確実なる不審死!?

こんなん書いて大丈夫なんだろうか?

ユニクロは買わない。個人的な思想だ。この考えに賛同も要らない。理由はウイグルである。原材料の大半はウイグル自治区から供給されているからだ。

アメリカは強烈に反対している。EUは国によって温度差はまちまちだがEUは特に人権問題には神経質なので概ね反対である。中国と付き合うと金持ちにはなれる、そのジレンマとのはざまでバラバラである。フェアに申しておくとアメリカも人権問題については強固な姿勢を保ってはいるが、そもそもアフリカ系アメリカ人に対してしてきたことを持ち出されると何も言えなくなる。それよりも世界の覇権を握られかねないという事で強固なブロックチェーンからの排除を行っている。ちなみにれっきとしたWTO違反である(笑)。だがそんなもんは以前から無視でいい。

南米やアフリカなどは他人の心配するよりも自分が大変なので動きはない。では一方でウイグル人と同じ宗教を信仰しているアラブ諸国はどうかというとほとんどの国で無関心を保ってます。不思議です。

同じイスラム教を宗教とする同胞が24時間監視下に置かれ、強制労働、言語のはく奪、改宗、中華思想の刷り込み、焚書坑儒、からの家族の監禁、人質、強姦、殺害までされているのは亡命した証言者がアメリカ、イギリスなどの議会で証言しています。つまり証拠は山ほど揃っている事実です。なのにアラブ諸国は何も言いません。ちなみに公明党の山口代表も何も言いません(笑)。

イスラム教では神様に許されたものをハラームと言います(その逆はハラール)。豚は食べてはいけないし酒も飲んではいけないんです。肉も牛・羊・鳥なんかも基本的に駄目なんですがお祈りしながら下処理されたものはハラームだったりします。ウイグル人はそういう生活をしている訳ですよ、イスラム教だから。これは決定的なんですよ。何がって?

汚されていない肉体の持ち主なんです。僕の臓器なんて死んでもイスラム教徒の移植手術には使われません。豚・酒、その他の肉いっぱい採っていて汚れまくっていますから。でもですよ、並の金持ちでは到底追いつかないアラブの金持ちの間では中国に頼むと臓器移植が瞬時で出来るというね。ハラームの臓器です。しかもドナーに適切かどうかの下調べは強制収容所に入った時にデータ管理されているんでしょうか。一瞬で出来るという事はどういうことかご想像にお任せします。昔は東南アジアの安い共同宿で朝起きたら身体に縫い目があったとか、そんな話ならまだマシって話です。人が不幸にあっても自分が幸せならいいのか?

日本で売られているソーラーパネルも現在ほとんどウイグル製です。東京都はソーラーパネル付けないと家建てちゃ駄目って法律作りましたけどね。

ウイグルで何が起きているか?先ほど書いてきたようなことは十分すぎるほどに知っている小池都知事が決めました。ウイグルの人たちがどんなに苦しんでいようが女性初の総理になる為か、莫大な金を得たい為か知りませんけど。どちらにしても中国に恩を売る方がこの先重要なのでしょう。

怖い世の中です。

 

え~、私の死因は長らく煙草による呼吸器疾患だと思っていましたが、今より毒殺か不審死だと思われます(笑)。でもね、僕この問題10年前から吐き気がしてしょうがないんです。

権力のある方、権力がないにしても特に有本香さん、僕はひとり不買運動しか出来ませんが頑張って下さいっ!!

 

 

 

おしまい

ストレスのおはなし その2

北新地の小料理屋の物件に8千万円の保証人である。コロナ禍で新地から1000店以上の飲食店が消えたというのにここが勝負処だと捉えて勝負に出る。一般的に考えて…勝算ありだ。低コストで交渉できるチャンスでもあるからね。だがしかし、僕には興味も義理もない(笑)。僕はM氏に連絡した。

「ついに僕にも8千万円の保証人になって欲しいとの要請が来るほどの男になりましたよ(笑)。」

「それ実質オーナーやで。その気があればいいんじゃない(笑)。」

よく考えたらそうなのだ。新地の小料理屋の共同経営者。響きのいい言葉じゃないか!

