これからの良い子は統計学を学びましょう

僕が大変参考にしているマクロ経済学の先生、高橋洋一先生のブリンストン大学留学中の先生は元FRB議長注1の超有名人バーナンキさんです。ちなみにYoutubeの高橋洋一チャンネルはとても有効だと思いますのでぜひ見て下さい。え~と、何の話だっけ。前にも書きましたが日本の経済学は世界からみると異端で変であり幼稚です。これはノーベル経済学賞のポール・クルーグマンやローレンス・サマーズなど世界の名だたる経済大学者が言っているので僕の個人的感想を言っている訳ではありません。何が言いたいのかというと同様に日本における統計学もまったくもって時代遅れでデタラメです。そもそも統計学を教える人が絶対的に少なく、まともに計算できる人というのは企業においても高橋氏いわく日本には数人しかいないと言います。高橋さんが米国で感じた違いは米国では統計学を極めると年収数千万円で企業に召し抱えられるくらい、重要なポストとして重宝されるといいます。それだけ統計学を重要視しているのだが日本では手当ても出ないレベルが現状という圧倒的な差であります。これだけみても日本の統計学者が育たない理由が解りそうなものですが、要するに信じられないが国も大企業も統計学を重要視していないのです。そんなの嘘だという大企業の社長や官僚がいらっしゃいましたらぜひデータをみせて下さい。数日頂けましたら欠陥を指摘して見せましょう。

昨日、元厚労医系技官の木村もりよさん注2がワクチンの話をラジオで話されてました。僕は統計学を考えるうえで統計を取る前に日本ではデータの取り方からしてなっていないと以前から思ってたんですよね。以下、木村もりよさん曰く。

イスラエルではたくさんのデータを取っていて例えば米国のPfizer製のワクチンを打ったところどうも思ったより予防効果が出ていないというデータが既にBMJというジャーナルに出ています。ワクチンを輸入して使うんですけれども、そこからどの程度の有効性があるのか、どの程度の有害事象が出るのかを細かく追わないといけない訳です。これをやらないと有効性や安全性が解らないし、このデータというのは製薬メーカーにとっても今後のワクチン開発においても非常に重要であると。ところが日本はこれが出来ない。今まで国を挙げてやったこともない、やる気もないんじゃないか、キャパシティもないし、だという。つまり出来る仕組みが出来ていないのである。残念なことに予算も人も準備出来ていないと思われます。

例えば65歳以上にワクチンを打つにしても、打つグループと打たないグループに分けて経過観察をしなければならない訳で、ほらね、人権侵害だとか何だとか騒ぎ立てる人や団体を考えると出来ないと思えて来ますでしょ。保健所も人的にパンクしてますしね。これがないと将来この騒動を検証する上でロックダウンの有効性やワクチンの安全性など今後の指針を立てるのに必要な科学的なデータが無いというのは致命的だと言えます。データが無ければ議論が成熟しない訳でそれでまともな判断や政策が打てるはずもありません。政治的ダメージを回避したいが為だけに、緊急事態宣言がいい例ですが、ただなんとなく世論を忖度した非科学的な政策になる訳です。データ取ってくれないからと言って製薬会社に後回しにされる国というのもなんだか情けないしね。というですね、コロナで露見した我が国の統計学の未熟さを僕たちは知っておいた方がよろしいかと思います。ちなみに世論調査などのデータは対象から質問内容から全くデタラメな代物ですので信用されないのが賢明です注3

ちなみに先日言いましたワクチンを打ちたがらない世論意識というのは、欧米諸国には少ないらしい。特にノルウェーでは無いようです。理由はワイドショーが存在しないから、らしい(笑)。個人的な新型コロナの日本におけるファクターXというのは「ラッキーだった」という事ではないかと思います。

おしまい

 

注1 ・・・ FRBとは米国の日本でいう所の日銀のようなものです。「米国」「経済」「景気」でネット検索すると「FRB」「FRB議長」が最も多く出てきます。日本でこの検索をしても「日銀」「日銀総裁」というのはあまり出てきません。この理由テストに絶対出ませんがポイントです(笑)。しかしこんな核心がテストで出なくてどうするよ(笑)。日本の大学の経済学はいったい何を教えているのだか解らない。

注2 ・・・ 「COVID-19 新型コロナ、本当のところどれだけ問題なのか」という本が飛鳥新社から2/16に発売されます。現在Amazonカテゴリー1位。この本はコロナ関連本の中では極めて優秀と言わざるを得ません。ついでで申し訳ありませんが門田隆将さんの「疫病2020」もぜひ読んでみて下さい(笑)。こちらも極めて優秀な本で滋賀医大に入学した友人の娘に貸しましたが半年がたちまだ返って来てません。読んでんのか?

