GW、暇過ぎたらこれ。

これヤバいで。超ヤバです。読めば読むほど世界がいかに戦争以上に恐ろしく蝕まれて腐っていってるかが分かります。実はその代表格がアメリカだったとは。

ノストラダムスは恐怖の大王、誰だったか忘れましたが何年か前に亡くなったチェコかどこかの予言者はロシアが世界を制圧する(原文読めませんのでロシアかどうかは不明)にしても、実はこれのこと言ってるのかと疑ってしまう程にポリティカル・コレクトネスはヤバイ現象です。

そして根本にあるのがアレだったとは。死後100年経っても影響力が失われるばかりか強力に増殖し世界を支配しようとせん恐るべきアレ。アレは凄いとしか言いようがありません。

実はこの本、まだ半分程度しか読んでいませんがポリコレの誕生から現在の状況がどうなっているか、そしてその根底にある原因の誕生から成長の歴史までは解りました。だけど今のところそれをどう対処するかは読んだここまでは書かれていません。最後まで読んでも解決策は書かれていないのではないかと思いながら読んでいます。

でも知っていて生活するのと知らないで生活するのでは大きく異なります。当然この本を読むためにはそれなりの社会経験と社会学の知識も必要だろうけど、ぜひ中学生や高校生に読んでもらいたい本だと思います。興味湧かないだろうけど。

よく、自分自身の体験で35歳の時にやっと解ったことや40歳の時初めて知ったこと、例えば「読書は大事である、マジで」というようなことを15歳の子に言う。その子はその時から本を読むようになれば僕が気付くために必要だった20年や25年の時間がショートカットされるという風にはならないのだ。はるか僕より20年や30年前からそれに取り組んでいれば50歳にはスーパーマンになってるから得だよと言ってもなお読まない。それは僕が15歳の時そうだったようにだ。興味ないと無理よ。お得なのにね、勿体ない。

その根底は教育問題にあります。そして各国の教育を根底から覆そうとしているのが前述のアレということがこの本を読むと理解できるかと思います。そして恐ろしいのはそれはそれに関わっている人々が無自覚で無意識に結果的に破壊してしまっている事に気が付かない点と、周囲の人たちはこんな事が起こっているという事を知らなすぎるという点です。知ってしまえば世界の終わりに向かっているというのをつぶさに感じ取ることが出来るでしょう。ユートピアの逆のディストピア(暗黒時代)の完成にむちゃくちゃ近づいていると。

遡ると100年前にコレが生まれて現在こんなもんだとしたら、あと50年くらいしたらディストピアが完璧に完成するのではないかと思いますが、皮肉にもネット社会の発明によりもっと早くなると思います。勘で言うとあと20年。

20年もしたら僕はもう生きてないと思いますが、現在の子供たちがそんな時代に放り出されるというのは世界は悲しすぎます。それが普通だと生活するのでしょうが(それが社会ってもんですが)希望が持てない生活ほどつらく楽しくないものは無いでしょうに。そんな世の中を子供や孫たちに僕たち高齢者またはその予備軍が手渡していいんでしょうか?

誰が欲しい?そんなゴミ。

ということで、親こそ読んで子供に教えて欲しい。そんな一冊です。これは仕事から帰って疲れているからとか、気が乗らないから読むのはつらい、読書は苦手だから無理、という問題ではなく、子供の将来を思うのであれば必要なことかと思われます。読んだからと言って一人で世界は変えられませんが、知っておくと対応策が早めに採れるかも知れません。ぜひ長いGWやることないからどうしようってなったら騙されたと思って手に取ってみて下さい。アメリカの終わりと暗黒時代の始まりの連動性。トランプの役割。このままいくとヤバいんじゃないのっていう感性。ひっくり返す戦略。一緒に考えたいです。

 

 

おしまい

おまけ・・・文中のアレはここでは伏せますが、長年の研究により学術的に完全否定されています。というか実際は瞬殺ものです。ところが世界中であーだこーだ屁理屈こねながらまだ使い続けているのも事実です。というか最近ではこちらが正解なんじゃないのと大勢の人が言い出す始末。僕には正解という人の思考がさっぱり解りません。まあ思考停止と相性がいいんでしょうねという結論なのだが、その結論で終わらしたらこっちも思考停止やて。100年前のバカの主張がここまで生きのびるとは人間社会は不思議としか言いようがないですが、反対にニーズがあるんだろうけど簡単に論破できるから尚更に歯がゆいです。

侵略戦争の基礎知識。どうしてくれんだバカヤロー!

