基本的に大人の事情はショボい精神なのだ

静岡県の知事が鈴木氏になった。あのスズキとは親戚関係にはないようだが浜松市長時代の政治資金収支報告書には1000万円を超える献金が記されている。今回リニアとは別に静岡に新しいドーム競技場を作るという案があるのはあまり報道されていない。老朽化が進む浜松市内にある球場の建て直しということで県民1人当たり1万円の負担となり建て替えとなるのだが旧球場はどうなるかというと新しく陸上競技場となる。誰が使うのかというと主にスズキの陸上部という表沙汰になると選挙が不利になりかねない案件を新しく当選した鈴木氏は選挙戦中は口を閉ざしたという経緯がある。

本来なら地元メディアが報道するべきなのだがスズキから多額のスポンサー料を頂いている大人の事情上黙っておこうとなる訳だ。また数千万円の企業献金の見返りとして新しい工場の土地整備や設備投資に億を超える補助金が投入されるかどうかは知らないが、これが政治ってのも正論だ。住民に還元されるという意味では間違ってない、と思うがメディアの対応は姿勢がしょぼい。ドーム型競技場は公共投資で地元も潤うはずだ。集客できれば飲食店、宿泊施設その他も活性化する事だろう。そのこともしっかり報道してそれも含めて投票するというのが本来のあるべき姿だろうが。自然破壊をいうなら交通手段は江戸時代に戻って徒歩だろう。百歩譲って水資源の枯渇も現在報道されていて実際に干上がっている池や沼も実在するが、別のところから水を引っ張ってきて終わりの話だ。それだけの科学や土木の技術があるんだからどうってことない。リニアの何が問題だったのかは実は何もなく、騒いで遅れただけだった。なのでまあとにかくとっととリニアを進めるべきなのよ。

 

 

おしまい

 

経済アナリストは嫌いです!?

とあるお客様から残価据え置き型のクレジットの利用意味がまったく解らないというお声を頂きました。それは僕の出番ですと腕をまくり上げ車を買う現金があれば投資に回し、クレジット手数料を上回る利益を上げる方が数学的にお得ですよといつもの説明をするんですが、やはり投資に対するアレルギーというか恐怖心を拭いきれないのが普通の神経というものです。「えっ、そやな。やってみるわ!その方が得なんやろ!」といってすぐに始める人に僕は出会ったことがない(笑)。投資詐欺が横行してて胡散臭い話に警戒感は持つのは当然だ。一応言っておくと私は他人の資金は頼まれても運用しない主義であることは述べておく(笑)。身内でも絶対にしない。自分でやるから楽しいのだ。そう投資は楽しいのだ。

Podcastで4月18日の「飯田浩司のOK!Cozy up!」を聴いていたら滋賀が誇る経済アナリスト馬淵磨理子さんがこんなこと言ってまして。概要をいうとこんな感じである。

「最近学生向けのセミナーなんかで月7000円だけでもオルカンでもSP500でもいいから投資すると45年間で大体3500万円になると予測されてます。月5000円なら2000万円なのでやった方が絶対にいいと言ってます、NISA利用してね。」だと。

45年というのは20歳から始めて65歳を念頭に置いたものだ。月7000円だと年84000円でしょ、45掛けて378万円がなんで3500万円になんねんと(笑)。まあね30年前のトヨタの株は当時130円、現在3500円前後なので言わんとすることは解るんだが証券会社の回し者というのも本人が自覚してなくてもあると思う(笑)。

まあ大体、投資信託というものは年間1%くらいの手数料を取られることを忘れてはならない。なんかの金融商品を100万円所有していても毎年1万円持っていかれます。45年ですと45万円ですね(笑)。大きいでしょ。でも他人任せなので自力感はない(笑)。好みの問題なので別にいいんだけど。

