年間60冊読んでてボケたら終わってる

大体1か月で5冊以上の本を読むようにしている。今読んでいるのは田中元子さんの「1階革命」だ。彼女のXなんかは賛同できない発言が多く(笑)見る価値が無いと判断しチェックしていないのだけれど(笑)、著書は「マイパブリックとグランドレベル」も読んでいて建築デザインと建物の存在意義についての考察は素晴らしい着眼点だと尊敬しております(笑)。

なぜこの話をしようかと思ったかというと知る人は知る、そろそろ建物を建てる頃合いかなと感じているからです。その建物で商売をしようとかそういう意欲は無いのだけれどみんなが集まれる場所を提供したいというのはある。その核となるのがコーヒーであり日本酒であり有機野菜であり牛肉になるのかなと今現在は思っています。こんなに世の中で美味しいものがあるのを共有したいという欲求からですかね、一言で言うと。その意味で極めたいという一心で普通の人よりは数多くの日本酒、名店と言われるお店、世界中の牛肉、コーヒーのお店に散財ではなく先行投資してきました(笑)。要するに得意分野と言えると思います。なので居酒屋で日本酒を僕に出そうとするオーナーの方は注意して出して頂きたい!という嫌な客の側面も持ってしまいました(笑)。話はコーヒーに戻しますと、最近特に自家焙煎とか豆専門店とか増えてきていますが、僕の考えるコーヒーとはという話。コーヒーは売らない(笑)。周囲の喫茶店さんには申し訳ないけどフリーコーヒーをやりたいなと思っていて今回はコーヒーの話をしたいと思います。

そもそも私はコーヒーを30年以上で10000回はドリップしてきました。それゆえに豆はこうで焙煎はこうでとかというのは確かに細かく神経質になっていた時期もありました。だって本当に美味しいものには理由があって論理的に説明できるからです。でもね、そんな堅苦しい事どうでもいいじゃない?楽しく飲めればOK、それだけで十分じゃないかと最近思うんですね。

最近でもコメダとかじゃなく昔ながらの喫茶店で本を読みながら煙草を吸いながらコーヒーを飲んでいたんです。つまり一人で静かに(笑)。だって本を読みに立ち寄ったようなものだったからさ。カウンターでいると、なのに全然知らないお客さんがめっちゃ喋ってくる。そして会話の中で僕の知らないことを勉強することになる。そのお客は忙しそうに帰っていくとマスターはそのお客さんの事を話してくれる。そこから話は展開して最後は水口町の避難場所の話になって行政の問題点について意見交換することがあったのだ。つまり全然本が読めなかった(笑)。僕が喫茶店作るなら喫煙者以外は禁止にするとかアホな話も交えつつコーヒー一杯で広がった。次回お店に行ってその日のお客さんがいたならこちらから雑談をしかけるだろう。コーヒーの縁だと思う。

そう、コーヒーは人と人を繋ぐものにもなり得るのだ。だからこの豆でこの焙煎は浅いとかどうでもよく自由なのである。とはいっても最近の酸味重視の流行りは美味しくないと思っていますが(笑)。好き嫌いは仕方ない。しかし注意するのは水、これは重要。それとドリップする時間。豆は好みなんで何でもいいんです。僕は焙煎に興味がないので焙煎済みを買っています。お店は老舗で60年以上焙煎しているのに僕が勝てるわけがないという理由です。無駄な抵抗。勝ち負けじゃないけどこのお店は「本当に美味しいものは一つしかない」という矜持でやっておられるのに逆らいたくない(笑)。でも淹れる人によって全然違う味になるのがコーヒーの面白言うところであるのよね。性格が味に出る。しかも日によって変わる。いろいろ試したけど楽しみながら研究し続けていて。猿田彦の社長が言ってる淹れ方が今のところ簡単で美味いと思う。まあそんな感じだ。

「1階革命」は文字通り1階のデザイン革命である。肩ひじ張らず足を運んでいただきたいスペースの提供。周囲の住人の方々の人生に彩を加える事が出来たならこれ以上の喜びはない。サウナも作って屋上に露天風呂も作ってとアイデアはあるのだが予算の都合もあるが無理をしてでも成し遂げたい。僕がいなくなっても何らかの管理方法でのちの世の中にも建物は生き続ける。存在意義は永遠であれと、誰もやってこなかったものが出来るというのは僕にとっては痛快な事なのだ。と書いてしまったからにはもう後には引けないと自らプレッシャーをかけつつ第2弾も構想はある。これは少なくとも2億ほどかかるので死ぬまでに出来るか微妙ですけどね。どっかに落ちてないかな。

ちなみに世界の牛肉はアルゼンチンのアサードが一番美味い(笑)。

 

 

 

おしまい

 

 

最強あさ8。BANならないうちにみるべし(笑)