わかっていた事ですがいよいよ動き出しました。戦争です。日頃から会社経営より国際関係論の方が得意と公言している私ですが、その私の界隈ではロシアと中国と北朝鮮の事を「ろくでなし同盟」もしくは「ならずもの同盟」と呼んでいます。共通事項は社会主義または共産主義ともいいますが、これらはトップに立つ人に権力が集中しやすい特徴があり、独裁者が生まれやすい仕組みになっています。人間の欲望は様々でこの場合は出世欲や所有欲だと思いますが、独裁者たちも最初はそうではなかったと思います。成功を積み重ね、これを続けると成功に縛られ、失敗が出来なくなり、次第に身動きが取れなくなります。失敗に付け込む奴らの排除・抹殺も仕事の一部になり、それを継続的に続ける為にさらなる力を手に入れようとする。そしてミッション達成の手段を選ばなくなるもんなんですよ、必ず。成功に人生が乗っ取られるという表現が適切ではないでしょうか。

え?私?

私は残念なことに食欲と睡眠欲に支配されています。それに失敗しかしていないので無関係な話です(笑)。話を元に戻すと、しかもだいぶ戻すとウクライナは民主主義の盲点(欠点)が攻撃されています。

まず共産主義国家は全部ダメかというとそんなことは全く無く、まあボチボチ細々とキューバやベトナムのようにやってればいいんですよ(雑やな)。もちろんキューバやベトナムにも問題点はたくさんありますが僕は特にキューバなんか大好きな国です(カストロやゲバラも大好きです)。共産主義で最悪に駄目なのは国民より共産党の方が大事であるという点です。共産党が生き残る為なら国民100万人殺さなければいけないという時、ためらいなく殺すのを歴史上何回も繰り返しています(ホロドモール、中華大革命、天安門事件など)。今挙げたのは共産主義ばっかりで共産党の人なんかは民主主義でも大量虐殺はたくさんあるだろと反論するでしょう。そう、その通りでホロコースト(ナチスのユダヤ人大量虐殺)は民主主義下で起こりました。しかも選挙で選ばれたヒトラーが起こしたものです。

つまり何が悪いかというと〇〇主義とかどうかじゃなく独裁者がいるかどうか。今、代表的なのがロシア、中国、北朝鮮と見事に日本の周りに集まっていますね。これって世界でも日本の位置って超危険地帯なんです。家の近所に泥棒や殺人鬼の家で囲まれてるって感じ。実感のないところが別の意味でヤバいんですが今回は無視します。

さて民主主義の盲点とは選挙があることです。例に出して悪いんですけど例えば九州の福岡に中国が計画的に大量に人を住まわせて、30年くらい経つとします。そうすると2世なんかも生まれたりして結構なじんでくるんですよ。で、日本国籍を取得したりすると選挙権が与えられます。これは日本の場合は海外に比べ超簡単で金を払えば出来るレベルです。ここはテストに出ませんが最悪な法の立て付けになっています。そんなこんなでそのような人たちを大量動員して選挙を行うと中国系の人が当選する訳ですよ。そうなれば中国の大元の共産党の出番です。独立を宣言させて中国のもんだとか言ってくる。これが今ウクライナで起こっている最初に押さえとかないといけない点です。ちなみに20年以内にアメリカの大統領は中国系になると予想されています。

武器を取ってやり合う昔の戦争は自分たちの被害も甚大で金もかかるのでもっぱら別の戦争がすでに行われています。結果、狙った国からもう合併して下さいみたいな形に選挙を使って法的に奪い取る事です。主に世論戦、心理戦、法律戦に加えサイバー攻撃が主なものになっています。例えばメディアを買収して情報戦を制したり、国会議員の弱みを使って法律を書き換えさせたり、大量の人を送り込んで地元化してみたり。