なので投資信託は買ってはダメとはいいませんが仕組みは頭に入れておいた方が良いでしょうね。配当が年4%だとすれば実質3%ですが当然、銀行の普通預金よりお得です。

まあそやけど株は下がるでしょと。下がる時に売るから損するのであって売らなければ一時的には下がりますが10年、20年、30年保有してれば元本割れしない時期が絶対にありますから現実的には倒産しない会社の株を買わない限り問題ありません。もうちょっというと大きくても業績が低迷する企業の株には手を出さない事です。解りやすくいうとトヨタやJRやドコモは低迷しないのではないでしょうか。配当も適当にありますし。

まあ300万円で車を買うとどのくらいでしょうかね、金利が5年で25万くらいですか。現実的に配当4%だと年12万、5年で60万、60-25=35で35万お得でしょと言ってるだけなんですけどね。

海運輸送の会社の株は数年前から配当が年15%とか無茶苦茶でした。タンカーが世界中で不足してて注文殺到だったんですよ。1隻完成まで2年くらいかかるので2年間は不況知らずだと。その為、それ目当てで買いが殺到して結構上がりました。僕も2年くらいその恩恵を受けましたが絶対に下がると思って早めに売ったんですね。1年前くらいですかね。現在1.5倍くらいにまだ上がってますように予想が外れても損しなければいいんです。欲張る方が怪我しますので。ちなみに海運会社の現在の配当は3%くらいで平均的です。

学生とかでもお小遣いで積み立てNISAやってるご時世で僕は正解と思います。投資というと売り買いがイメージあると思いますけど売らない投資もあるんです。その意味では僕はトレーダーをちょっと軽蔑している節もありますね(笑)。古い人間ですから汗かいて働けよと。

この話で重要なポイントは私は投資は肯定してますが、トレーダーは否定しているところです(笑)。そして自称経済評論家、エコノミスト、アナリスト、全部嫌いです(笑)。特に日経新聞関係者は嘘ばっかり言って素人を食い物にすんな!と言いたいが、実はそんな戦略的な思考ではなくただ無責任でいい加減なだけなのではないかと思っています。もしくはZの工作員か(笑)。

馬淵さんの仰る通り3500万円は何も誇張した数字じゃないですけど、僕は今の感覚でいうと実質1300~1500万円くらいの貨幣価値じゃないかなと思います。普通に経済成長すればですね。事実、ここ30年で日本を除く先進国のGDPや平均株価は8~10倍になってます。ここが読めないんだな、日本の経済政策はめちゃくちゃなので。というかZのせいで貨幣価値が残っているのかも疑問だが(笑)。あまりいうと税務調査が厳しくなりそうなのでこの辺にしておきますが節税してないので来ても困らないんですけどね。

ちなみに馬淵磨理子さんはどっちかというと応援してます(笑)。僕が金融関係者を嫌う理由はこの動画が解りやすいです。

冒頭のお客様は現金は手元に置いたうえで残価据え置きクレジットをご利用いただきました。

 

おしまい

えっ、来てたん!?<音楽のリマインダー2>

好きか嫌いかという話でいえば僕は「挫折」が好きだ。僕の今までは挫折と失敗で出来ているといっていい。嫌なんだけどそれがなければどんなジャンルにしても成功はないと思うからだ。成功というと大げさだし自分は成功者でも何でもないが、目標には失敗と試行錯誤の繰り返しでしか到達しないというのが当然であると思うからだ。そんなことはないよ、要領よくやって成功することもあるよと仰るのであれば真似してみればいい。大谷翔平ですら例外なく挫折している。それと挫折を何度も経験した人間の生命力は強い。肉体的にも精神的にも確実に。

(ちなみにこれをコンビニで買った豚の生姜焼き弁当を食べながら書き、弁当の味の実況中継もしながら書きたい)(いや、そんなんせんでええよ笑)

今日は土曜日。これは音楽のリマインダーである。先週にですね「ザ・スミス」の1stアルバムを初めて聴いて友人にこれは凄いと触れ回って誰も見向きはしなかったと書いた。スミスはその後、80年代の英国で最も偉大なアーティストと世界が認めたという事から俺の見る眼は凡人とは違うとも書いた(笑)。それは横に置いておいて、ビートルズやストーンズなど大御所はともかく80年代から現在にかけてこの人も偉大な人物となってしまったのがポール・ウェラーである。凡人とは違う眼を持つ僕が言っているのだから間違いはない(笑)。というか世界が認める偉大な人物である。なのでどんな奴なんかなと簡単にご紹介してみたい。ちなみにジャムの若造時代がこれである。そらモテたやろ。

