超簡単・円安解説。

悪い円安。

鈴木財務大臣は4月18日の委員会で「どちらかというと悪い円安」と述べまして、日銀の黒田総裁は「悪い円安ではない」と意見が割れています。

円安になれば輸入するものが高くなるから原油や小麦の値段が上がり、僕らは高いガソリンやパンを買わされる羽目になります。確かに辛いです。海外旅行で買い物するのもハワイでラーメンが1杯4000円なんて話もあり、まあハワイは世界で一番物価が高いんですがまあ行きにくいですよね。

一方で輸出品は儲かります。この間トヨタの決算発表で過去最高を記録しましたが1円円安になれば80億とか100億とか何にもしてなくても儲かります(ホンダの場合は35億くらい)。私は日本の自動車の納期が半導体不足が理由で遅れているといいますが実は輸出枠を増やしてんじゃねーかと考えていて各部署に探りを入れてみたんですが「そんなことは断じてありません」と否定されました。ま、はいそうですとは言わんわな。しかし来年3月の決算発表と輸出車統計で嘘か真かほぼ明らかになるでしょう。あなたが社長ならどうします?国内向けか海外向けかの生産比率変えるだけで2000億円くらい利益出るんだったら(笑)。

円高はその逆。海外旅行で得した気分になり、輸入品が安くなります。輸出産業は火の車で日銀は何とかせんかい!となります。

実は為替レートの超基本は日本のお金の総量とアメリカのドルの総量で殆ど説明できます。簡単にいいますと・・・

日本の円の総量(660兆円)/ アメリカのドルの総量(6兆ドル)

割算すると110円になり過去30年間だいたいこんな感じでこの数式が7割くらいの相関関係で当たっています。まあ今130円じゃないかというのは日本の総量が増えてアメリカの総量が減るんじゃないか、日本はお金を増やすとは思えないけどアメリカは確実に金利を上げるから減らします。そうマーケットは予想して130円と反応しているのじゃないか、というのがまともな説明かなと思う訳ですね。ちなみに金融政策の差を予測する、と言い換えられます。金利を上げるとお金の量を減らさないと大変な不況になるからアメリカは減らすんです。

確かに僕らの生活は苦しくなりそうですが実は全体でみると輸出産業の方が有利になった方がGDPは上がるのは事実です。このままの推移が続くとGDPは年換算で0.8%~1.3%くらい上がるでしょうね。うーん、輸出産業に関わっておられる大企業の方は相当給料が増えて平均を押し上げる、それでいいのかどうかはみなさん!いいんでしょうか?

で、最初に述べた政府と日銀の良し悪しの違いがここにある訳ですね。数学的には日銀は間違ってないと思います。GDP増えるから。ちなみに私が総理(政府)なら増えたGDP分の消費税減税をすれば庶民も助かってうまくバランス取れるでしょで終わりですけどね。それは逆算すると消費税5%が適当かと。Zの影響をもろに受けてる現政権がする訳が無いですが。

そうそう。ついに当店でもやむなくエンジンオイルの値上げを決定致しました。原価は5月1日よりすでに上がっていますがそれまでに仕入れたストックがあるので実質値上げは7月1日からになるようです。なるようですというのはスタッフが決めたことで僕は関与していません。私とは対照的に良心的ですね、うちのスタッフは(笑)。冗談ですよ。ジャパネットのエアコン祭りみたいですがみなさん、オイル交換はこの際お早めに!!

 

 

おしまい

 

 

沖縄なら死んでない!?

知床半島での海難事故で運航会社の社長が会見やって土下座して記者から袋叩きにされてました。そりゃ一番悪いのはこの会社であり、その責任は社長にあるのは判りきってます。むちゃくちゃだという点はいくつもあります。ここは新聞報道通りなので省略します。通りですけれどや。

天候が悪化しているのにどうして出たんですかと、新聞記者や報道の焦点はそこに集中していますがそこじゃないんです。新聞記者は元々バカばっかりだからほっといて、北海道のこの季節の海は天候が穏やかで快晴でも船が沈没したら低体温症で全員死ぬんです。もし沖縄でこの事件が起きていれば高確率で全員助かっていたでしょう。救命具で浮かんでさえいれば3日くらい死にませんから。

問題は沖縄でも北海道でも個人のあそびの船でも旅客船でも運航法が同じって、運航会社に責任押し付けて今回終わりにすればこれまた同じ事故が起きますよ。これを悪しき経験として直ちに運航法の改正を検討しないと、だよ。

斎藤国土交通大臣は「当事者意識が欠如していると感じた。責任者としての誠意を持って欲しい」と指導していくだと。地元の組長さんとか国の関係者が出てきて喋ってるのを聞いてても同じ論調で、「あんたたちの当事者意識の無さがびっくりだ」と呆れるというか情けないというか、何なんですかね政治家の無知っていうのは。あんたら何の為に頭くっついてんの。選挙前は一生懸命にみなさんの安全と命を守りますとかなんとか言っててさ。当選したら責任転嫁の他人事ってなんだそれ!

