超簡単・円安解説。

悪い円安。

鈴木財務大臣は4月18日の委員会で「どちらかというと悪い円安」と述べまして、日銀の黒田総裁は「悪い円安ではない」と意見が割れています。

円安になれば輸入するものが高くなるから原油や小麦の値段が上がり、僕らは高いガソリンやパンを買わされる羽目になります。確かに辛いです。海外旅行で買い物するのもハワイでラーメンが1杯4000円なんて話もあり、まあハワイは世界で一番物価が高いんですがまあ行きにくいですよね。

一方で輸出品は儲かります。この間トヨタの決算発表で過去最高を記録しましたが1円円安になれば80億とか100億とか何にもしてなくても儲かります(ホンダの場合は35億くらい)。私は日本の自動車の納期が半導体不足が理由で遅れているといいますが実は輸出枠を増やしてんじゃねーかと考えていて各部署に探りを入れてみたんですが「そんなことは断じてありません」と否定されました。ま、はいそうですとは言わんわな。しかし来年3月の決算発表と輸出車統計で嘘か真かほぼ明らかになるでしょう。あなたが社長ならどうします?国内向けか海外向けかの生産比率変えるだけで2000億円くらい利益出るんだったら(笑)。

円高はその逆。海外旅行で得した気分になり、輸入品が安くなります。輸出産業は火の車で日銀は何とかせんかい!となります。

実は為替レートの超基本は日本のお金の総量とアメリカのドルの総量で殆ど説明できます。簡単にいいますと・・・

日本の円の総量(660兆円)/ アメリカのドルの総量(6兆ドル)

割算すると110円になり過去30年間だいたいこんな感じでこの数式が7割くらいの相関関係で当たっています。まあ今130円じゃないかというのは日本の総量が増えてアメリカの総量が減るんじゃないか、日本はお金を増やすとは思えないけどアメリカは確実に金利を上げるから減らします。そうマーケットは予想して130円と反応しているのじゃないか、というのがまともな説明かなと思う訳ですね。ちなみに金融政策の差を予測する、と言い換えられます。金利を上げるとお金の量を減らさないと大変な不況になるからアメリカは減らすんです。

確かに僕らの生活は苦しくなりそうですが実は全体でみると輸出産業の方が有利になった方がGDPは上がるのは事実です。このままの推移が続くとGDPは年換算で0.8%~1.3%くらい上がるでしょうね。うーん、輸出産業に関わっておられる大企業の方は相当給料が増えて平均を押し上げる、それでいいのかどうかはみなさん!いいんでしょうか?

で、最初に述べた政府と日銀の良し悪しの違いがここにある訳ですね。数学的には日銀は間違ってないと思います。GDP増えるから。ちなみに私が総理(政府)なら増えたGDP分の消費税減税をすれば庶民も助かってうまくバランス取れるでしょで終わりですけどね。それは逆算すると消費税5%が適当かと。Zの影響をもろに受けてる現政権がする訳が無いですが。

そうそう。ついに当店でもやむなくエンジンオイルの値上げを決定致しました。原価は5月1日よりすでに上がっていますがそれまでに仕入れたストックがあるので実質値上げは7月1日からになるようです。なるようですというのはスタッフが決めたことで僕は関与していません。私とは対照的に良心的ですね、うちのスタッフは(笑)。冗談ですよ。ジャパネットのエアコン祭りみたいですがみなさん、オイル交換はこの際お早めに!!

 

 

おしまい

 

 

命の価値。

前回の内容は我ながら良く出来た文章だなと思っていますが、いかがでしたでしょうか?

 

思った通り国土交通省は批判の矛先が自分たちに向かないようにメディアを使って情報操作やっとんなと感じてまして、長くなるので例は出しませんがチェック機関を自称しているならコロッと騙されてるんじゃねーよ、この馬鹿マスコミ!って話かと思います。新聞、ニュース番組、ワイドショーに接しているとまともな判断が出来なくなるリスクがあることを踏まえた上で接して下さい。特に日経新聞の経済記事は間違いが多いのでお気をつけあそばせ(笑)。

 

それにしても渡辺裕之に上島竜兵。僕も親友をこれで亡くしていますが全くの無力であり痛恨でした。まず心疾患は自殺と結びつきがかなり強いのが基本で大前提です。論理的な思考が出来れば思い留まることも出来ると思いますが、そもそもそんな思考が出来なくなっているのが特徴かと思います。昔このような本はずいぶん読みましたが解ったことは素人は関わってはいけないってこと。しかしですね、実は結構相談受けたりしてるんですよね。専門家じゃないから万が一、僕の発言の影響で自殺ってことになると最悪なんで本当は喋りたくない、専門医にかかってくれと思っていて、それは当人にも伝えていますし納得もして頂いています。しかし僕が話を聞くことに意味あるのだろうかとは思います。

 