注3 ・・・ 政府系でいうと景気ウォッチャー調査が唯一信ぴょう性が高いです。数字というのは条件を満たした有利な数字だけを使えば結論をコントロール出来ます。そして世論誘導などに頻繁に使われています。使っている奴らは捕まらない詐欺師といっても過言ではありません(笑)。

議論がすすまないという病 その根幹とは

先日、新型コロナの特別措置法が可決しましてニュースになりました。みんながどんな反応をしているのかと思いヤフコメをずっと読んでたんですが、どうしてもこれだけは言いたいと自分も書き込みたくなりまして書きましたよ、書かなくていいのに。内容はともかくまさに正論を書き込んだつもりですが、批判する奴が4人もいてこの人たちとぜひ議論したいと思いました(笑)。意見が違うことは重要です。しかし議論がまともに機能しないのが日本の特徴で現在医療崩壊を招きかけているのも実はそれが原因となっています。

そもそも日本は夏くらいまでは世界でコロナ対策は素晴らしいと評価されていました。実はそれは世界的に見れば今でも変わりません(経済的にもコロナ対策費も実は世界的に見れば最も優秀なくらい予算化しています)。しかし夏に一息つき安心してしまったら最後、その後の対応が出来ないんです。原因は危機管理に疎いという平和な民主主義の典型といえる根幹が払拭できないからだと思います。リスクマネジメントはとても重要な学術領域です。日本学術会議におかれましても日本の弱点、長期の基礎研究、統計学、危機管理についてもっと励んで頂きたいと切に願います。そういえば今日の朝のTVに某医師会の会長が出演されてましたけれども「どのつらさげて出演しているんだ(どの口が喋ってるんだ)」と思いましたが、彼は彼で病院経営のリスクマネジメントを最大に考えての行動なので一概に間違ってはいないように思いますが、経営者ならそれはそうと一肌脱ぐ行為もあっていいんじゃないかと思います。優秀な経営者なら予算出てるんだからそれ利用して赤字にならないように社会貢献して、その後のブランド力強化すればより患者さんが来てより利益が出ていいじゃんと僕は考えますけどね(笑)。

で、ワクチンです。そもそもワクチンは万能薬ではありません。当店の製薬会社にお勤めの方とも話をしましたが10万人とか100万人とかに何人かは死ぬかそれに準じる後遺症が出て然るべきものです。その何人かが死ぬのと50万人が死ぬのを比較したら打った方が社会的効果が高いでしょという代物です。これはどんなに治験を重ねても無理なものは無理というそういうものです(一部を除けばその後の研究により100年後には可能になってる可能性は秘めてますがその間に今生きている人は確実に寿命が尽きてます)。日本では特に子宮頸がんワクチンの問題がありましたからなおさらハードルが高いですよね。で本日紹介したいのが2年くらい前に読んだこの本です。著者の村中さんのあるTV出演をきっかけで知りました。背景にある構造はあらゆる日本社会に普通に紛れ込んでいる「共通の、ある根幹」にあると僕は見ています。長くなるのでそれはまた今度話します(この話のタイトルどうなった!?)。

しかし今日の話はここからです。ここ10年くらい毎年平均で120万人くらいの高齢者がお亡くなりになっています。つまりワクチン接種が始まって数か月で月平均10万人くらいのワクチン接種後の高齢者が死を迎えるでしょう。これは避けられない現実です。その時、日本のメディアがどう騒ぎ立てるかを考えると、また真に受けて真実を知らずに悲観する人たちを見ると、この国はほんとに頭大丈夫かと目の前が真っ暗になりそうですがそうならない事を切に願います。特に某朝日新聞と某関口宏さんの番組などは迷惑なので黙ってて頂きたい。

しかしこれ一自動車販売店のブログとは到底思えないな。たまには車の事書けよと、それは僕も思います(笑)。

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

僕のダウンはアラスカでも平気です!?