でもねえ、僕の人生の目的はそういうのには興味もないし、喜びもない。ただでもお断りする話である。だってそんな時間的余裕がもうないものね。能力の器を超えているから。僕にとって飲食店は通うもんだ。共同経営なんか仲たがいして終わりだろう。

後日、「Tさんに話したら、この話乗ってええで」と言ってたわとM氏から聞かされる。そう単純な話でもないだろうけどTさんなら上手に捌きそうだ(笑)。無論、連絡は取らない(笑)。

 

TED(テクノロジー・エンターテイメント・デザイン)は様々な分野の専門家による講演会を主催している団体ですがYoutubeで動画をアップしてておすすめです。何より私が忌み嫌う日本の大学教授や専門家ではなく、世界の最先端の科学者、研究者、経営者たちの講演というのがポイントです。日本では全てのジャンルで周回遅れやガラパゴス化しているのですが、ここでは世界の本流が解ります。ストレスの解釈についてもまさにそうです。

僕が言いたいことは、僕が言ってるんじゃなくて世界最先端の精神学者や精神科医、教育の専門家が言ってる事実。科学的に証明されている訳ではないし時が経てば覆されるかもしれませんが最新の仮説ではあります。まあね、動画見てもらった方が早いんでちょっと紹介しますね。

ケリー・マクゴニガル: ストレスと友達になる方法 – YouTube

9年も前の動画なんで最新ではないですが、日本では依然としてストレスは身体に悪いと教えられているし、僕らも親も子供に未だにそう教えています。

アンジェラ・リー・ダックワース 「成功のカギは、やり抜く力」 – YouTube

出た!GRIT!!死んでも成功したいと思うならストレスで参ってる場合ではなくストレスをエネルギーに変えて前に進めですと。よく考えたら当たり前です。失敗?そんなもん永遠に続くもんじゃないだろ?むしろ飛躍のための必要不可欠な経験だろ?僕の身体は失敗で作られているよ。

【教育】日本人が捨てた根性論に科学的な根拠はある!褒めて伸ばすと比較した驚きの実験結果とは!? – YouTube

バレンちゃんのこれが一番易しいかも。何事もポジティブに捉えないとやってられん。そりゃしんどいよ、他人や社会のせいにしたくもなるさ。でも逃げないって大事だよな。

 

僕たちは子供たちの脳の方向を真逆に変えてあげないといけないのだ。それが出来ないというなら一生苦しむことになるけどそれでいいのかって話じゃないでしょうか。もちろん、僕もストレスを感じることもあるし、ストレスを意識することがダメと解っていてもそれによって体の調子を崩す時もあります。でもね、そんな時この動画を思い出して、これは神様が与えてくれた成長のための試練なんだ、負けてちゃダメだと「わざと」思うようにしてます。この窮地を脱するにはどうすればいいか?論理的に考え、時には他人の力を借り(アイデアではなく行動や仕事内容)、仮説を立てて問題を解決できるようにそれに沿って行動します。暫くすると問題は解決し、振り返ってみると実に幼稚な問題でつまずいていたのだなと笑えて来ます。幼稚でないことも勿論ありますがその時は「よくやったよな」と自分を褒めてあげたくなります。その積み重ねが自信となって相乗効果を生んでくれればいいかなと思っています。そして思うのです、クヨクヨと現状を維持することが時間の無駄でしかないと。時間に慈悲はないですからね。

僕の人生の目的はさておいとき、目標はくよくよしてても始まらないので前向きに前へ笑いながら進むって事でしょうか。出来れば多数の人たちと。完成形がどうなるか解りませんが死ぬまでそれを続けることが僕の目標です。では目的とは何か。それはまたの機会に語りたいと思います。少しでも参考になればと書きました。長い文章お付き合いいただきありがとうございました。

頑張れ、友よ。

 

 

おしまい

 

ストレスのおはなし その1

Sから電話があったのは数か月前で会社のキッチンでカップラーメンを立ち喰いしている時だった。いきなり電話をしてくることは今までもなく、電話をしてくる際はいつでも事前にラインで今電話していいと聞いてくる配慮の性質だった。だから只事ではないなと思って電話に出たのだが、その予想は的確であった。Sは長らく北新地で働いている。かねてからいずれは自分の店を出したいと言っていた。電話の内容はその候補物件が見つかったので今すぐ押さえたい、なので保証人になってくれないかとの電話であった。金額を聞くまでもなく断りなのだが、一応聞くと八千万だという。俺には法的にも問題があり無理だと訳の分からない事を言ってすぐに電話を切った。常識と非常識を論じるのはこの世で最も嫌いだがなんと非常識な電話なんだと思った。

