TSMってなに?

半導体不足で様々な商品の納期が大変な事になって久しいです。しかもグローバルの合言葉がまるで正解のように日本に限らず、米国および各国の精密機械や部品をですね、低賃金で製造させるアジア圏、主に中国にシフトさせていったわけですよ。輸送代差し引いてもそちらの方が低コスト、つまり儲かったからです。しかし、コロナによるロックダウンによって半導体以外の部品も工場が閉鎖され、例えば車なんかですと配線などが手に入らずに完成車が作れない状況も多々ありました。だったら国内で作れよとはいえ、事はそう単純でもありません。今まで200万円で販売していた車が300万円になっても、それはそれで大変ですと。その意味では今年の冬も更なる納期遅れが発生するのも時間の問題であると僕は覚悟してます。

さて、半導体に話を戻します。半導体といってもいくつもの種類があり、大雑把に区分けするとゲーム機、スマホに搭載されている半導体は次世代半導体といいます。これは4Gのスマホだと3個入っています。5Gだと8個入っているそうです。ゲーム機もそんな感じで複数個入っているのでしょう。知らんけど。そして高額です。

車の半導体は汎用半導体といって1台あたりに何十個も使われています。まあ言うても20~30年前の設計で古くて簡素。さらに安い。

みなさん、聞いたことありませんか?コロナによって巣ごもり需要が増えゲーム機が飛ぶように売れたおかげで半導体不足に陥っている、などと。ほとんど、不正解です。アホなニュース記事読んでるとそんなのが多かったのですが、とんでもない。半導体の会社はより利益を生んでくれる次世代半導体ばかりを製造したからです。なぜならその方が儲かるから。これは世界の半導体製造会社の構造的問題なんですね。僕は今までコストを叩きに叩いてきた自動車産業への恨みだと解釈していますが(笑)、あながち間違ってはいないと思います。アメリカのフォード・モーターのCEOジム・ファーリーなんかはインタビューで「もはや自分たちで半導体を造らないと、近い将来、社員全員を解雇しなければならなくなる」とも発言しています。ウォール・ストリート・ジャーナルには去年の秋にとっくに掲載されていました。さらに詳しく近年の半導体メーカー別の次世代、汎用に対しての投資割合なども掲載されていましたが有料記事なのでモラル上ここでは控えます。まあちょっと言うと9対1ですね(笑)。

あとですね、私の個人的人脈(笑)を使って調査したところ例の熊本における台湾セミコンダクター・マニファクチャリング、通称TSM、そのTSMとソニー(あとデンソーなど)と手を組んだ補助金4760億円のいわば国家プロジェクトがありますが、おそらく現状が20%くらい改善するのが妥当かなというレベルだろうなと現時点では言えそうです。数年先はもう少し効果的に稼働するとは思いますがね。これについて根拠もあるんですが、これ以上は有料コンテンツです(笑)。ただし熊本県の景気は間違いなく熱くなるでしょう。話を元に戻しますと、国の主要産業である自動車産業を守るために経産省の役人がまとめたファインプレーだと思います。

ですがや、もともと半導体は日本のお家芸だったわけですよ。ここらへんでも身近な話として石山のNECなんかはそれで潤ってました。それがルネサスになり衰退したのは記憶に新しいと思います(古いがな)。その原因は実はアメリカの圧力もあったりしたんですが、最大の理由は円高だったからです。円高は輸出が苦しくなる、円安は輸出が潤う、前にも書きましたね。アメリカの圧力とは高い半導体で日本だけが得しやがって!こうなったら中国で作ったるから覚えとけよ!というものです。ざっくり言えば(笑)。それに円高が重なって余計に儲からなくなり日本企業も中国にシフトしたというシャレにならない事態が起きました。

ところが現在は円安局面です。日本で作ってアメリカに買って貰おうというのも戦略としては間違っていません。とすればですよ、アメリカと経産省が裏で絵を描いているかは解りませんがこの円安ってそういう事情で意図された円安じゃないのかなという思慮も頭の片隅に入れておいてもいいんじゃないかなとも思います。

もちろん、国内に生産拠点を移すんであれば長期的な視点で事業計画を練らなくてはなりません。つまりですね、何千億円も投資をして生産ラインを作らねばならない為に20年後も円安局面が続いていないといけないのが条件ですから簡単ではありません。これには実はもうひとつ強力な条件が付きます。アレです。