朝日毎日新聞なんか完全にアレだし、日中友好議連の名簿に載ってる政治家も完全にアレだし、武蔵野市であったアレも完全にアレです(笑)。さらに余計なことを言うと政治家のアレはハニートラップかカネかその両方です。両方で引っ掛かってる人ってある意味凄いですよね。大元は国民がアホだからってのも重要です。アホゆえに他人事で無関心、実際なってみないと解らないというのでは遅すぎます。でも教科書とかいちゃもん付けてきて教育レベル下げさせられてるというのも常套手段です。これウクライナでずっと行われてきた事です。現代世界の侵略の基本中の基本です。

ん、待てよ、これ全部、日本で日常的に目にしてるじゃないか!!!!!

ということで、あ、現在ハリコフまで火の手が上がってる。ここでは小競り合いもなかったのに。ロシアは軍事力ももろに使って来ます。でも実はバイデン大統領が就任した1年前からのシナリオ通りです。バイデンなら絶対に介入してこないと読み切られています。アメリカ軍が動くと核戦争迄想定しなくちゃならず、またここが勝機と中国は台湾に同じことをしてきます。尖閣が先かも知れません。力が向こうに行ってるのでアメリカは出て来れません。もう半導体の騒ぎどころではなくなります。台湾に半導体の生産工場は集中しています。他人事では全くないのです。

普通に自動車の仕事させて下さい。

 

追記・2月25日付の辛坊治郎さんの有料メールマガジンで同じような事が書かれています。こちらは無料でございます(笑)。さらにこっちは1日早い。笑ってる場合ではないですが。

 

おしまい

これもう研究で明らかになってます

4年に1度あるかないかだ。

いえいえオリンピックではなく「責任者出せ!」ですよ(笑)。それが先週2件あったのだ。カスハラ(カスタマーハラスメント)がコロナのうっ憤で増えているという話は聞いていたがこのような身近で体験できるとはありがたいというかなんというか。気に入らなきゃ買わずに帰れば済む話だ。賛否はあるが、お客の定義はお金を払うか払わないかで決まるのが正解である。正解とは何かというと現代社会では裁判になったときに損害があったと認められるかどうかである。つまり法につじつまが合っているかに尽きるのだ。とはいえ心が傷ついたという訴訟なら実はめんどくさい。これが現代社会の現実であり限界である。気持ちが晴れないのはやはり解りますよ。でもその気持ちや心は自分で何とかしなきゃと僕は思います。他責にするのはいろんなものを実は失うものです。最も避けるべきは他責にする癖が身に付いてしまう事。僕はこの行動様式が心を壊す要因になっているのではないかなとも思っています。何より自立心を育みにくい。

さて本日の本題はストレスは意外と悪いものではないという話です。

全国高体連の「明日へのエールプロジェクト」のオンラインエール授業に陸上女子100Mハードルの寺田明日香さんが登場しました。様々な大会が中止になりそれを目標に選手たちはやってきました。質問コーナーで「モチベーションをどうやって維持するのか」という高校生の質問に対し寺田さんはこう答えます。

「モチベーションを維持できないことを悪い事だと思ってない?」

「モチベーションが下がっている中でも、栄養管理とか課題の克服とか、絶対に続けていかなくちゃいけない事ってあるよね?そういうことは継続性を持っておかないと感覚が戻らなくなる。だから大事なのはモチベーションが下がっている中でも『これはひとつ守っておこう』と大切にする事じゃないかな」

モチベーションが維持できないことは自然な事ですと。しかしそれを悪い事だと決めつけるのは人間の勝手な思考だと。今の自分にできる事をしっかりと決めてそれを実行すること。ポジティブに考えることこそが大切であると言い切った。僕は物凄く共感します。

共通して思うのが「チアダン」のモデルになった福井商「JETS」の「ウエルカム・ピンチ」である。ピンチはないよりあった方が成長につながるという教えだ。ピンチを凌ぐとパワーアップ出来るし、それに打ち勝とうと四苦八苦することこそ最も大切な学びの行為であると。

成長を信じてモチベーションの低下やストレスを利用するという行為は、人間が生きていく上での脳の活用の仕方のテクニックです。そうやって僕たち人間は1万年の間生きて来た。裸で洞窟で生活していたのをここまで変えられた要因はここにあるはずだ。それを、苦難を楽しめたら素晴らしいじゃないかと僕は常々言い聞かせています。

僕たちはストレスを悪いものと認識し過ぎで、かつ子供たちにもストレスは悪いものだと教え過ぎなのだ。そんな社会や教育は間違っていると思う。ストレスやネガティブな出来事こそ前に進むエネルギーに利用すべきなのだ。ストレスを薪とくべて心の炎を燃やそう!