だからね、若い子たちよ(否、高齢者の方もみなさんも)。政治に無関心でしょうがそれはそれで実際は自分たちの生死に直結してるでしょ。政治のせいで観光船乗ってて死ぬんだからさ。だからこんなこともっと他にもいっぱいあるから、気が付いたら言わないと。なので選挙に行ってアホな政治家に票入れたら駄目なんだよ。だからアホに政治家させちゃ駄目なのよ。

え~、炎上しそうなので今日はここまで。GWなのに失礼致しました。

 

 

おしまい

GW、暇過ぎたらこれ。

これヤバいで。超ヤバです。読めば読むほど世界がいかに戦争以上に恐ろしく蝕まれて腐っていってるかが分かります。実はその代表格がアメリカだったとは。

ノストラダムスは恐怖の大王、誰だったか忘れましたが何年か前に亡くなったチェコかどこかの予言者はロシアが世界を制圧する(原文読めませんのでロシアかどうかは不明)にしても、実はこれのこと言ってるのかと疑ってしまう程にポリティカル・コレクトネスはヤバイ現象です。

そして根本にあるのがアレだったとは。死後100年経っても影響力が失われるばかりか強力に増殖し世界を支配しようとせん恐るべきアレ。アレは凄いとしか言いようがありません。

実はこの本、まだ半分程度しか読んでいませんがポリコレの誕生から現在の状況がどうなっているか、そしてその根底にある原因の誕生から成長の歴史までは解りました。だけど今のところそれをどう対処するかは読んだここまでは書かれていません。最後まで読んでも解決策は書かれていないのではないかと思いながら読んでいます。

でも知っていて生活するのと知らないで生活するのでは大きく異なります。当然この本を読むためにはそれなりの社会経験と社会学の知識も必要だろうけど、ぜひ中学生や高校生に読んでもらいたい本だと思います。興味湧かないだろうけど。

よく、自分自身の体験で35歳の時にやっと解ったことや40歳の時初めて知ったこと、例えば「読書は大事である、マジで」というようなことを15歳の子に言う。その子はその時から本を読むようになれば僕が気付くために必要だった20年や25年の時間がショートカットされるという風にはならないのだ。はるか僕より20年や30年前からそれに取り組んでいれば50歳にはスーパーマンになってるから得だよと言ってもなお読まない。それは僕が15歳の時そうだったようにだ。興味ないと無理よ。お得なのにね、勿体ない。

その根底は教育問題にあります。そして各国の教育を根底から覆そうとしているのが前述のアレということがこの本を読むと理解できるかと思います。そして恐ろしいのはそれはそれに関わっている人々が無自覚で無意識に結果的に破壊してしまっている事に気が付かない点と、周囲の人たちはこんな事が起こっているという事を知らなすぎるという点です。知ってしまえば世界の終わりに向かっているというのをつぶさに感じ取ることが出来るでしょう。ユートピアの逆のディストピア(暗黒時代)の完成にむちゃくちゃ近づいていると。

遡ると100年前にコレが生まれて現在こんなもんだとしたら、あと50年くらいしたらディストピアが完璧に完成するのではないかと思いますが、皮肉にもネット社会の発明によりもっと早くなると思います。勘で言うとあと20年。

20年もしたら僕はもう生きてないと思いますが、現在の子供たちがそんな時代に放り出されるというのは世界は悲しすぎます。それが普通だと生活するのでしょうが(それが社会ってもんですが)希望が持てない生活ほどつらく楽しくないものは無いでしょうに。そんな世の中を子供や孫たちに僕たち高齢者またはその予備軍が手渡していいんでしょうか?