もう一つ重要な事を書いておきますが、円安というのは経済的には近隣窮乏化といって一国だけ通貨の価値が下がるとそこは輸出で潤うもんなんです。だから他国に嫌われるのが今までの歴史でした。日本もアメリカが怒ってくるから気を使ってわざと円高にしていたと思います(これはさすがに根拠はありません笑)。これと高度経済成長の終わりと、成長を止めた30年の歴史は為替レートと見事にリンクします。つまり高度成長期は日本の労働者が勤勉で寝る間を惜しんで働いたからだという通説ではなく、1ドル=360円という超円安だったからだけでしょという意味です。だから変動相場制をアメリカに迫られプラザ合意により、そこからどんどん円高になって成長しなくなったというのもグラフで示すと明確にリンクしています。実はバブルもあんまり関係なかったんですよ。という話は議論は勿論あっていいんですが、為替レートを用いると簡単に解説できます。日本の経済学者は絶対に否定しますがね(笑)。だったら逆に別の理屈で解り易く納得できるように説明して頂きたいもんですがね~。

どうですか?これを読んでいる中高生の諸君。現代の社会問題から、グローバル社会、経済界の歴史、為替の役割、プラザ合意まで、今日は濃い内容だったでしょう。これに貿易と集団的自衛権の関係も完全にリンクしてきますから国際関係論は奥が深いんです。知っておくと何年か後に必ず役に立つので、マクロ経済学と国際関係論は勉強していた方が良いですよ~。就職もこれ考えてした方がええで。

おまけ。文中のアレとは何でしょうか?これが解ればまずは合格です(笑)。ヒントはバイデン大統領が円安を歓迎しているコメントを残したことです。ボケてんのか事態を解って言ってんのか良く解りませんが。

 

 

おしまい

解は論理的思考を身につける!?

お久しぶりです。みなさんお元気でいらっしゃいますでしょうか?寒暖差が激しくただでさえ風邪をひきやすくなっている中、新型コロナの感染者も増えてきております。みなさま、お風邪など召しませぬよう十分に気を付けて下さい。新型コロナでさえ、元気ならば跳ね返す、そんな心意気でお過ごしいただきますよう切に願っております。私の方はと言いますと事務所でもコートを着てないと寒さを感じ(暖房は十分に効いてます)、お客様から「なんでコート着ながら仕事してんの?」と質問されると「2、3日前から寒気がするんですよね~」なんて言うとぞぞぞ~っと後ずさりされる有様ですが従業員スタッフはみな元気です。熱はないのでまあいいだろうって事で済ましてますが、まあこんな感じでぬるい対応をみんながしていくってことでウィズコロナが浸透していってくれるといいですね(2年前から言ってますが)。生保の入院給付金も廃止になって久しいですしね。

さて、書かなくてはいけない事は暫くぶりに溜まってはいるんですが、高校生の職業体験の事を書いてみようと思います。先週、3人の高校生の職業体験を受け入れさせていただいたんですよね。原石ってかんじでみんないい子達ばかりでした。気になったのは雑談中に「どんな職業に就きたい?」と聞いて返って来た言葉です。「ブラックじゃない会社がいいです」ですと。常に教職員みてるとそうなるんですかね(笑)。冗談はさておき、考えさせられます。

友人のご子息がこの春から大阪の企業に勤め、大阪に引っ越しました。本当は近くで就職したかったのだけど給料が5万近く低かったそうです。家賃や不必要な車やガソリン代を考えてみるとバランスシート上、大阪の方がプラスだと。今までと違った環境で生活したいのも解るし視野が広がるので一人暮らしは大賛成です。しかし、帰ってきますかね?全員とはいいませんが何人かは都会や他地域で結婚し生活するのではないでしょうか?なぜならば、魅力ある企業、高収入が望める職場の数がここ甲賀市には圧倒的に少ないからです。地方の少子化の原因の際たるものはここなんじゃないのかなと。

しかもですね、何人もの社会保険労務士と話をしてて驚愕の事実は甲賀市の企業コンプライアンス、働き方改革の現状はあまりにも昭和だと(前にも書きましたね)。

低賃金でブラック。ここを改善しないと絶対に改善しないと言い切れます。僕が市長なら住みやすい街づくりとか耳障りのいいことは言っても、裏側では戦略的に再構築を目指します。だってショボい未来はこの時点でほぼ確定していますからそんなの嫌でしょ。しかもですよ、全国の地方都市の多くはこの再構築、やっとやっきになってやってます。まあ甲賀市役所職員に聞けばやってますと云うんですけどね。それも理解できます、がしかし。