しかし日本の自殺率は高すぎる。先進国7か国で悪い方から2番目か3番目。子供の自殺率の高さは世界一です。どうなってんだこの国は!?といいたいところですが実は大体の想像はついています。草食系も出生率低下もかなりの相関関係になるのではないかと思っています。そして個人的にはですよ。実は日本社会というのは自殺率が高くなる構造をしているのではないかという疑念さえ出る訳ですよ。学者の皆さんも解がそうなっているから否定しづらいのではと思いますけどね(ちなみに男性が7割を占め、55歳~65歳がもっとも比率が高いようです。オッサンは要注意って事だな。)。

 

特に子供の自殺に関しては許されない制度の不備があると思います。旭川の事件なんてのは不備の総決算ってもんです。警察、学校、教育委員会、法整備、親の対応、地域とのかかわり方など直ちに改めなくてはいけない点がたくさんあるじゃないですか。各省庁の怠慢としか言いようが無いというのが私の意見ですがや。これもなかなか動かないという事こそ日本の抱える病巣そのものではないでしょうか?

 

しかしね、ウェルテル効果。と呼ばれるものがあります。

1.自殺率は報道の後に上がり、その前には上がっていない。

2.自殺が大きく報道されればされるほど自殺率は上がる。

3.自殺の記事が手に入りやすい地域ほど自殺率が上がる。

いのちの電話とか添えてるけどいっそ簡易報道しかしない、または報道しないというのもメディアの皆様におかれましては考えてみてはいかがでしょう?その上で構造的問題にメディアが切り込んでいかないと状況は変わらないと思いますけどね。

 

自殺するのは悪か?善悪の問題ではないと思います。が、しかしこの50億年の地球の歴史の中で(宇宙を考えればもっと凄い時間です)、自分という個体は一回しか生まれてこないのが事実としてあります。そんな奇跡的数字の中で生まれてきているのだからたとえどうあれ全うするのが筋ではないかと考えています。いろんな議論はありますし人間は自由で判断は人それぞれです。それでもなお、筋が勝ると考えています。

 

でも自分自身でも認知症になったら嫌だなとは思いますね。なった後にはその判断も出来ないですが。赤木しげるの最後は否定しにくいです。ひょっとして2人もそうだったのか?

 

命の価値。その値打ちについては改めて必ずしたいと思います。

 

 

おしまい

福田ますみさんの本、今売れてます。

実は滋賀県ホンダ会という団体がありましてね、昨日はその総会だったんです。そこでの会長の話が鎌倉殿の13人にちなんだ話が出てきてこれは長くなりそうだなと覚悟したらなんと、そこからEQ(非認知能力)の話になって少し驚きました。大体そのホンダ会。会長と私の話はうざいというのは今や定番となりつつあります(笑)。何を喋っているのか解らないことがあるらしく(笑)、その空気はなんとなく僕にも分かります。しかし非認知能力はここでも以前触れましたがとても重要な項目です。昨年から文科省でも教育プログラムに取り入れた経緯もあり今から10年後の新卒のレベルには期待してしまいます。あ、今の人に期待してないという訳ではありませんよ、念の為。当社に入社すれば明らかに向上させます。と、少し宣伝しときます。

カジノ法案。和歌山が辞退して手を挙げているのが大阪と長崎の2か所になりました。選挙前になると特にぞろぞろ出てくる駅前の「戦争反対」、「憲法9条を守れ」のみなさんですが最近はウクライナの件もあり言えば不利になるのが解っているからかそれらを訴えず「カジノ反対」を叫んでます。ほんと頭悪いとしか言いようがありません。ギャンブル依存症のほとんどはパチンコ依存症です。だったらパチンコ屋撲滅が最も効果的なのに誰も何も言いません。なんなんだこれ。ってね、献金貰ってるから言えないだけなんだけどさ。警察にも融通利くみたいだし。僕はここ30年の経済低成長の原因はパチンコ打ってる時間に時間的生産性が削られているのが大きな理由ではないかと疑っています(笑)。こんなことやってる暇があれば働けと。ここでも何度も書いてますが今一度言います。パチンコは日本の恥です。

橋下徹。上海電力というカードが出てきて新局面を迎えそうですが、そろそろ家族はもう彼を休養させた方が良いと思います。しょうもない事言ってる前にプーチンに向かって戦争を止めろと言えって。やしきたかじんさんは泣いてますよ。以上。

脱炭素。原油高と企業原価が上がって来ています。ついにエンジンオイルの原価もGW明けから大幅に上がることになり当社のオイルの日やレディースデイも値上げせざるを得なくなってます。大幅な値上げが上げ過ぎやろと卸業者さんに言えば「実はお正月から上げたかったんですがそこは一回頑張ったんですが耐え切れなくなりまして」といわれ「それが事実だとしたら仕方ないな、嘘だとしても体裁はいいよ」と返しました。半分冗談ですが。キッシーが全て悪いんだ、とは今回はなりません。 というのもアメリカがシェールガスを増産していれば今ほど高騰していませんからね。しかし脱炭素、エコを唱えるリベラル団体に基礎票を握られているバイデン政権はそりゃ増産には踏み切れませんとも。リベラルの理想は理想として現実とかけ離れた政策は正しいと言えるのか?そう考えると実は脱炭素がすべて悪いのではないかとも言えるのではないかと考えるのも悪くはない。こんなこと言うと袋叩きに合うかもしれないがポリティカル・コネクトネスの後ろには過剰なリベラル団体や暴力団体がいるのも実は知っている人は知っています。これは福田ますみさんの「ポリコレの正体(方丈社)」に詳しく書かれていますので一読してみてはいかがでしょうか?今結構売れていますよ。