詳しくはWikiを見ていただくとして(出た!)、まあそりゃそうだな、ここで経歴を紹介してもしょうがない、これは聴いたことあるのではないだろうか?ポップな変わりように賛否両論。

(しかしコンビニ弁当もここまで来たか、この豚肉、めちゃくちゃ柔らかいが豚肉の味が全くしない、古い肉の冷凍をぷりぷりになる薬品と保存料を生姜で隠してるような味、しばらく腐らんだろう、もはや肉の繊維質もない)(どんな味やねん笑)

朝のフジテレビから流れて来たと思われるこの曲はスタイルカウンシル時代の代表的な1曲である。硬派なジャムを解散させてお洒落なスタカンで時代を表現しようとしたのは理解できるが当時は総スカンだった。スタカンでファン層をつかんだのは束の間、またもや解散させてしまう。確かにあのままジャムを続けることは有り得なかったし、スタカンも違ったのだろう。この時代で生き残ったバンドも実際にいない。ここで長い低迷期に陥ることになりソロ活動を始める。日本でも小さなライブハウス回りをしていたのは本当に信じがたい事実だ。まさに終わってる、大挫折といっていいだろう。そんな記憶の彼方ドラマ「おしん」のような苦労時代の真っただ中、登場させ成功へと導いたのがこの曲というとちょっと違うかも知れないが僕の大好きな曲である。Into tomorrow。

今年は本当に調子が悪い。というのも年初の6年ぶり来日ツアーを知らなかったのだから。痛恨の極みというか去年の夏ごろからボケていたことになる。そりゃ仕事も私生活もリズムに乗るのは難しいだろう。ただしボケているのでリズムすら読めていなかった気がする。

(しかしこの弁当!肉の下にひいてる玉ねぎやスパゲッティも味濃いな、舌先が痺れるからあとで喉渇き地獄にならなきゃいいんだが)

しかしウェラー65歳。オアシスのノエルなんかも兄貴と慕う人柄と面倒見の良さ。苦労が顔に出ているのが良いんだが、そんなこと気にせず人前で歌い、ギターをかき鳴らすのだ。好きなことをやってるだけ。それが出来る、言える人はやっぱり強くてカッコイイ。挫折を何回も乗り越えた顔の皺が強さを表現しているようで自分の目指すべき姿はここにあるし(だから僕はスキンケアはしない笑)、それはもう数十年変わっていない。なので今日はポール・ウェラーを通じて僕の好きな生き方をご紹介させてもらったともいえる。今回はあんまり音楽ではないな(笑)。

(分野としては食材なんだろうけどコンビニ弁当ははたして食べ物としてこれからも存在するのだろうか、こんなもん食べてると味覚が判別出来んようになるぜ)

最後にこれもかっこいいのでのっけとく。名曲のひとつ、Sunflower。

ほら、やっぱり喉乾いてきた。批判を恐れずに言おう、コンビニ店主も思ってるだろう。子供にコンビニ弁当は食べさせてはいけない。大人は手遅れなのでどんどん食べたらいい(笑)。それとベル&セバスチャンの来日だけは今からチェックしとこう。

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エコバニって何!?<音楽のリマインダー1>

文学的なものを書いて欲しいと思ってました。先日ある方からそう言われたんです。

そういえば10年ほど前はそんなものも書いていた気もする。書きたい意欲があったのだろうが今はそういう気力も筆力もないから書いていないのだと思う。だけどニーズがあるならやってやろうじゃないかという気もするが、また今度にしよう。要するにそんな文章書けるか!!なのだ。