その一環として市主導である組織も出来ました。組織と言ってもサークルみたいな感じで情報交換が主な場ですが、危機感を抱いている会社社長も少なくはないという事だろうと思います。僕も一応先月加入させて頂いたんですが解決しなければならない課題が満載で楽しみです。だってさ、のほほんと生活していて気が付けばとんでもないことになってたら、今から50年後に生活している人達に「あの頃の人たちは無能だった」と言われるの嫌だしね。

高校生に言いたい。

学校でおこなわれる教育はあらかじめ答えが用意されているものばかりだ!社会に出れば決まった答はあまりない、だが解決方法はいろいろある問題ばかりに遭遇する!何が言いたいか解るか?当店に職業体験にきた君たちなら解るよね(笑)。今こそ子供たちの脳を方向転換させないといけないのだ。褒めて伸ばすは最悪でストレスを前進エネルギーに変換するのよ。

一方で甲賀市の経営者の皆さんは業界で最高レベルの賃金、やりがい、仕事環境を満たす零細・中小企業をたくさん存在させる必要があります。そこで転職の選択肢で人材を流動化させられればさらに改善します。う~ん、ここは甲賀市の政策を披露する場ではないんでもう止めときます。

ということで、諸学校の先生の皆さん、来年以降も職業体験よろしくお願いしますね。

 

 

おしまい

 

ついに円安の話か!?

法人企業統計で企業の内部留保が500兆円を超えましたっていう報道がありまして。発表したのは財務省なんですけど裏には来年の法人税は増えますよ、よろしくねっていうのがあるんです。実際4~6月も企業収益は好調で最高レベルです。内部留保が最高ってことは企業収益も最高って事なんですよ。そこで新聞記者なんかは「コロナも完ぺきに収束している訳でもなく、円安が問題になっているのに関わらず、企業収益が最高っておかしくないですか?」って質問したら面白いんですけど誰もしないんですよね。

法人企業統計の中身を見ると営業収益は良くなってます。コロナがだんだんと慣れっこになっちゃってコロナ前に戻りつつあると帳簿上見て取れます。注目すべきは経常収益がもっと伸びてるんですよね。どういうことかというと営業外収益が伸びてるって事なんです。営業収益に営業外収益を足すと経常収益になります。つまり営業外収益が伸びてるってことは業務以外で儲けてるって事でテストには出ませんがここポイントです。この営業外収益っての内訳を見てみるとほとんどの場合、利息配当です。この低金利時代に利息で儲けてるってどういうこと?ってまたもや新聞記者は質問しなくちゃいけないんですよね。しないんですけどね。

円安になると輸出は儲かって輸入は損する、合算すると全体では儲かる、というのは昔の話ですよって、今ではそうならないんですよ、何故ならば現地法人化してるからですっていうのが最近の考え方の主流になってます。だから円安はまずいんですという訳ですよ。でもね、現地化しているという事は現地に投資してるんですよね。現地で作るから当然輸出は減るんですが投資収益は増えるんです。円安によって。これが大企業の利息配当、経常利益が増えている正体です。つまりやっぱり円安の恩恵により大企業に関しては儲けてるんですよ。

一方で私たちが被害を被るっていうのはガソリンでしょ、あと代表的なのは電気代。電気代なんか当社なんか新電力と契約してるんだけど試算すると来年の1年間の電気代は50万円アップですよ。冗談じゃないよねってもんですよ。大体諸外国と比較しても例えばドイツと比べても日本の電気代は1.5~2倍です。そもそも関西電力はですね、まあ長くなるのでここでは止めときますが、あと小麦とか飼料が上がるから食肉とかね。石油製品でいえばそもそも輸入だし服なんかも上がるんじゃないですか。とまあ、生活必需品はこれから上がりそうです。コストプッシュ型インフレといいます。悪いインフレなんですが、話が逸れるのでここでは名前だけ覚えておいて下さい。

つまりですね、円安になって大企業は儲けているが一般庶民は苦しむ、でも大企業に働いている人もいっぱいいるから悪くないでしょって考えてるという疑念が湧く訳です。実際にはGDPも30兆ぐらい増えるんで全体で見ればプラスなんですが果たしてそれでいいのかは議論の余地があります。中小企業で働いている人たちの方が圧倒的なんだからその考えは不味いのではと考えるのが普通なんですが、そういう質問も新聞記者はしないんですよね。

え~、特に某日経新聞なんかの経済欄を読んでいると記事が表面的過ぎてだからなんなの?って記事ばっかりです。記者のレベルが酷くて聞いたことしか書けないから無理なんで政府や官僚はほくそ笑んでます。何が権力の番人なのか意味が解りません。情けなくてもはや笑えないレベルです。ちなみにウォールストリートジャーナルなんかたまに読みますがよく取材されています。

あ、円安ですね。その構造と需給ギャップと経済対策に話がいくまでに疲れて来たので次回に続きます。毎度のことながら、すいません。

 

 

つづき

現在の経済状況をついに解説!するんかぁ!?