平安時代や江戸時代の気温も異常に高かったのは木の年輪を調べて解っています。つまり周期的に温暖化はあるわけでCO2は問題だけど自然エネルギーは技術開発的に先祖返りじゃないかと。安全な原発開発すれば済むと個人的には思いますけどね。それより森林伐採とかごみ問題の方が地球にとっては悪と思います。

あ、そうそう、大谷翔平が大活躍です。メジャーは毎日チェックしていますが観客は全員ノーマスクです。イギリスではコロナ感染者でも飲みに出て大丈夫と決まりました。この違い何?これもポリコレですよね。僕はこの世で同調圧力が一番嫌いです。人間は自由であるべきです。もちろん法と道徳を守った上ですが。

当社では近々、壮大な?社会実験を行いたいと思います。やらなくていいものを。さてどうなることやら、ですね。 

 

 

おしまい

がむしゃらにやってるだけでは勝てない!?

ついにやってしまいました。

こちらが何かお判りでしょうか?某コンビニのアイスコーヒーLです。急いでたんでコーヒー入れずに持ち帰ってしまいました。もったいないんで飲みますけどね、氷の溶けた水を。刻々と進行していますね(笑)。情けない。

しかし今現在、本当に情けないのは阪神タイガースをおいて他にないのではないだろうか。昨日はたまたまTVつけたら佐藤輝明のお立ち台だったんだけど、あれで確信しましたね。今年の阪神がいかに駄目かという根本を。

ヒーローインタビューの内容が「サイコーでーす」とか「超うれしいでーす」とか「とにかく必死で食らいつきました」とか言ってる場合なん?置かれてる立場を考えたらちょっと僕には解らない。 佐藤輝明は阪神だけじゃなく球界の才能です。昨年失速した原因を分析し現在のアプローチはこうしてるとか、今日はこのように打撃を構築しいい結果がでて良かったとか語って欲しいのだ。そこに佐々木朗希をあそこまでにしたロッテとの違いを感じてしまうし、大谷翔平も試合後のインタビューで自己分析をかねて受け答えしてるじゃないか。インタビュアーの内容も幼稚だし、それがユーザーニーズだというなら阪神ファンはアホだと言っているのと同じである。失敗した際や変なところで笑顔になるのも勝利に対して集中してないと言えるのではないか。イチローの苦笑いは見たことが無い。そもそも監督が選手と一緒にガッツポーズしているようなチームは終わっている。

もう少し勝ちに対して論理的に再構築しないと浮上は無理だろうな。佐藤も大山も才能発揮出来ずに引退よ。あ、藤波も。才能の墓場か。

それにしてもダルビッシュ、大谷、佐々木に関係するのはパリーグかつあの人だな。吉井理人恐るべし。プロを目指す中高校生のみなさん、指導者はとても大事です。  

 

 

おしまい

日本(特に東大)はまだ「資本論」の呪縛にかかっている?

ここで何回もご紹介している高橋洋一先生のYouTubeチャンネルに神回といっていいのがアップされたので参考にしてみて下さい。現在、特にロシアに注目が集まってますがその基本となっている思想が解り易くてちょうどいいかなと思います。ロシアがどういう国であるかを理解するにもうってつけでしょう。

元日本共産党のナンバー4、筆坂秀世さんも平等を謳いながら党内の序列は完全なピラミッドで差別化されており自由も平等も無いと以前何かの対談で笑っておられましたが、まさにこの動画で良く解ると思います。

まともな事ばかりいうので除名された兵本達吉さんのある雑誌に以前掲載された日本共産党の「黒い履歴書」というレポートを改めて読みましたが、やはり日本共産党は必要のない党だと思います。

党員を餌に自分たちだけが恵まれればいいと、自分たちだけが優遇されたらあとは知ったことではないというのが基本で、その為にだけ国会や選挙を使って私腹を肥やすというのが真理ですから。まあそんなもん今更云うほどの事でもなく誰でも解ってる事ですが念の為。だって若い人達でも共産党から立候補する人たち居ますからね。ま、自由だけどさ。

しかし感化されてその行動の為に働かされている人たち(共産党を支持している人たち)を思うと少し切なくなってきます。世の中の全ての物事は論理的に説明できなきゃ無理ですよ。でもその「間違い」が気持ちいいっていうなら話はまた別ですが。もっといい幸せな人生もあると思いますよ。その判断、判別、意味においてもつくづく教育って大事だと僕なんか思いますけどね。

それとは別にスターリンの「赤い闇」という映画も今こそ観るべきかと思います。この動画と「赤い闇」でI上さんの番組よりはるかにロシアが理解できる事でしょう。

 

おしまい