これは前回書くと言っていた短編小説のくだりではなく事実である。Sの当時の心理状況を推察してみると精神的にかなり追い込まれていたのだろう。僕はかねてからバランスシートが読めて、精神的に異常なタフさがないと情熱だけではどんな商売でも必ず失敗すると思っているのでSの成功はもう祈るしかないレベルである。だがしかし、ラッキーや人脈が相当重なれば成功も否定できないのも事実でもある。まあこの時点では僕はSの敗北を予感した。元来、長い期間におよび精神的に苦しんできたSはカウンセリングも受け、薬も服用している。もしオープンしたら何回も通ってあげようとは思ってもいるが、もって1年半だろう。

そのSからお決まりのあけおめラインが来た。その後、調子はどうだと返すとバタバタとクリスマス頃からストレスもあって体調を崩して最悪だったと来た。やっぱり駄目だなと思った。そしてこう返す。

「バランスシート読めるか?それとストレスという言葉は今から封印する事。使えば使う程、脳に悪い、身体に悪い。」

こう返って来る。

「貸借対照表?よめない・・・ストレスとは別の話?その単語は駄目なのかな?言霊みたいなもの?言い換えなら?言い換えもNG?」

そしてこう返す。

「否、ストレスの解釈。呼び方の問題ではなく意識の問題。心の問題。貸借対照表を読めない経営者は実に多いが本来は経営してはいけないってレベルなので勉強するように。時間は十分にあるだろ?詳しい解説はどちらも少し長くなるからまたな(笑)」

というやりとりのくだりが実際にあり、ストレスの本題はここから始めたい。まあ、大した話ではないのだけれど現在ストレスとの向き合い方で四苦八苦されてる方が実に多いと思われます。特にZ世代、中高大の学生、小学生においてもそうだと思うのでよろしくない社会の空気だと思う。健全では全くない。ついつい書いちゃった、許せ友よ、S(笑)。見てないだろうとは思うけど見てたら参考にしてくれ。でも思考回路が出来上がってるから(固まっているから)受け入れないんだよね~(他人の意見、カウンセリングの先生以外)。ここポイントなんだよな。今回はここまでで次回に続きます。てか、書いてたら鍋焦がしちゃったじゃないか!会社でカレー作ってる方がおかしいけどさ。

 

 

つづく

この国のエリートは本当に頭が良いのか?その1

月刊HANADAの1月号、門田隆将さん寄稿の冒頭で「ああ、やっぱりエリートが日本を滅ぼすのか」とあります。これは防衛費に関わるテキストだったんですが様々なジャンルにおいて同じことが言えると感じざるを得ません。私も言っていいでしょうか。「これ考えた奴は絶対にアホや」。

私はマクロ経済学が面白いので自分なりに学習しているつもりですが驚愕した岸田内閣の経済政策があり、ご紹介したいので以下に記します。日本の賃金問題についてです。みなさん共通の関心事だと思いますし、この国のここ30年間で最も致命的な欠陥でもあります。

大幅に拡充した賃上げ促進税制の活用や、赤字でも賃上げする企業に対する補助金の補助率引上げなどにより、中小企業の賃上げを後押しします。

だそうです。

まず言っておくと前提として賃金は労働生産性が向上しなければ上げられない訳ですよ。例えば不景気になって大企業がリストラに走るとします。そうすれば失業率が上がる訳ですね。そうなればどうなるかっていうと労働者は立場が悪くなります。びくびくして働かないといけない雰囲気はともかく解雇された労働者はとりあえず職を見つけないといけないですよね。賃金条件が悪かろうと背に腹は代えられないというんですか。そうなれば企業は安く労働者を買いたたけるっていうね。不景気は全ての悪なんです。そして注視するのは失業率の動向でこれは絶対条件です。

逆に景気が良くなれば人手不足になります。受注が好調でもっと造れればもっと売れるのに今の人数ではもう限界といえば解り易いでしょうか?これは需要と供給のバランスと言ってトントンならベスト。需要が供給を上回れば高くても買う人が多くなるので物価が上がって会社も儲かって給料も上がると思っていいでしょう。供給が需要を上回ると商品が余る状態ですから会社は儲からず賃金は渋られます。これを需給ギャップといって日本はだいたいここ30年は20~40兆円需要(購買意欲)が低いんですよ。なのでずっと不景気なんですよね。ちなみに現在は20兆円のギャップがあります。埋めてやらないと景気は良くならないのは世界の常識なんですが日本はなぜか無視してるんですよね。財務省の増税教の経典には載って無いようです。