円安と経済の話をしよう。

まず国葬の私の「イメージ」はどういうものかというと、「いやいやあのねえ、ここんとこ散々話してきたやろ、まだ言い足りんのかいな?あんた円安と経済の話をするって今言ったじゃん、言ったよね?」と思われるかも知れませんが、まあそう言わず前提として必要なんで聞いて下さいよ。

え~、改めまして国葬のイメージとは、まず国民の休日となり国民全員が喪に服す、というもので、端的に言うと「大喪の礼」、平成から令和になったように今上天皇が崩御されて代が変わる時にと言えば似ていると思います。もうひとつ、国家元首、つまり国際的には日本の場合、今上天皇の参列は欠かせないというものです。喪主といっていいかも知れませんが、日本はややこしいので(憲法学者がうるさいので)ここではあえてそういう事にしておきます。

今回、今上天皇は参加されません。休日にもなりません。つまり国際的に見れば国家元首が参列されないならば各国も国家元首の参列を見送るというのが通例です。なので今回の安倍元首相の国葬には各国の大統領、国王などの参加は皆無であり、ナンバー2以下の方の参列という事になっています。副大統領とか、韓国なら首相とかね。

岸田総理は9月初めに大々的に「国葬」を行うと言ったのですが、今は実際には「国葬儀」と表現していてですね、当初の目論見からかなりスケール縮小された感が否めません。つまりですね、世論の反応を見てそれに合わせる、「検討」して合わせた、もう全てにおいてこれなんですよ。この総理は(大見得切って国葬するっていったんならちゃんと国葬しろよって話です)。国葬をするって堂々と発言-世論から反発が出た-まずいと思う-検討する-ダラダラ時間経過する。こんな流れで言った瞬間からどんどん後ずさりしていく岸田総理の姿が目に浮かぶのは私だけなんだろうか。

これは私の推測でしかないんですが、この方。ずっとこんな生き方、処世術というんですかね、これがやりたい、国民の幸せの為にここをこうしなければならないっていう国家観や成長戦略がないんです。他人から見ての評価しか気にかけて来なかった人生なんで経済、安全保障、国際関係論、医療、教育、社会福祉など勉強する暇もないくらい周囲に気を使ってきた(総理になる為に)。なので知識が全くないっていうね、能力的にどうしようもない総理なのかなと思う訳です。いいんですよ、そんな見識なくったって。近所のオッサンならね。しかし近所のオッサンは良くても総理大臣はもっとしっかりしてないと困ります。

ということで、このオッサン、もとい岸田総理。経済、特にマクロ経済、為替の仕組み、経済安全保障(国防)なんか何にも解ってないのではと思わせるほど答弁は中身がありません。しかし、そこは解っている人たちに任せるというのがトップの仕事だと思っているのでしょうね。その為に官僚や学者がいるのだと思い込んでいるのではないかと想像します。そういうもんじゃないと思いますけどね、上に立つ者の役割というのは。

こういう言い方をすれば解り易いと思いますが、もうメチャクチャ儲かっていてどんなアホ息子が社長になっても20年は潰れないって会社の社長(トップ)なんかは誰でもいいんですよ(いつかは潰れますが笑)。まあ総理の場合比較的短期間で交代するからたまに無能な人がなってもすぐ変えればいいですがや、有事の時、リーマンショックや東日本大震災のあとや危機的状況の時は立て直し方を知っている人、つまり原因・現状分析や戦略立案が人任せじゃなくて自分で出来る人がやらないと、官僚や学者が間違えた時に軌道修正出来ないでしょ、というのが当たり前ですというね、前提です。特に日本の経済学は勘違いしている学者や官僚多いですから尚更に暴走しちゃうと困るんですよ。出来る人を登用する人事権を裏で駆使しつつ、パワーバランス考えながら自分が思っている理想に近づけようとする人がトップの責任であり役割であると考えています。