私極度に寒いのが苦手なんで冬は嫌いです。そんな中でも冬の魚はとてつもなく美味しいんで去年の2月かそこらに北海道に行こうという事になってそれなりの身支度をしなければ死ぬなと思ってですね、ダウン買いました。北海道旅行はというと札幌の感染拡大で中止になったので行ってませんがダウンだけは買ったのでよく着てるんですね。気に入って着てます。MOOSEKNUCKLESっていうカナダのブランドです。カナダグースよりロゴもカッコイイし。

カナダグースもそうなんだけど、これをネットで検索するとBUYMA、ZOZO、楽天、アマゾンなどの広告が出てきます。そんでさらにどんなもんが出てるのかと見てみると新品であるに関わらず公式サイトのオンライン価格の半額やそれ以下も大量に出てくる訳ですよ。しかも今期新作とか平気でうたってて、どうなってんだよと思う訳です。関税もかかってるのにありえへん値段で売ってる。

で、BUYMAとかくっそ安いサイトを見ていくと服のモデルは明らかな韓国人、発送元は韓国ですよ。これっていいのか?みんな解ってて買ってるからいいんじゃないすかとこの業界に詳しい人は言うものの、いいのかこれ!?偽物鑑定システムもあるのはあるけど機能してんのか!?知的財産をどう心得とるんじゃアパレル業界!!もし偽もんなら販売店は泥棒でサイトは泥棒の相棒ってこと?こんなのまかり通ってる世の中っていいのか?え~今回は固有名詞が多すぎたのでこれで終わります。

 

 

おしまい

PS 僕のは本物です、と信じたい(笑)。

ニュースの裏側を見てみよう

数年前に観たドラマ「赤めだか」が面白くて立川談志一門に興味が生まれ、それから「ためしてガッテン」や「下町ロケット」の立川志の輔、立川談春も今までと違う目で見ている自分がいる。独演会のチケットは全く取れないほどらしい。中でも特に「赤めだか」では嫌な感じで途中から入ってきた濱田岳演じる立川志らくは今最も脂ののった落語家だろう。そのような因果でグッとラックは割と見ているのだ。そして昨日この件が即時ネットニュースになった。ニュースの内容よりも注目すべきはコメント欄に寄せられる僕らの意見だ。コメント欄を読むことで全体像がやっと解るくらいにニュースというものは本質までは書かれていない。ニュースから本質をひも解く作業にこそ意味がある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1f1ee6486b1f43b522dd5c1117c10cee8c57ba59

さらにこの出演の後、辛坊治郎氏は辛坊治郎ZOOMそこまで言うか注1(ゲスト立川志らく)という冠ラジオ番組でTVで喋れなかったことを以下の点について指摘をした。ひとつは神奈川県の黒岩知事はなぜ1月2日に知事4人が官邸に行ったのか(緊急事態宣言を出すべきだと言いに行ったのか?)という問いに「小池さんに言われたから」とついつい口が滑ってしまったことで、小池知事に言われて仕方なく行ったという構図が透けて見える点。

もう一つは北村医師に日本の医療体制が何でこんなにひっ迫しているのかという質問に対し「10年くらい前から日本の医療体制は高齢者の為に作り上げて来たものだから」とうっかり答えてしまった点。今の日本のお医者さんというのは高齢者で飯を食ってるわけです。コロナを扱うと患者(高齢者のお客さん)が遠のくので扱いたくないという本音が本当の問題点を露見させた場面でもありました。

総理が緊急事態宣言の検討に入ると発言したというニュースも野党は「遅きに失したが緊急事態宣言を出すべきだ」と総理を批判していましたが、春先はですね、総理にそんな大きな権限持たしていいのかと断固反対していてお前らむちゃくちゃだなと呆れるニュースの裏側があります。

問題は緊急事態宣言を出しても首相にそれ以上の権限はなく、知事に権限があるというのが法の仕組みになっています。なので総理が会見で「1都3県が全国の感染者の半分を占めている」と言ったのは、1都3県の知事に対しお前らがしっかりやらないから駄目なんだよ、そんなに言うんだったら出してやるよ、その代わりしっかり結果を出せよという意味があると思われます。責任の擦り付け合いに見えますが知事に権限があるんだから悪いのは知事です。その証拠にこれを理解している大阪の吉村知事は緊急事態宣言は必要ないと言い切っています。小池知事のようにパフォーマンスしか考えることの無い東京都民は不幸ですが自分たちで選んだのだから責任は自分にあるというニュースです、本当は。

とはいえ、そもそも1都3県の方がお気の毒なのはPCR検査場が多いので感染者数が伸びるのは当たり前、そして何より人口密度が多い方が感染者数が伸びているのは世界的にも明らかです。ニュージーランドみたいに平均すると周囲100メートル以内に隣人が住んでないところは感染する方が難しいでしょと。なので知事のせいにするのも、経済ボロボロになったらお前らのせいだからなというのもどうかと思いますが黒岩知事はそこのところ理解できていないように思えます。政府に責任押し付けようとしているのが見え見えで一生懸命やってるアピールが空しく映るんですよね。結局は全権限は知事である自分にあるのに自分で打開してないからというのが全てだろ、というニュース。