話が逸れそうなので元に戻しますと失業率が下がればどうなるか。人手不足になり企業は多少の犠牲を払ってでも人を雇いたくなる。もちろん、能力のある人をってのが理想的ではありますがそんな訳にはなかなかいきません。中小零細企業なら尚更です。なぜならば、就職情報提供サイト、ハローワークに提示されている平均年間収入がはなから低いからです。それは中小零細企業の生産性が低いから仕方がありません。無い袖は振れないですからね。つまり、国家をマネジメントする政府は、政府の最大の関心事であるべきというのは景気と生産性の向上だというのは当然といえるでしょう。

赤字でも賃上げする企業には補助金を出すんですと?「やったー!今度就職した会社は赤字だけど国から補助金貰ってるらしーから結構給料あるんや!ラッキー!」って誰が言う?そんな会社将来不安で誰が継続して働きます?だいたいこんなクソバカな施策を誰が考えた?会議で出たとしてもアホかと一喝して終わりでしょって言いたいところですが自民党の公約集に実際に明記されてるんだからほんともうね、深刻にダメですよ。本来なら優秀とされる官僚でしょ、これ考えたの。政府も頭の悪い人達で固められてるんで修正もしないですしね。

失業率が最低の限界まで下がる。何度もここで書いてますがNAIRU(ノン・アクセレーティング・インフレ-ション・レイト・オブ・アンエンプロイメント)といいますが、これを達成すればしばらく継続させると(1年~2年のタイムラグがあるが)深刻な人手不足になり、企業は競って採用に走らざるを得ません。それは賃金であり、働き方改革であり、やりがいが感じられる職場というふうにポジティブな意味で競争するのが市場原理ってものでしょう。しかしですよ、それだけでは不足していて賃金を上げるためにはその原資というべき、今はやりの(笑)持続可能な経常利益が必要でしょと。本質はここ「労働生産性」に尽きるんですよ。ではどうするか?

ちなみに最低賃金を2500円にせよとか言ってる野党もありますが、お隣韓国ではとっくにそれやって大失敗しています。

しかしね、いろんな規制があって生産性がなかなか上がらないのも事実としてあります。規制緩和すれば生産性が上がる訳では無いですが、確実に良くなる業界もあるのも事実です。賃金を補助金で賄うのではなく、教育費や設備投資に補助金を使って生産性を高める地盤を造らないといけません。どっちかというと今回は賃金より需給ギャップの話になったような気もしますが(笑)

少なくとも当社においては国に頼らず画期的な方法論を来年中にまとめたいと思います。自分が無能かどうか問われる来年になりそうです。しかしここまで財務省や政府の批判を書いてていいんだろうか?そのうち痴漢かなんかの濡れ衣で逮捕されるんちゃうかと。電車では女性に近づかないようにしよう。

 

 

おしまい

TSMってなに?

半導体不足で様々な商品の納期が大変な事になって久しいです。しかもグローバルの合言葉がまるで正解のように日本に限らず、米国および各国の精密機械や部品をですね、低賃金で製造させるアジア圏、主に中国にシフトさせていったわけですよ。輸送代差し引いてもそちらの方が低コスト、つまり儲かったからです。しかし、コロナによるロックダウンによって半導体以外の部品も工場が閉鎖され、例えば車なんかですと配線などが手に入らずに完成車が作れない状況も多々ありました。だったら国内で作れよとはいえ、事はそう単純でもありません。今まで200万円で販売していた車が300万円になっても、それはそれで大変ですと。その意味では今年の冬も更なる納期遅れが発生するのも時間の問題であると僕は覚悟してます。

さて、半導体に話を戻します。半導体といってもいくつもの種類があり、大雑把に区分けするとゲーム機、スマホに搭載されている半導体は次世代半導体といいます。これは4Gのスマホだと3個入っています。5Gだと8個入っているそうです。ゲーム機もそんな感じで複数個入っているのでしょう。知らんけど。そして高額です。