昨日の「あさ8」は最高だった。

次に総理になってほしいアンケートについてだが、僕は前からここでも書いてきたけど政治家になるならある程度の教養と知識が無ければ立候補できないという資格テストを課すべきだと。弁護士も医者も美容師でも調理師でも試験受けて合格しないと民間では仕事に出来ないのに政治家は金さえあれば誰でも出来るという構図はやはりおかしい。法律作るのが仕事の政治家が憲法の事解ってないなど言語道断だと思うのだけどそんな輩ばっかりだ。そんな素人同然の輩に政治させてるのは異常過ぎる国である。そら国会での上げ足取りの質問とか裏金とかアホ過ぎる問題も必然だろう。外交、歴史、文化、一般常識も解ってない。特に経済知識は悲惨だ。日銀キッズコーナーにも書いてることが解ってない。政治家は自ら襟を正すべきだ。それは地方議員も同様にしなければならない。

R6 02/23【ゲスト:島田 洋一 / 森下 つよし】百田尚樹・有本香のニュース生放送 あさ8時! 第315回 (youtube.com)

1:24:00~が見どころ。有本香さんにあとで怒られるやつ、神回と言われる所以ですので是非ご覧下さい。しかし島田洋一名誉教授。地上波(正義のミカタ出てはるけど)では絶対に無理(笑)。普通に考えれば異常過ぎることも、今までそうだったからとなんの疑問もなくやり過ごしてる世の中は不幸でしかない。一気には変わらないが50年後には変わってないと。こんな不幸続けてたら子供たちが可哀そう、というジレンマを抱えながら今を生きてます。

 

 

おしまい

 

スタンフォードは理系です

凄いなあ韓国。

医学部の定員増は許せないと研修医が集団辞職だと。医師不足を懸念した結果、今以上に不足するとは何やってんだか意味が解らない。行き過ぎる幼少期からの競争社会で育つとこうなっていしまうのだろうか。目的は人を医学で救う事ではなく、今まで勉強してきたのは金持ちになる為、社会を見返す為だけだと疑わざるを得ない。親が学歴で不遇な経験をしてきたからこそ子供にはそんな目に合わせたくないという親心からこのような事になっているのだけれどや、このような子供たちは勉強は出来ても頭は悪いんじゃないかと思うと受験勉強の意義を考え直さないといけないんじゃないのか。受験勉強のおかげでアホが育つ。出生率は世界最低。自殺率は世界最高。韓国の20年後はどうなっているんだか興味深いが日本もいい勝負をしている。

ちなみにいうと佐々木麟太郎のスタンフォード大入学。大学は人を育てるという基本理念をずっと守って今があるアメリカの教育はやはり凄いとしか言いようがない。鳩山由紀夫元首相もスタンフォードの博士号持っているというのは置いておいて、大学というのは国の将来をしょって立つ若い人に高度な教育を施すというのが国家プロジェクトとして本来の姿であり、高度な教育という投資はリターが大きいというのも実は研究結果として確立されている。したがって子育て支援を税収で賄うなどというのは愚策中の愚策である。子供のいない無関係なオッサンがなんで俺が負担せなあかんねんと嘆くのは当たり前で教育国債発行で将来の大人たちが受益者負担で返済すればいいだけの話だ。こんなでたらめな制度設計した誰かはアホだし、止められなかった周囲の関係者もアホだ。話はそれてそうでそれていない。

つまり、政治家も官僚も頭悪いんじゃないかということだ。普通に考えたらありえないような政策を平気でやる。日本の政治家は代議制で国民の代理であるが国民の意見を全然聞かないという特殊な構造になっている(笑)。ではなぜそうなってしまっているのか?政治家は国民のレベルと比例する。おかしいだろ!責任者出せ!っていうのも知識がいるのだ。

佐々木麟太郎くんの将来は明るい。たとえメジャーで野球が出来なくても社会の役に立ちたいと思って行動している。野球が人生の全てではないと。つまり大谷翔平選手とは違う道で世の中の役に立ちたいとあの歳で考えているのだ(佐々木君はMLBのドラフトかかれば退学して行くだろう、それがアメリカの大学野球というもんだ)。

国家の最も重要な項目は教育ということになるのだが、それは会社も変わらない。社会とか組織とは何万年も前からそういうもんだ。その為にはトップがいちばん勉強を怠ってはいけない。総理であり社長であり、あらゆる代表が。

あ、それから言わなくていいことを一言言っておく。受験勉強の為の塾ほど悪質なものはない。金と時間の無駄である。成績は上がったところでアホになる。え、なんでって?4年前に書いた「僕はこう考える教育論その1~3」に書いてます。今読むと幼稚だな(笑)。

 

 

おしまい

稲作伝来から考える遺伝子と刷り込まれた記憶!?