ということで毎週土曜日は音楽に関するリマインダー、音楽について書いていこうと思う。先日ポッドキャストであるラジオ番組を聴いていて名前は忘れたがITジャーナリストの方が音楽もサブスク(今や当たり前だろうけど最近知ったのだ)の時代だしお得なのでやった方が良いと言っていた。なんせ月々1080円かなんかで1億曲だか聞き放題らしい。たまたまなんかアルバムないかなとAppleMusicみていたら一か月間の無料体験があり元々始めようと思っていたのでのってみた。そう、今乗ってる車なんかBluetoothしか音源ないから仕方ないのだ聴こうと思えば。ちなみに土曜日は音楽のリマインダーとか言って朝礼では継続こそ力と言っている私だが、行動と言動がもっとも一致しないのが私の特性である。

ただし、スマホの音源は所詮悪いと断言していいものである。くるりの岸田繁さんは金出してでもCDプレイヤーといいスピーカーを部屋に置くべき、出費した元は取れるからと、著書「石転がっといたらええやん」の中で言っている。本当にそう思う。ただしもうCDなんか売ってないからね。無理やねん。

で、最近よく聴いているのが1983、1984年あたりのネオアコである。皆さん、このちんけな名前の付け方「ネオアコ」って知ってますか(笑)。ご存じない方はWikipediaで調べて下さいなのだが、その関連で出てくるわ出てくるわ、忘れていたバンド名が。代表的なものをあげてみよう。

アズテック・カメラ、オレンジ・ジュース、エブリシング・バッド・ザ・ガール、ザ・スミス、プリファブ・スプラウト・・・

拡大するとスタイル・カウンシル、エコー&ザ・バニーメン、ザ・キュアー、プリテンダーズ・・・ってネオアコなのか!?ニューウェーブじゃないのかと。まあなんだかこの時代は雨後の筍のようにいっぱい出て来たんですよ、バンドもジャンルも。だいたいニューウェーブってなんやんやねんって言いたいところですがこれも時代でした(笑)。

ザ・スミスもネオアコに分類されているんだと今更ながらに思います。そして今も王道的に聴いているベル&セバスチャン。やっぱり僕はネオアコが好きなのかなと現在車ではアズテック・カメラの「High Land、Hard Rain」をサブスクで聴いている。そういえばこのCD持ってたなと。気が付けばどこへ行ったのだろう?

ということで月額千円ちょいで1億曲なので始められる方はぜひアズテック・カメラの「High Land、Hard Rain」を試しに聴いてみて下さい。で次は80年代イギリスで最も偉大なバンド、ザ・スミスの「The Smiths」。「The Queen is Dead」が最高傑作と言われているが1stの「The Smiths」は名曲が揃っている。スミスの歌詞は当時としては異様に異質で文学的でもあった。ジャン・コクトーの映画「オルフェ」から引用されたアルバムジャケットは当時も今も異質に文学的だ。ね、文学的で締めたでしょ。

そういえばコクトー・ツインズっていたな。

 

 

おしまい

 

補足:Youtubeで当時のスミスの映像と歌詞を確認してみるとやはり凄かった。当時、友人たちに聴かせたりしていたが理解できない凡人ばかりだった。というのもスミスの現在、友人たちの現在地と歴史が証明しているからだ。僕も凡人だが(笑)。

 

不思議だが彼も人間だった!?

僕は小学校3年生くらいからボクシングは数千試合観てきています。現在、Youtubeなどで過去の試合は観ようと思えばすぐに数千試合観れますが、観る集中力は薄くなります。長年かけての違いはここにあるのではと思うんです。そんな私が終わってから言うのはズルいんですが昨日は少し嫌な気配を感じてました。

1に武居由樹が予想に反して勝った事。武居選手の勝利は感動的だったし良かったと思います。ここに至るまでのドラマもあるので文句はないですよ。しかしここで番狂わせが起きたことで「番狂わせの流れ」が作られたのかもという疑念、かつ前座3試合全勝という絶対に負けられない状況が作られた事は大きい要素かなと。変なプレッシャ-、アドレナリンそりゃ出るでしょと。バカじゃないんだから。