車の半導体は汎用半導体といって1台あたりに何十個も使われています。まあ言うても20~30年前の設計で古くて簡素。さらに安い。

みなさん、聞いたことありませんか?コロナによって巣ごもり需要が増えゲーム機が飛ぶように売れたおかげで半導体不足に陥っている、などと。ほとんど、不正解です。アホなニュース記事読んでるとそんなのが多かったのですが、とんでもない。半導体の会社はより利益を生んでくれる次世代半導体ばかりを製造したからです。なぜならその方が儲かるから。これは世界の半導体製造会社の構造的問題なんですね。僕は今までコストを叩きに叩いてきた自動車産業への恨みだと解釈していますが(笑)、あながち間違ってはいないと思います。アメリカのフォード・モーターのCEOジム・ファーリーなんかはインタビューで「もはや自分たちで半導体を造らないと、近い将来、社員全員を解雇しなければならなくなる」とも発言しています。ウォール・ストリート・ジャーナルには去年の秋にとっくに掲載されていました。さらに詳しく近年の半導体メーカー別の次世代、汎用に対しての投資割合なども掲載されていましたが有料記事なのでモラル上ここでは控えます。まあちょっと言うと9対1ですね(笑)。

あとですね、私の個人的人脈(笑)を使って調査したところ例の熊本における台湾セミコンダクター・マニファクチャリング、通称TSM、そのTSMとソニー(あとデンソーなど)と手を組んだ補助金4760億円のいわば国家プロジェクトがありますが、おそらく現状が20%くらい改善するのが妥当かなというレベルだろうなと現時点では言えそうです。数年先はもう少し効果的に稼働するとは思いますがね。これについて根拠もあるんですが、これ以上は有料コンテンツです(笑)。ただし熊本県の景気は間違いなく熱くなるでしょう。話を元に戻しますと、国の主要産業である自動車産業を守るために経産省の役人がまとめたファインプレーだと思います。

ですがや、もともと半導体は日本のお家芸だったわけですよ。ここらへんでも身近な話として石山のNECなんかはそれで潤ってました。それがルネサスになり衰退したのは記憶に新しいと思います(古いがな)。その原因は実はアメリカの圧力もあったりしたんですが、最大の理由は円高だったからです。円高は輸出が苦しくなる、円安は輸出が潤う、前にも書きましたね。アメリカの圧力とは高い半導体で日本だけが得しやがって!こうなったら中国で作ったるから覚えとけよ!というものです。ざっくり言えば(笑)。それに円高が重なって余計に儲からなくなり日本企業も中国にシフトしたというシャレにならない事態が起きました。

ところが現在は円安局面です。日本で作ってアメリカに買って貰おうというのも戦略としては間違っていません。とすればですよ、アメリカと経産省が裏で絵を描いているかは解りませんがこの円安ってそういう事情で意図された円安じゃないのかなという思慮も頭の片隅に入れておいてもいいんじゃないかなとも思います。

もちろん、国内に生産拠点を移すんであれば長期的な視点で事業計画を練らなくてはなりません。つまりですね、何千億円も投資をして生産ラインを作らねばならない為に20年後も円安局面が続いていないといけないのが条件ですから簡単ではありません。これには実はもうひとつ強力な条件が付きます。アレです。

もう一つ重要な事を書いておきますが、円安というのは経済的には近隣窮乏化といって一国だけ通貨の価値が下がるとそこは輸出で潤うもんなんです。だから他国に嫌われるのが今までの歴史でした。日本もアメリカが怒ってくるから気を使ってわざと円高にしていたと思います(これはさすがに根拠はありません笑)。これと高度経済成長の終わりと、成長を止めた30年の歴史は為替レートと見事にリンクします。つまり高度成長期は日本の労働者が勤勉で寝る間を惜しんで働いたからだという通説ではなく、1ドル=360円という超円安だったからだけでしょという意味です。だから変動相場制をアメリカに迫られプラザ合意により、そこからどんどん円高になって成長しなくなったというのもグラフで示すと明確にリンクしています。実はバブルもあんまり関係なかったんですよ。という話は議論は勿論あっていいんですが、為替レートを用いると簡単に解説できます。日本の経済学者は絶対に否定しますがね(笑)。だったら逆に別の理屈で解り易く納得できるように説明して頂きたいもんですがね~。

どうですか?これを読んでいる中高生の諸君。現代の社会問題から、グローバル社会、経済界の歴史、為替の役割、プラザ合意まで、今日は濃い内容だったでしょう。これに貿易と集団的自衛権の関係も完全にリンクしてきますから国際関係論は奥が深いんです。知っておくと何年か後に必ず役に立つので、マクロ経済学と国際関係論は勉強していた方が良いですよ~。就職もこれ考えてした方がええで。

おまけ。文中のアレとは何でしょうか?これが解ればまずは合格です(笑)。ヒントはバイデン大統領が円安を歓迎しているコメントを残したことです。ボケてんのか事態を解って言ってんのか良く解りませんが。

 

 

おしまい