また緊急事態宣言は1都3県に出る事でしょう。前回の緊急事態宣言は前にも書きましたが実は緊急事態宣言の1週間前から実行再生産数(一人が何人に移したかという指数)は下がっていました。なので結果的には科学的にやらなくてよかったというのが総理も今は知っています。しかし今回は出されるでしょうがこれが大きな意味を持つのかどうかは出したところと出さなかった地域との実行再生産数の比較対象が出来るという点で意味がありますから見届けましょう。

というようにニュースから紐解く真実を書くという本来のこのコーナーの主旨をこれからも貫いていきたいなと思います。ところで年末は談志の「芝浜」にまたまた魅せられてしまいました。立川談志。いつまでたってもその狂気と天才ぶりは色褪せることはありません。やっぱり天才とは違うか(笑)。

 

 

おしまい

 

注1 ・・・ 僕の記憶で定かでないがTBSのラジオ番組で安住紳一郎の日曜天国だったと思いますが、辛坊治郎がヨットでまた挑戦ということで番組を降板すると情報元が無くなって困る(笑)と発言していたというのがあったと思います。という他局のアナウンサーも重宝している情報ラジオ番組が「辛坊治郎ZOOMそこまで言うか」。ニッポン放送ですが関西でもPODCASTで聴くことが可能です。ちなみに増山さやかさんは真の美魔女です。

 

 

輝かしい未来を創ろう2021

あけましておめでとうございます。

2020年は歴史に残る年となりましたが2021年は全ての面で好転する年となって欲しいものです。僕は楽観的にみています。そもそも昨年夏ぐらいに「新型コロナによる隠れた死者が日本にいる」と某朝日新聞が大々的に不安を煽る記事を飛ばしましたが、蓋を開けてみると10月末までの総死者数は113万2904人で昨年同時期比でみると1万人少なかったので某朝日新聞は完全にデマを大々的に報じた事になります。これは深刻な病気といえるのかと疑いたくなってきます。

中でも85%が70歳以上の方ですがだからといって肥満や糖尿病や心臓病を抱えておられる方は節制に気を付けなければいけないというのは当然として今年からはワクチン接種も始まりますので経済活動もリミットを解除できそうです。良くなるに決まっていますが万分の一で最悪な変異種により若者がバタバタと倒れていくというシナリオもゼロではありません。その意味で気を抜かないようにしたいものです。とは言っても日頃のうがい手消毒を怠らないよう継続するだけでいいと思います。因果関係がないので移動はOK。移動先で注意すればいいだけの話です。長くなるので話を丸めますが神戸大学で公表された兵庫県下における抗体検査の結果がすでに証明しています。

しかし凶悪変異種にしてもそれに対するワクチンも早期に開発されるのではないかと思います。米国のモデルナ社は国防総省と予算も含め連携して早期のワクチン開発に成功しました。なぜなら疫病対策は前線の兵士にとって死活問題であり細菌・ウイルス兵器のカウンター研究として基礎研究されているからです。つまり軍事研究が大きく寄与しています。またインターネットも軍事研究から発展したものなのですべてが悪とする風潮は滑稽さすら覚えます。つまりワクチン接種が日本でも始まるでしょうが日本学術会議のメンバーの皆さんや擁護する朝日新聞の社員の皆様におかれましては「決してワクチンを接種しない」という事で身を処していただきたいとも思えます。私はネットも使うなとまでは言いませんが「いい加減な事ばっかり言ってんじゃねえよ」とは思います。

つまりワクチンのおかげで世界は一変するというのが楽観視の理由です。ただし夏以降でしょうね。それまで耐えて下さい。失業こそが最も避けるべき最悪で、事業者の方は踏ん張っていただき、会社員の方はそれまで居座って下さい(笑)。オリンピックが開催されるのかどうかは5月くらいまで世界情勢をみないと分かりません。希望の象徴として開催して欲しいものです。

新年早々文句ばっかり言っててもあれなんで今年の向き合い方を一つ。昨年はこのコロナ社会に対して会社をどう立ち回らせるか、従業員を守っていくかという事と自分の生活や生き方に関しても考えさせられる年になりました。そこそこ見えた部分もありますが、まだまだ見えない部分も多々残っています。しかしこれほど2021年はこうしようと明確に意識した年はないかも知れません。どうすれば僕の周りの人も含め自身も幸せになれるのか。それだけを考えて実行に移して生きていきたい。土台作りの基礎工事はまだ終わっていません。そして2022年をさらに楽しい年にしたいと思っています。某朝日新聞やTV、その他メディアのアホな情報に惑わされずに皆さんみんなで高め合っていきたいと切に願っています。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

 

おしまい