誰が欲しい?そんなゴミ。

ということで、親こそ読んで子供に教えて欲しい。そんな一冊です。これは仕事から帰って疲れているからとか、気が乗らないから読むのはつらい、読書は苦手だから無理、という問題ではなく、子供の将来を思うのであれば必要なことかと思われます。読んだからと言って一人で世界は変えられませんが、知っておくと対応策が早めに採れるかも知れません。ぜひ長いGWやることないからどうしようってなったら騙されたと思って手に取ってみて下さい。アメリカの終わりと暗黒時代の始まりの連動性。トランプの役割。このままいくとヤバいんじゃないのっていう感性。ひっくり返す戦略。一緒に考えたいです。

 

 

おしまい

おまけ・・・文中のアレはここでは伏せますが、長年の研究により学術的に完全否定されています。というか実際は瞬殺ものです。ところが世界中であーだこーだ屁理屈こねながらまだ使い続けているのも事実です。というか最近ではこちらが正解なんじゃないのと大勢の人が言い出す始末。僕には正解という人の思考がさっぱり解りません。まあ思考停止と相性がいいんでしょうねという結論なのだが、その結論で終わらしたらこっちも思考停止やて。100年前のバカの主張がここまで生きのびるとは人間社会は不思議としか言いようがないですが、反対にニーズがあるんだろうけど簡単に論破できるから尚更に歯がゆいです。

22・3・23の楽しみ

ゼレンスキー大統領が明日国会で演説するのがとても楽しみです。

非核三原則守ってたらやられましたとか、軍事費削ってたら攻め込まれましたとか、同盟組んでなかったから誰も助けてくれませんでしたとか喋り出したら大変だよね(笑)。特に立民・共産とか真っ青だろうね。だからくだらない理由付けて演説反対とか言っちゃっててさ。「ウクライナは明日の日本だ!」みたいなこと言いださないように外務省がレクチャーは...出来ないだろうな、よその国の大統領にはさすがにね。

田中優子さんも真っ青だろうな。

でも、この件で思ったのは立民も共産も前述の3つの影響は大で戦争に巻き込まれる確率が上がるのを実は解っていて反対してるんじゃないかと私は個人的に疑っています。つまり、反対している方が職業としての議員として成り立つからわざと反対してんじゃないかと。なぜそう思うのかというと、だって小学生でもよく考えれば違うだろって解るレベルでしょ、こんなもん。

慎重に書かないといけないけどもう少し砕いて言うと、お客(支持している有権者=お花畑の住人、反日主義者、陰謀論者、平和ドリーマーなど)の機嫌を損ねてはいけないので本当の事を言わない、言えない。次回投票してもらえないから。どこが慎重やねん。

言っておきますが、戦争の確率を下げる5大項目っていうのは既に研究されていて、民主主義であること、相互の貿易が多い事、軍事費を隣国と対等にする事、軍事同盟を組む事、これらは国際関係論でいうといろはの「い」です。憲法9条なんかで国が守れると本気で思っている人は他国からみるとお笑いのネタかと言われるレベルです。ただし、別の問題も浮上してきてます。常任理事国がらみで。この先の研究はまだされていません。僕は名案を持っていますが正義の使者として誰か国連に連れてってちょーだい。

しかしね、あまたの政治家に言いたい。この話、みんなの幸せより自分、自分が議員でいられるなら戦争起こってみんなが死んでも大丈夫って言ってんのと同じではないのか?

橋下徹さん。これは相互の言い分がある紛争ではなく正真正銘の国際法違反ですよ。そもそもが。鳥越俊太郎にしろテリー伊藤にしろメディアもよく使うよだよ。知らない人が信じるだろうが!杉村太蔵にとっては黒歴史だな(笑)。

さて、明日が日本の歴史の転換点になるか?朝日毎日がどういう報道するか?週末のサンデーモーニングでどんなでたらめな放送が繰り広げられるのか?楽しみです。

 

 

おしまい

苺畑の午前五時に目を瞑れ

目が覚めたら9時半だった。休みだったので目覚ましをかけずに寝て13時半には京都のアップリンクに行かなければいけないので12時に三雲駅にいないといけない。まだ1時間は布団の中にいられる。こういう時間に最も幸福感を感じる。他に幸せを感じることないんかと思うがまあいいだろう。そうしているとお客様からLINEが入る。上司の狡猾なセクハラとパワハラなんとかなりませんかとの相談である。お客様の困り事はなんでも解決しなければならない。真摯に返信する。再び布団なのだが気が付けば11時。余裕のある日はありがたい。

そもそもアップリンク京都に行かなくてはいけない理由はこうである。前々日にある幼稚園の副園長さんから「今、夢見る小学校っていう映画やってんの知ってます?大原さん、これぜひ観て下さい」と言われスケジュールを確認すると9日水曜日を逃すと日が無い。いつ終わるかも知れないので9日しかないと。車でなくて電車で行くには理由がある。読んでレポート書かないといけない資料や本が溜まっているからだ。家で読めばいいだろ、というお声も聞かれるが家で読む気にならないので電車を使うことが多い。ちなみに3月入って映画は6本観ている。「さがす」2回、「355」、「余命10年」、「フレンチ・ディスパッチ」そして「夢見る小学校」である。2日に1本のペースだがこれは学習の為にも緊張を緩和する意味でも重要な意味があり、僕には捻出すべき必要な時間なのだ。