LIGHT MY FIRE! COME ON STRESS!!

(なんでスペイン語じゃないんだ!?)

 

 

おしまい

僕はこう考える教育論その3

ここ何年も読んでいないが音楽雑誌「ロッキング・オン」は高校以来最もよく読んだ雑誌の一つである。「ロッキング・オン」は洋楽専門雑誌である。当時ネットも無かったので海外アーティストのコアな情報はここにしかなかったと言っていい。僕が考える邦楽と洋楽との違いで最も大きかったのは言葉をメロディーやリズムに乗せた時の美しさとかカッコよさ、歌詞の内容には雲泥の差があった。もう邦楽なんか幼稚すぎて聞いてられない程だった。現在ではそんな違いは全くない程、邦楽は進化し洋楽は陳腐になった。それはともかく双方に最も違和感を感じたのが音楽性ではなくインタビューの中身であったのだ。

とにかく文字数が多い。例を挙げると「今回~なのは~だったからなんだ。というのも~ということに導かれたと言っていい。しかも~は~も兼ねていた。何故なら当時の僕たちは~だったからね。そのような結果として~を手に入れたと言えるかもね。例えば~」みたいな洋楽アーティストのインタビューの答えはとにかく長くて論理的だった。ジミーペイジ、デヴィッド・ボウイ、トム・ヨークしかり、あのリアム・ギャラガーですらだ。日本のアーティストはもっと淡白で自己分析が出来ていない人が多かった気がする。向こうの音楽は論理的であった。洋楽のロックはラジカリズムと切り離せなかったのである。時に哲学者のようであった。

その原因がこの歳になってやっと解ったのである。問題はイギリスの幼少期の教育にある。例えば数学で例を示すと日本では数学のテストはA3の紙1枚にいくつか問題があって回答記入欄に答えを書くか4つのうちから選択するのが一般的だと思う。イギリスでは白紙の紙を問題数ごとに何枚か渡されそれに解き方を書いていき、そのプロセス(頭の中の考え方を図式化したもの)と答え両方で採点される方式である。つまり答えが合っていてもプロセスで理にかなっていなかったり、ミスがあると減点されるので100点は取りにくい。つまり考える力を養うことに重点が置かれている。論理的思考を身に着けるために教育があるという考え方だ。この為にあのリアム・ギャラガーですら論理的だったのだ。一方で日本はプロセスは過去問の暗記でよくて、そこは問われず最終解答だけが問われる。ただし、解き方を暗記しているので解答までが圧倒的に早いという利点がある。

しかし社会に出れば暗記が役に立つ頻度と思考が役に立つ頻度を考えればどうだろうか。争いが無くなる社会にするためにはどうするか等、世の中には最終解答がない問題ばかりといっていい。このような課題に直面した時、暗記教育はフリーズしがちです。とはいっても戦争をなくすというのは論理的に考えても難しいんですけどね。つまり日本の教育はテストで高得点を取るために存在しているといっていい。大学入試の為と置き換えても良く、韓国もそれに近いですね。しかしそれって教育の本質から逸れてるような気もします。柔軟な考え方が苦手な原因がここにあるのではないだろうか。

とはいえ、欧米も暗記教育をもっと増やしてもいいと思います。早いですから。日本は論理的思考を増やした方がいい。うつ病が増えてる原因はここにあるかも知れないと個人的には思っています。繊細な問題なので誰も言わないですが何十年後かにそんな論文がでて証明されるんじゃないかとも思っています。欧米式と日本式を足して2で割るくらいでいいんじゃないかと僕は思いますけどね。小さいお子さんをお持ちのご家庭にはぜひ「非認知能力」を育てるという観点で接してあげて欲しいなと思いますね。決められた常識なんてもっと疑っていいのだ。非認知能力!?それはまた今後書きたいと思います。

