日本のベッドの数からみる異常事態

大阪の病床数は約90000です。その内コロナ関連病床数は1300で全体の1.4%です。その内の重篤患者に割り振られた病床数は200。これはもうあまりにも少ないのではないかと私など素人は思いますが、これは裏にコロナ患者に病床数を振れば病院の経営が成り立たなくなるという背景があります。経営者なら風評被害も考えないといけないし、働いてもらっている従業員(医師や看護師など)の家族への感染リスク、それに対する当人の精神的負担を考えなければいけないし、そう簡単に増やせないのは分かります。さらにフロアを隔離しなければいけないのでそれだけでも施設の容量と人材不足も大きな壁となっています。公立病院なら行政の指導で強制出来そうですが、民間の病院となると自由経済なので別問題です。という問題があります。

解決策は補助金を投入して病院の収益と個人の報酬の確保、また現在資格を持ってはいるけど携わってはいない看護師OBの一時的なスカウトが急務ではないでしょうか。ともかく行政側は報告ではなく直に現場を見に行って欲しいと思います。そうでなければ問題点はぼやけます。

ところが、政府に聞くと各行政にはたんまり予算渡してるんだけどねぇ、との返答です。これは一理あってそもそもここの権限は知事にあります。という事は知事の政策が悪いのかと、実は良く解りません。こちらからみると責任のなすりつけ合いにしか見えないのでみっともないのですが、改善される気配がない。

臨機応変さがない。これ日本人の悪癖ともいえるけど、状況は刻一刻と変化していくのだからその場その場で手を打てないものかと思います。これも縦割りの弊害であり何年たっても変わらないこの国の政治手法の問題点と言わざるを得ません。

現在、日本の感染者状況は世界的に見れば諸外国に比べ約50分の1に過ぎません。一日当たりの死者数も2桁少ないのです。しかし諸外国では未だ重篤患者用病床数がパンクしたという話は聞きません。一方、人口1000人当たりの病床数は日本は圧倒的世界一であり、人工呼吸器の数も人口当たり世界一です。それであるに関わらず重篤患者用病床数の飽和状況は限界に近づいています。非常にちぐはぐな結果となっています。先ほど述べたような問題はあるけれど日本医師会はまず、GOTO中止を訴えるより先に重篤患者用病床数を増やすよう政府に働きかけるのが先決だと思います。GOTO中止による自殺者の数の方が多いと計算できるからです(ただし中止は1月11日までなので踏ん張っていただきたい)。

最期に韓国がPCR検査を徹底的にやったから感染を防げたから韓国を真似るべきだという報道が夏頃出回っていましたが、現在韓国は感染爆発中です。正しいのは自己管理と自己免疫の強化なのでみなさん、寒い冬に負けないよう頑張りましょう。

 

おしまい

やりきれんが、やるしかない

近頃僕の周りの一般的な普通の主婦でさえコロナに関するメディアの報道に対し胡散くて見ていられないという声が増えていてとてもいい兆しです注1。半年たってようやくクソ洗脳が解けて来たようです。自分でデータ取りに行って考えよう。NHKも最悪です注2。NHKだからこそ最悪というべきか。

コロナの世界情勢をみるならここ。

https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/index.html

日本の現状分析が優れているのはここ。

車の運転に例えると・・・最もコロナに対して頑張ってくれている医療従事者の給料やボーナスが削られているのこの国の運転は異常だ。それが原因で大阪が危機となっている注3。それよか桜を見る会をやる神経なんて運転免許取り上げていいくらいの異常者だ。そんな暇あったら医療業界に補助金出す準備しろよ!国政からバカを排除する画期的な方法はないものだろうか?ついでに報道機関からもバカを一掃したい。お前ら主婦以下だって言ってるんだよ。いい加減解れ!

