問題は無かったのだろう。特に弟君には感心だ。普通泣き出すよ。

 ほどなく目的地に到着し中学生たちがざわつく中、ギリギリまで読んでいた本を仕舞おうと前の座席の下に突っ込んでいた青い革リュックを取り出して本を片付けた。幸い真後ろで待機している中学生軍団も動き出してはいない。そしてその時なぜか違和感を感じてリュックを見直した。なにかリュックの全体を通じて表面に濡れた跡がある。ここでついた跡なのか、なんらかの僕の過失で機上前についた跡なのか、それだったら今着ている服は大丈夫なのか。確認する為に床を右手の中指で触れてみた。ねっとりと濡れている。水ではない。粘りがある。もう一度触る。粘着性はやはりあり乾きかけでもある。匂いは・・・、ワインの香りと一口飲んだだけでほぼ産地を当てることができる僕の鼻と舌である。アップルジュースで間違いない。確かにそういえばCAさんが提供していたジュースはアップル一択であった。一言だけ言わせて頂きますとこの件は自慢して言う程の事ではないってことは自覚しておりますので頭は大丈夫です。

 全体的にベトベトになっていてどうしようもないカバンは何とかしなくちゃいけないのでCAの方に向かって手を挙げた。ビジネスクラスでは当然ないけれど後方地帯は中学生に占領されているので僕もほどなく前方に追いやられていた。声を出せば会話できる距離ではあったが手を挙げた。全員がもう立っている状態だが歩き出してはいないその時、別の若いCAが代わりに僕の席にどうされましたかと近づいて来た。

 これ見て下さい。濡れている。そして床も濡れている。すいませんが何か拭くものはないでしょうか。

 ああ、濡れていますね、本当に申し訳ございません。

ごく普通の受け答えのあと、僕の所に来た若いCAはその僕が手を上げて合図を送ったCAに報告に行ったのだ。報告もいいけど早くタオルかなんか持って来いやと思っていると、ぼちぼち停滞していた人達がが動き出した。そしてあろうことかチーフらしきCAが僕の前に座っていた家族をつかまえた。想定すべき最も嫌な予感がした。二人の男の子たちには少し離れた所に父親がいた。4人家族だった。父親と母親は何度か頭をさげ、それから僕の所まできてまた頭をさげて云われた。子供がジュースこぼしましてすいませんでしたと。

 いえいえ。まったく気にしてませんので、お気になさらないで下さい。ただタオルを貸して欲しいってだけです。気にしていません。それでは良い旅を。

 そういってる間にCAが本当にすいませんでしたとウエットタオルをいくつか持ってやってきた。

 いや、いや、いや。僕はそんな事を言いたいんじゃない。そもそも前の子供がジュースをこぼしたとか知る必要もない。拭くものを持って来て欲しいと言っただけで謝罪なんか求めてもいない。そもそも子供が飲み物をこぼすくらいは当たり前。そんなことでいちいち文句をいう程心が狭いわけではない。そんなバカでもない。ただ濡れていてベトベトだから拭くものを貸して欲しいと言っただけだ。にも拘らずあなたの会社はまず責任回避の行動に出た。これが企業としていち客室乗務員の態度としてどうなんだってことなんだよ。これではあの家族には僕はクレーマーに見えてしまったじゃないか。拭きながら一緒に拭いてくれている若いCAに言った。

 彼女は一生懸命拭いてくれながら配慮が足りずにすいませんでしたと何度も謝ってくれた。後ろに待機している中学生の目には絶対にただのクレーマーにしか見えなかっただろう。それほどに謝ってくれたがそんなのは望んでいない事だ。ちなみに僕を境にして渋滞が発生していたのは言うまでもない。

 さらに・・・、

 だいたいね、毎日TVやSNSで誰かが必ず不祥事や事件で叩かれている。子供社会にはいじめ、大人社会には同調圧力と差別、いがみあい、批判。そんなに叩いて意味あると思う?頭おかしいんじゃないの?そんな空気で満ちていると思わん?俺は謝罪させたいから言ったんじゃないのはもう解ってくれてるとは思う、この国を包むこの空気感こそがこの企業をも狂わせていると思うよ。会社の責任回避なんてもってのほか。叩かれるのを回避する行動なんかサービス業としてありえない。これも時代の流れではなんて言葉で済ましてはいけない。人々の心が荒んでいるから社会の空気が澱んでいてこんなバカなことがごく普通に起こるんだ。この国の現状は変な方向に進んでいるよ。これはフ〇テレビのバイ〇ングの影響が大きいとみる、坂〇忍の責任は大きいよ。お昼休みが腐る。君はどう思う?と言いたかったが我慢した。

 歩き出し、前述のチーフらしきCAの所に来たとき「この対応は会社として間違ってると思います、事例として社内で問題提起して下さい」とだけ言った。また「申し訳ございませんでした」と頭を下げられた。中学生から見たら僕は最悪のオッサンにしか見えなかったに違いない。

 空港内を出口に向かって歩いている。僕のたくさんある才能の一つとして先ほど述べた臭覚の他に極度の方向音痴というのがあり、僕は空港内をモノレールを探して彷徨っていた。歩いているとあろうことか目の前に現れたのは先程のご家族である。母親にはまた頭を下げられた。あんたも謝んなさいとお兄ちゃんも一緒に。