しかし、キッシー。全部の判断が他人がどう思うかなんですよ。理念がなければいけないのに、またないんだが、世論形成術に長けてるだけで、え~、これってとても危険なんですよね。これが新しい資本主義なのかという冗談はさておき、宏池会といいう組織は本当に勘違い集団なのではないのかという疑念すら湧いてきます。しかし一方では政権を固める人事、自身の総理在任期間を延ばす人事にかけては巧いとしか言いようがありません。向いてる方向がそもそも違うんですよ。

今、円安なのは円安を望んでいる人たちの顔色を見ているから(この点、私は戦略的に歓迎ですが次回に詳しく解説します)。超基本的な経済の土台、需給ギャップを埋められないのは財務省の顔色を忖度しているから。それが電気代や輸入原価の高騰に泣く多くの人たちの顔より重要なのでしょう(総理を継続するうえでとても重要なパートナーですから)。なので、この人が総理になった瞬間からこうなることは予想通りだし、もう交代以外改善する兆しはないと断言しておきます。嘘だと思えば1年後この文章を読み返して下さい。

でもね、民主主義で選ばれた総理なんですよ。僕たちの選んだ総理なんですよね。僕は適任ではないと数年前から解っているし、お手並み拝見というぬるい考えは民主党時代に嫌という程に駄目であると証明済みですから、完全否定でしたがなっちゃったんですよね。後ろに知識と教養の塊、安倍さんがいるから大丈夫と高をくくってました。痛恨の極みです。しかし責任は僕たち一人一人にあります。

長くなったので円安・経済の前提までで今回は終わっときます。次回に続きます。みなさま、長くなって申し訳ありませんが今回もお読みいただきありがとうございました。

 

 

つづく

 

日本式バカ発見器!?情けない・・・

日本が世界に誇った国際政治家が非業の死を遂げたのに、故人を悼むどころか、罵声を浴びせ続ける現象に「なぜ日本はここまで墜ちてしまったのだろうか」と思えてならない・・・これは作家、門田隆将さんがある雑誌の手記で書いた一文である。

まさにそうだ。そう思う自分が間違っているのかとも思えるほど世間と私の感覚はズレているが、ここではジョージアの駐日大使であるティムラズ・レジャバ氏の言葉を紹介しておく。

「たった一人でも国外からの来賓があるならば国民が一丸となって対応することが日本の懐ではないのでしょうか?故人に対する目に余る言動に心を締め付けられております。問題があるとすれば機会を改めて吟味すればいいのではないでしょうか?今は政治ではなく日本全体の姿が試される局面です。私は全く必要なく悲惨な死を迎えてしまった安倍元総理の英霊を敬い、歴史に残る国葬となる覚悟で出席を表明致します。」

蓮舫、辻本、宮本亜門、ラサール石井、挙げればきりがないが君たち、よく聞くのだ。国葬問題や統一教会問題はバカ発見器なのだ。黙っといた方が身の為だし、かつ将来を担う子供たちへの害悪ですらある。子供たちは反面教師としてみるのもウザがり傍観者、無関心に走っていて悪い兆候だ。またいま、YAHOOのニュース、ネット記事とかで様々な個人、だいの大人たちがコメントを残しているのを目にするがほとんど違和感を覚えるものばかりだ。外国人から見たら不思議極まりないだろう、この国は。私なんかは、国葬で日本分断を諮る工作員に簡単に乗せられるバカたちがこれほど多いとは実に情けないなって思っていますけどね。

いつからこの国はこんなにも劣化して「いた」のだろう。教養がここまでないって、どんな教育受けたらここまで酷くなるというのか?政府は教育こそ国益なのがまだ解らないんだろうか。

一方では「最近の政府や政治家ってひどいですよね?」って声もこの人から聞くかぁ!?って方から複数、聞くようになってきました。みんな「国民の劣化」を本能的に察しているのも実感しています。民度は確かに低いと、危険水域は超えているとは思いますがや、まだ希望も残っている状況というべきか(政府のレベル=国民が選んだ結果という観点から民度と表現しています、常識ですが念の為に言っておく)。これを読んでくれてる少年少女の皆様よ、アホな大人になっちゃダメだよ~(少女はいないか)。

あ、また円高・経済解説(ホリエモン・ひろゆきより詳しい)でけへんかったやんけ!私も劣化しているのは間違いない事実である。

 

 

おしまい