弥生時代に稲作が伝わりだいたい2000年くらい僕らは米をメインに食べて来た。その為に米を消化するのに適した内臓に適合、進化してきたと考えて不思議ではない。特に大腸とか。

例えばスポーツ医学で試合前に摂取する食べ物で最も消化するのが早い食べ物というとアフリカ系の人はイモ類、欧米は小麦、アジア系は麺類というのは科学的に証明されてたりする。各地域で積み重ねられてきた食生活に応じた腸に進化し遺伝しているのだろう。腸だけでなく狩猟民族と農耕民族の意識の違いも長年積み重ねて来た文化というか刻み込まれた記憶なんかが社会生態学的に興味深い。

これはあくまでも説なのだが日本人は乳製品を採り出したのは明治以降である。それまで納豆や味噌や梅干しなどの発酵食品で乳酸菌を採ってきた(ほんまかいな!?)。僕なんかは鈍感なので何の変化もないが乳製品の摂取を数か月辞めるだけで原因不明の体調不良が嘘のように治る、特に女性の極度の生理痛などが無くなるなどという報告は実際にあるらしい。つまり何千年も採ってこなかった食べ物が体内に入って来て身体がびっくりしていてもおかしくはない。肉類なんか日本人は最近食べ始めたばかりなのでまだ内臓が消化に適していないかも知れない。ちなみに私は食品添加物、化学調味料、一切気にせず採っていて暴飲暴食もこの歳でまだしている。理由は手遅れだからである(笑)。

話を戻して、そう考えると長年土やほこりにまみれ何万年も過ごしてきた人類の身体がコンクリートの中で清潔さに囲まれ生活している今の日常は当たり前のようでも実は身体が慣れなくて拒否反応を起こしていても不思議ではないのだ。心理的な病状の原因は実はここにあるんじゃないかと考えられる。それだけ今の日常生活というのは何万年からすると一瞬なのだ。意識は適応していても身体自身が適応していない可能性もあるだろう。

趣味で野菜を作り始めて今まで触ってこなかった土に触れ体調が良くなるという話も良く聞く話だ。これは土に含まれる雑菌に触れる事で体内が活性化されるんじゃないかと個人的には思っている。実際どうなんだろう。最初書いてきた食物と遺伝の話からかなりそれたが心や体が疲れて来たら野菜を作ってみるのもいいかも知れない。

 

 

おしまい

いちいちそんなに怒るなよ!?

大谷グローブを市役所で展示したのが「子供の為に寄贈したのに勝手に展示するな」との批難を受け、別府市役所が謝罪したというニュースが26日ありました。「学校に配られた物を勝手に展示するのは納得がいかない」、「市長の私物のように感じる」などの意見があったようです。小学校の校長から保管に不安があり1月の校長会で配布すると教育委員会が決めたとのことでそれまでの期間、暫定的にみんなに見てもらおうと市役所に展示したとの事。しかし急遽打ち切り即納品することになったという。批判した人は満足なのかもしれないけど即謝罪しなければいけないほどの事か?なんかギスギスした世の中である。息苦しいと思うのは私だけか。

このように文句を言う人が増えているのはネットで無記名批判がしやすくなったからでしょうけど他にすることないんか?と思います。一側面だけ捉えて批難するのは簡単ですが物事はそう単純ばかりではないのではと思いますけどね。

そやけど腹立つのは裏金問題。政治資金収支報告書の記載漏れで逮捕になるかならないかの金額は4000万円以上は捕まえる、それ以下はきりがないので見逃すというのがラインです、大雑把に言うと。4000万円の基準は実はありません、捕まえて見せしめにしやすい議員が4000万円以上だったというだけの事です。つまり適当です(笑)。

その後や問題は。4000万円以下だった議員は「うちは150万円」「うちは300万円」謹んで謝罪すると同時に2度と起こさないようしっかり管理致しますとしゃあしゃあと名乗り出るバカが出ているのが問題です。150万円、300万円にしても脱税対象ということを解っていないのか?これ立派な犯罪ですよ脱税の(笑)。

もちろん、収支報告書の記載漏れという事で修正すれば納付は免除されるという腹でしょうが、元々の悪意は拭いきれません。修正なしに税金納めろっていいたい気分だ!

そういえば昔、5億円貰っといて収支報告書の修正で罰金5万円払ってお咎めなしだった議員がいたのを思い出したぞ!30年前から全く変わってないやんけ!!

あ、気がついたら私が文句ばっかり言ってました。

でもね、泥棒が金庫の設計図描いてるような、泥棒が刑法作ってるような、こんな腐りきった政治資金規正法は少なくとも第三者が作らないと駄目ですよ。立法調査費も作り直せよと思いますね。この話は長くなるのでもう止めますがや、ちゃんとしようよ。ちなみに「政治」にお金がかかるのではなくて「選挙活動」にお金がかかるという絶対真理をこれをお読みいただいてる皆様は認識して頂きたいと思います。これ、その先の闇の話です。そのうちまた書きます。

え、お前はどうなんだって?

はい、謹んで謝罪を申し上げると同時に罪発防止に邁進いたします。特に自動車の運転につきましてはより努力いたします。

 

おしまい