 

おしまい

 

注1 ・・・ しかし実行再生産数(=一人の感染者が何人に移すかという数値。実は11月中旬から減少してきている。なので11月中旬の個々の行動を維持するのが現実的な対処法ともいえ、GOTOは科学的に批判対象でない)は実は減ってきているという事に言及しているメディアもある。つまりピークは過ぎているのだが、バードのモーニングショーですらこれに触れたのには驚いた。玉川と岡田晴恵は相変わらず××だが。

注2 ・・・ 杉浦友紀アナにはなんの罪もありませんからこれからも頑張って下さい笑

注3 ・・・ さすが大阪人。商売の街と言ってる場合ではない。医療従事者の集団離職は実はコロナより恐れるべきリスクだ。精神的に追い込まれ仕事量が増えているに関わらず収入が減るなどあってはならない事態である。全国的に加速しないことを願いたい(もうちょいちょいあるが)。吉村知事の対応が早いというべき事例。だから政府がただちに補填すべき案件である。

 

ホンマかいな!?

どうなってんだ?日本の報道は全く報じない。

勝負はかくも乱戦よ(アカギ・赤木しげる)。

ルドルフ・ジュリアーニ、シドニー・パウエルが動き出した。

この闘い、是非など問わず(蒼天の拳・霞拳志郎)。

全ての終わりは全ての始まりでしかない(花の慶次・織田信長)。

映画化間違いなし!?IT、AIの台頭が民主主義を終わらせた!?

人類はどこに向かってんだ!?

 

おしまい

大丈夫か!?俺 世界初のレベル3!?

ホンダが今期中に世界初のレベル3を発売すると発表しました。新型レジェンドです。自動運転レベル1、2、3、4、5の違いって解ります?レベル5は未来の完全自動運転化です。これはもう車と言っていいのかレベルの乗り物になっているはず。でですね、この4月に道交法が改正されましてこのレベル2と3の違いが実は目玉でした。レベル2はスマホを触っていると違反、レベル3は「その状態」であれば違反にはなりません。「その状態」というのは自動で運転してる状態で高速道路上かつ、ある条件下でのみ働く自動運転機能ということです。例えば故障した時に車が勝手に減速して車線を認識し路肩に手放しで寄せ停車させるなど、現在のホンダセンシング、プロパイロット2.0、アイサイトXなどでは付いていない機能です。車内に人感センサーが付いていて運転者が前方視界を切るとOFFになるというハンズオフ(自動切断機能)が付いているのも特徴ですね注1。ですからセンサーなども今よりたくさん付いていて軽自動車なら一体いくらになるのかという事から果たして普及するのか疑問ですがとにかく市販化は世界初という事ですね。ただし100km/hとかでは効きません。あくまで低速時のみです(の、はずです)。

日本は規制が厳しくて有名ですが実はグーグルやテスラが地球何周分も公道実験しているのに関わらず日本は0Km、許されませんでした。さすがに2年ほど前だったか緩和されて公道実験OKになったのですが周回遅れもいいとこです。

このような規制に対して某N社のCMでは手放し運転しているというのは国交省に対する挑発!?とも思えますがルノー傘下ははっきり言って日本の役人なんか知るかってな感じと、細かすぎるんじゃいって感じと、役人天国の仕組みに対しての問いかけの意味もあるのかと。日本の企業だと到底出来ませんが、良い事だと思います。

このような日本の規制社会のおかげで白物家電や携帯やスマホはガラパゴス化した経緯を経て世界市場から退場させられましたが、大丈夫か!?日本の車産業!!ってニュースの裏話でした。ちなみにレベル5は30年後というのが僕の予想です。気が遠くなってきた。

関係ないですが僕のスペイン語レベルはレベル0.5です。

 

 

 

Hasta luego!! Muchas gracias!!

 

注1・・・え~、私の認識としてはこんな感じなんですが全く自信がないので間違ってたらすいません。ご寛容な方の優しいご指摘のみお待ちしています(笑)。

論点はそこじゃない

たまにはツイッターみたいに短くいこう。この記事内容は酷い。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0533b6814358b828a164d06cdf94dc6bd486ee8c

論点すらずれている。アメリカの大統領選、大阪都構想、分断を強調するクソ記事しか書けないメディアは頭が悪いか、金の為にわざと書いてるのか、国家の分断を目的としているのかは知らないがクソであることは間違いない。

言論の自由を振りかざし、民主主義気取りを叫ぶほど質の低いものはない。小学生以下のクソどもであるが、コメント欄にはそれに騙されない人たちが増えていることが救い。

平松元市長も含め分断煽ってどうすんの?善良な大阪人を巻き込むな!

 

おしまい