 

 

おしまい

補足・・・でも日本の数学のレベルはめちゃくちゃ高いです。

僕はこう考える教育論その2

 え~、いつも文章が長いと読む気がしないという声をたくさん頂いていることを思い出し短く行こうとは思います。

 数学といえば例えば微分積分など社会人になって使う事もないし3桁の掛け算を暗算で出来る人も正確で速いからという理由でスマホの電卓を使ってます。これって学校教育が役に立っていないじゃないかと思ってしまいますよね。でもそういう事ではないんです。整理します。

科目別  学習することの目的(意義)→ 理想と現実との相違

数学・・・物事を論理的に組み立て考える力を養う為。→ 公式を暗記しただけで応用力は身に付いていない。

国語・・・言葉の持つ表現力を駆使して相手に最高の形で伝えられるようにする為。→ 漢字や熟語をいくら覚えても豊かな表現力で使用できていない。

社会・・・過去に起こった事例をその背景と思惑を考察し将来に生かす為。間違えない為。→ 年表を覚えただけでは今後の人生の何の役にも立たない。

理科・・・実際に目の前で起こっている真実を突き止める為。→ 真理の探究を考えないと見えている事だけで判断してしまう。 

体育・・・この動きをしようと思えばこれが必要だという理屈を脳で思考する為。→ 健康管理ははたして十分なのだろうか。

道徳・・・人の幸せの本質について考える為。→ そもそも教科書の中身が正しいかすら解らない。

音楽・・・あらゆるイメージを膨らませる為。自由な表現と自己主張を学ぶ為。→ 音符が解っても実生活に役に立っていますか?

各科目の目的・意義のその先に何があるのかは解らない。しかし考えようとしなければその先は見えもしないだろう(しかし音楽は突き詰めたらMISIAになるに違いない笑)。

 自分でもそうですが社会人になっても人にモノを伝えることが下手だったり、真実を一発で理解できなかったり、こうなればまずいという状況でも打開策を打ち出せなかったり、とにかく残念な大人が多いことを感じます(出来ない言い訳だけは達者になるんですが)。言われたことは出来るがそれ以上のことは出来ない、思いつきもしない。思考停止の受け身でそういう人がもっと増える気がしていてかなりの危険を感じています。電化製品と同じ末路をIT産業も基幹産業と言われる自動車、製造業も悲惨な末路を辿るのはもはや必然の流れです。その根幹はこの国の受験制度に最大の問題があると言わざるを得ません。

 さらに勉強はいい大学に入るのが目的じゃなくて思考力や脳を鍛えるために勉強が必要でそれに対応した試験制度を導入すべきです。前にも書きましたがそれを実践している大学はもうすでにありますので、そういう大学を調べてわざわざ進学し、4年か6年か解りませんけれどもさらに専門知識と脳を鍛えて社会に役立つ人として巣立って頂きたい。偉そうに僕に言われずともそういうふうに考え進学している子供たちも徐々に増えてきているのも事実ですが、まだまだ少ないです。

 とはいえ勉強は楽しかったらいいのですがそうでなかった時に苦痛ではないでしょうか。そこで最も大事なのは継続する力。その1で触れた「根性論」にも繋がってきます。そもそもダイエットをすると決めたとして5Kg痩せるのが目的なのか5Kg痩せた体重を維持するのが目的なのかで手法もメンタルも違います。また物事の考え方に圧倒的な差があります。マイナス5Kgを維持しようとすれば、痩せるメニュー以上に「継続的に続けなくてはいけない自分ルールを守る必要」があります。これは好きな事なら問題ないんですが嫌いだったら苦行です。その1で述べたストレスを友とする方法で乗り切るのがベストですが、それでも苦痛な時は死んでも続けてやるという意思、気合、根性で乗り切る以外ありません。ということでスポーツ界で忌み嫌われている根性論、普通に必要です。そしてそれが出来ない大人は弱いです。鬱の増加はストレスの量ではなくてストレスを糧に出来ない人の量の増加です。

 だからこそ僕は小学校の時に強さを身に付けて中学高校に進んで欲しい、それだけが望みです。続きは教育論その3で。

 

おしまい