それはさておき「夢見る小学校」。これは貴重な体験だった。映画館にはひとりで観に来ている男性は私一人。子供と教育熱心なママたちに囲まれひとり観る。茂木健一郎と高橋源一郎はやっぱ駄目だなと思う反面、尾木ママは普段はむちゃくちゃ言うとるけど、こと教育に関しての発言はやはりさすがであった。そして堀 真一郎。このような現場主義の教育者がこの国にいたのだと、人間として凄いとしか言いようがないというか、今自分がやろうとしている事の小ささに愕然とする。これは契機となるだろう。これについてもいつか詳しく書きたい。

地元に帰ってくると昨日から洗濯機がぶっ壊れていたので人生初のコインランドリーで洗濯する。使い方が解らないがボタンを押すとガイダンスが流れる。その前にプリペードカードを買わなくてはいけない。3000円である。プリカ販売機は千円札のみだと書いてあるが2000円入れたところで千円札が尽きる。返却ボタンがなんと無い。なんてサービスの悪さなんだと言ってる暇もなく18時半から地域の未来を考える会議だ。お金を入れたまま隣のコンビニで飲まなくていいコーヒーを買って事無きを得る。プリカ残高2300円。洗濯問題も暫く解決しないだろうしまあいいだろう。会議まで会社に戻って少し資料の整理をする。

会議には宣伝も兼ねて5/29(日)に甲南町プララにて映画「いただきます2」の上映会と菌ちゃん先生こと吉田俊道さんの講演会のチラシを配ろうと主催者の渡辺さんの元にチラシを頂きに行く。これについても後日詳しく案内させていただきます。

懸念していた通り会議は始まるが内容ははっきり言ってグダグダでこれはないなと。組織を動かしていくのはこんなに難しいのになぜまだそこに気が付かない!と心の中で思うだけでなく、僕は嫌われようが実際に発しているのだがどうも理解されていない空気がある。次回呼ばれるかどうかが見ものである(笑)。前回もそうだったがよく今回もお呼びが掛かったものだ。しかし手を打たないと時間の浪費であるのは間違いがない。後日、別の参加者もそう言っていた。

何をするか?どうやってするか?なぜするのか?

例えば今度ね、水口の体育館跡、公民館跡にねコミュニティセンターを造るらしいんですよ。今月か来月かに地域説明会あるんだって。作ってどうすんだと思う訳ですよ。もう地域にはいっぱいあるから。でも、何か形を残すのが市役所の仕事とすれば職員はそこに疑問を感じながらでも割り切ってやっちゃうんですよ。いいかい?これ俺たちの税金だぜ!?30年前の議論をまだやってんのかよここは!?甲賀市はまだ昭和なの?

というふうに愚痴っぽくなりましたが、このような事をもっと生産性のいい事業に方向転換しないと甲賀市は終わりだなと思って夜と休日を使い問題提起しています。ぶっちゃけ、生産性が高い=魅力があるって事なのよ。魅力ない町に住みたくないでしょ。若い人たち。みんな出ていく訳さ。っていうか、誰かやれよ、なんで俺がやらなきゃならないのさ!?って思いたいのだがこれは違うと思う。ここに住むみんなでやらないと解決しないから。そこを、そう、「住民の意識を変えたい」というのがまずやるべき事なのかなと。自分の能力を考えるとめまいがしてきます。

ちなみに家に帰ると洗濯機は新しいのが導入されていた。2300円が消えた。さらに後日談としてセクハラ相談は逆切れされて怒られた(笑)。3月9日は実に自分らしい休日であった。

松村雄策氏が亡くなった。思えばYAHOOニュースに出るのも凄いがコメント欄もそれなりの数があった。これだけみんなに愛されていたのだなと少し見直した。人が死ぬって事はこういう事なのだ。死んだ後にどれだけ残してくれたかを知らされるというか。彼にはワンカップ大関の飲み方以外にも様々な事を教えてもらった。松村さんなくして今の僕はないかもしれない。僕は未だに全く書けていないが美しい文章とは松村さんの書く文章だ。そしてその死すら僕は自然に受け入れる。なぜなら松村さんはジム・モリソンと同じくエヴァーグリーンだから。

「水晶の船」を聞きながら午前五時の苺畑を歩こう。合掌。

 

 

おしまい