 いえ、いえ、いえ、違う、違う。完全に誤解されていますからご説明させて頂きますけど、子供は悪さするのが仕事みたいなもんです。ましてやジュースをこぼすなんて当たり前でそんなもの笑って早よ拭きな、ですよ。僕は航空会社の対応がおかしいと言っただけで皆さんに対してはなんにも思っていません。むしろほがらかで羨ましいなと思ったぐらいです。ですからお気になさらないで下さい。これ以上頭を下げないで下さい。頭を下げるのは間違っています。ともかくお気になさらず楽しい良い旅でありますことを祈っています。といって別れた。

 しかしよく考えてみた。離陸する時、後ろの中学生はかなりうるさかった。はしゃぎまくっていた時、こいつらうるさいなと思う自分がいて、いやいや、笑顔だ、無理に口角を上げた瞬間だった。CAに手を挙げた時の僕の顔がムッとしていたのかも知れないと思った。全然ムッともしていなかったが僕の顔にも責任がある可能性がある。

 

 

おしまい。

優子の部屋。

優子の部屋。政策カフェで立ち上がりました新たなコーナーですが、タイトルもともかく内容自体も新しくもなんともないですが、あの〇〇にここまで踏み込んだ報道番組注1、新聞社があったのでしょうかという素晴らしい内容になっております。ぜひともですね、ご参考にして頂ければと思いご紹介させて頂きます。特に若い頃お世話になりました大阪の特に大阪市、堺市の友人や後輩たちに観て頂いたうえでクロス選挙の参考にして頂ければとこの動画を心から捧げます。冒頭から18分まで、さらにそこから28分までが貴重です。はっきりいって僕も言葉を選ばないと当店のお客様をも失う事になりかねない投稿ですが、純粋に真実を突きつめたいという企画なのでご理解くださいませ。その上で議論の材料にして頂ければと思います。異論反論こそ議論の始まりで望ましいです。

いかがでしたか?自分が西田優子さんになったつもりで観て頂ければ若い方や関心のない方でもより解りやすいと思われます。

論理的には。

自民党もやりたくない、税金のプロ、税理士団体がのきなみ反対している軽減税率導入は公明党注2の選挙公約である → 公明党を味方にしないと憲法改正の発議が出来ない → 軽減税率は増税しないと出来ない → 増税しないと自民党結成以来の悲願、憲法改正が出来ない、という事になります。

数式風にすると、軽減税率導入政策 = 憲法改正への入り口

という滅茶苦茶な結論が浮き彫りになったというこではないでしょうか?政治ってほんとにめんどくさいですね。

それと大阪維新の会は簡潔に言って今まで経費の削減、無駄を無くすために立ち上げられた党です(多すぎる議員の数を減らす為に出来たと言っても過言ではない党なのだ)。つまりいろんな部署をまとめたり(有名どころでは地下鉄とか)公務員や議員の給料を下げたり、公務員や議員にとっては何してくれんねんという厄介で嫌な奴らなんですね。今回の選挙はそれに反対する大阪自民はあの共産党や立憲民主注3とも手を組んで厄介な維新を潰そうとしているというですね、いろんな理由をつけて、学者なんかも参加させて、自分たちの権益を守る戦いになっているという構図です(当然、学者には学者の守るべき既得権益がある、主に助成金、学閥による公共事業の支配など)。自分たちの税金がダラダラと無駄なもんに浪費され続けているという構図を理解して選挙に挑んで頂きたいなと思います。それの方がいいというのも意見の一つとして僕は尊重しますけど、辻本清美さんには全く賛成できません(笑)。

とはいえ、そもそも自分たちの既得権益を守るために政局が別れているというのはおかしいだろと。とっとと都構想なんかやっちまえばいいのにというのが私の意見ですが、その為に何人かの議員は無職になり、高額報酬は減らされるでしょう。中にはそれで住宅ローンも払えなくなる議員も出てくるでしょう。そら反対しますわな。でもね、そんなしょうもないことをいう人は政治家になってはいけないのです。政治家は自分を犠牲にして世の中が良くなるように尽くす人以外はなってはいけないのです。

簡潔に言うと。

大阪都構想の住民投票というのは・・・

既得権益が嫌いな維新 VS 議員報酬、その他の権力を守りたいその他の議員の勢力

という事になります。住民の生活を良くするという本来の目的はどうでもよく、論点が大きくずれています。ここをご理解して頂いて選挙に行って下さいね。善良な大阪の皆様方。僕の後輩たち、解りましたか?

 

おまけ → 原英史さん、頑張ってください。

 

おしまい。

 

 

注1   報道すると街宣車に囲まれるのを嫌って報道しないと言われている。大した正義である。

注2   共産党を非合法化したいという話はちょくちょく出るが公明党はどうなのだ?創価学会、特に会員の皆さんに問題は無い。宗教は自由だからだ。だが党に問題がある。なぜ金を配って公職選挙法で無罪になるのか謎である。宗教問題は日本のタブーの1つである。ちなみに私は仏教、キリスト教はもとよりイスラム教やマニ教、ゾロアスター教も学んだつもりで好きだが、無宗教の不届き者である。

注3   超大物・・・京都の福山哲郎と思われる。 ・・・。