2には34年前のタイソンの敗北という現実。確かにタイソンを取り巻く状況は悲惨だった。本人も全く練習しなくて遊んでたという井上尚弥との違いはあまりにもあるが東京ドームには魔物がいるかもしれないという疑惑は拭いきれない。現実に大番狂わせが起こったのだから。タイソンを堕落させたという時系列の魔物といったら解りやすいか。

3つ目はレフリーが山中慎介VSネリと同一人物。因縁をここまで持ち込む方がおかしいと思う。負の重なりと僕らの業界では呼んでいる(何の業界やねん!笑)。こういうのを跳ね返す力があるかどうかなんですよ、僕らの業界で問われるのは(だから何の業界!?)。以上が空気を汚す外的要因として存在した

4つ目は入場行進の時の表情と行動の違和感。顔の表情が普通ではなかった。かつて長谷川穂積さんがモンティエルに負けた時と同じ気配を感じました。あの時は長谷川選手のお母さんが亡くなったという背景があり、いつものメンタルではなかったというのが顔に出ていたと思います。因縁のネリ、本人の思いは別にして詰めかけた日本人の思いとしては圧倒的に身も心もボコボコにして欲しい願望があったと思います(笑)。そして東京ドームというマッチメイクには日本ボクシング史上最大のマネーが動いてます。とりを締めくくる存在としては全てのユーザーニーズを満たすファイトをしなければという本人が否定はしても気概はあったでしょう。なので普段はしない煽りがあった。絶対に盛り上げなくちゃいけない、そんなメンタル面での違和感を感じましたね。布袋は悪くない(笑)。これは内面の問題で空間を歪める要素となった

始まってみればやはり乱暴だった。そして身体が堅かった。筋肉がリラックスしていないのでスピードも普段からすると遅かったように感じました。で、問題のサプライズですが、この時絶対王者が崩れるのは内山高志さんがコラレスにやられた時のようにこんな感じなのかなと悪夢が蘇りました。井上尚弥もやっぱり人間だったんだと思い知らされた瞬間だった。ビデオを見ればこっちの思惑とは反対に本人はいたって冷静でしたけど。

2R以降は通常運転で全く触れさせず打ち込めていたので時間の問題だった。にしてもネリはよく戦ったと思います。あの井上尚弥からカウンター取ろうと前に出る戦略は今まで誰もとってこなかった姿勢ですから。ちょっとやっぱり頭の中身がぶっ飛んでます。あ、ドネアもそうでした。

この試合観て思うのは・・・亀田史郎さん、良く聞いて下さい。と言いたいのは「失うものが何もないネリが捨て身で来たらネリが勝つ」というのはちょっと違う。減量失敗して体調不良だったり、メンタルが原因でいつも通りの動きが出来なかったり、自分のパンチで拳を痛めたり、バッティングで流血したり、という条件が重なれば負けるかもしれないという話。技術、ボクシングIQ、スピードもパンチ力、耐久力もそうですが、レベルの差が圧倒していた。8角形くらいのパワーチャートが互角でないと太刀打ちできないというのが特に2R以降は証明できたかなと思います。もちろん根性はとても重要ですが試合となるとあらゆるものが絡み合いますからそう単純ではないと。

次戦はサム・グッドマン。いい試合を期待したいです。例えばこの選手も例えば上の階級のフィゲロア選手もそうだと思いますが井上選手に対しては一定のリスペクトがあるような言動があるので試合が決まったとしても侮辱ともとれる変なパフォーマンスをしない、そんな紳士的な姿勢があると思います。この前のガルシアがいい例ですけど変なエンタメ性がどんどんエスカレートしていると思います。もう当事者が言うしかない。言えるのは井上選手だけなんですよ。

「みんな試合前は俺が最高だとか、病院送りにするのは間違いないとか言いたいこと言ってくれてますけど、勝ってから言えと言いたいですね。相手へのリスペクトがあってスポーツだと思うし僕はいつもそう思って戦ってきた。ボクシングを貶める自傷行為だと僕は感じていて、どんどん薄っぺらくなっていく危機的な状況ではないかと思いますね。エンターテインメントはリングの上で表現すればいいだけの事ですから」と、言って欲しいなあ。

 

 

 

おしまい